ガンダムoo セカンドシーズン

ガンダムoo セカンドシーズン 最終回を見終えて

ダブルオーは、特に第2期は一話の情報量が多くて毎週視聴に気が抜けなかったような気がします。

群集劇というのでしょうか、それぞれの考えや意思を持った人物達が、ほぼ同じくらい作品に主張してくるので、私的には、逆にどの人物にも集中できなくなっちゃいました。

物語の語り部として、戦争に図らずも巻き込まれた人の代表としての沙慈の視点をもうちょっと大事にしてほしかった気がします。

それでも作画レベルといい質といい、ビッグタイトルだけあって今期のアニメではやはり群を抜いていますね。

これ以上ソレスタルビーイングが活躍しなくてもいいような平和な世界に期待しつつ・・・

第25話 「再生」

リボンズのキャノン付きの裏面ガンダムとの最終決戦。動きが激しすぎて目の動きが突いていきませんでした。

ロックオンとアレルヤ(ハレルヤ)の援護で残るイノベーターのMS2機は撃破。終わったと思ったら、ダブルオーの真・太陽炉を奪ったリボンズ、乗り捨てられたオーガンダムを発見し太陽炉をセットアップしてまだ戦うようです。ダブルオーは大破して刹那はどうなったんだと思いきや刹那もエクシアに太陽炉を積み替えて個々から本当のガンダム最終決戦。

気になるところは戦いが終わったあとの登場人物たちの行く末でしょう。

マリナ姫はアザディスタンの王女に戻り、新連邦政府の援助で国を立て直したみたい。

その新連邦政府にはカタロンのクラウス、シーリンも参加。

まずは沙慈とルイス。この二人はやっと平穏を取り戻したみたいで、はやくこうなってほしかったのでまずは一安心ですね。細胞の再生不良も治ったみたいです。この二人が再び分かり合い、無事に生きていくことがこの物語の一番重要なところですし。

アレルヤはマリーといっしょにソレスタルビーイングを離れて旅をしています。前回でマリー(ソーマ)はアンドレイへの憎しみを乗り越えたようで。

アンドレイは両親の意思をついで軍人として世界を見守る道を歩みます。

その上司には准将に昇進したマネキン。白いドレスに身を包んで・・・

マネキンを部屋に呼びに来たのはやっぱり生きていたコーラサワー。めでたくご結婚。不死身あらため幸せのコーラサワーは本当に皆に愛されるキャラクターですね。いつ殺されてもおかしくなかったのにおかげで生き残りました。

コーラとは対照的に畳座敷で突っ伏していたのはグラハム(ブシドー)でしょうか?やはり武士道を貫いて切腹?(追加:カタギリ司令のほうらしいです。ということはグラハムはビリーの後ろに立っているショットだけで終わりでしょうか。アンドレイやコーラがあれだけ描かれているにこの扱いは・・・)

ビリー・カタギリは相変わらずデスクで何かを開発中?机の上にはスメラギとの宇宙服でのツーショット。その後ろから廊下に背をもたれ見守るグラハム?彼は生きているのか死んだのか・・・彼にもとらわれた心を開放して今まで見えていなかったものを見つめ直してもらいたいのですが。

ロックオンはガンダムマイスターとしての道を選びお墓に報告。ディランディ家のお墓の隣にはアニューのお墓。

ティエリアは肉体を離れてヴェーダの一部となって世界を見守り続けていくそうです。少し寂しいですが、彼の意思は行き続けているということで。

そして平穏が訪れた世界に対峙していくソレスタルビーイング、すっかり貫禄のついた刹那筆頭に、スメラギさん、整備士一家、フェルト、ラッセも健在。第1期のラルクの曲にのって旅立ちました。

そしてなぜか木星が。さらに2010年劇場公開されるそうです。そういえば「2010年」っていう木星から帰還する映画がありましたね。           END

| | コメント (2) | トラックバック (36)

ガンダムoo セカンドシーズン #9 「拭えぬ過去」感想

サーシェスのアルケーガンダムを迎え撃つ刹那とティエリア。2機を相手にして互角に渡り合うサーシェス強すぎじゃないですか?セラヴィーに隠し腕の設定には少し嬉しくなりましたが、アルケーにもあるとは・・・

サーシェスをロックオンの仇と食い下がるティエリア。サーシェスとバトルするのは刹那のポジションと思っていましたが、意外とサーシェスとティエリアの因縁の方が面白そう。それにしてもロックオンの死を通じてティエリアはキャラに厚みが出てきました。以前より彼に感情移入できるようになりました。

相変わらず自由奔放なブシドー。作戦行動中にもかかわらずどっかに飛んで行っちゃって、みんなそれにもう気にも留めないのが少し笑えた。

マネキン大佐も最近鋭さを発揮しだしてきて、スメラギさんのライバル的ポジションを確保。トレミー2が宇宙に脱出することを予想して作戦を立てます。イノベーターのリヴァイブもマネキン大佐と同じ考えのようで、おかっぱくんどんどん地に落ちていきます。

で、どっかに飛んで行っちゃったブシドーは復活したカタギリの元へ。新開発のMSを受領しにいってたんですね。そしてブシドーという名前が自分で名乗っているんじゃないことがわかってすごい嬉しかったよ(笑)あだ名だったんですね。お面はともかくあの名前はねぇ。新開発のMSを私色に染めてほしいそうです。まぁ彼の独特の台詞回しはともかくこの二人のコンビの復活にも期待!

そしてアロウズの包囲網を突破したトレミー2にマネキン大佐からの電文が!スメラギさんの正体を見破って自分の名で電文を送るマネキン大佐、カッコいいですねぇ。ちょっと腑抜け気味のスメラギさんにもっとカツを入れてやってください。

あ、イノベイターについて書いてないや!せっかくのMSガデッサのお披露目だったのに申し訳ない。なんか今のところイノベイターたちには興味わかないんです。まぁアロウズの将軍がイノベイター達の参戦を依頼していたのでこれから活躍すに期待しましょう。

そしてコーラはやっぱりお約束で被弾してどっかとんでっちゃいました!あなたはエライ!

| | コメント (0) | トラックバック (51)

ガンダムoo セカンドシーズン #8 「無垢なる歪み」感想

イノベイター達が続々と顔見せをしてくれて、CBの復活話はひと段落着いたところで物語のほうも第2段階に展開していくようです。いきなりイノベイターたちの目的(真実かどうかはわかりませんが、)が語られて、アロウズとCBの対立にも方向性が出てきたかな。

イノベーター1番手、前回でティエリアの前に姿を現したリジェネ・レジェッタは親切にもいろいろ教えてくれました。CBによる武力介入は第1段階で、第2段階にはアロウズによる人類の意思統一、そして第3段階では外宇宙に進出して来るべき対話(何と?)に備えるそうです!大きく出ました!、いよいよガンダムシリーズで太陽系外に進出か!それはそれで興味あるんですけどね。最近のSFアニメって地球圏から出て行かないの多いから。そしてティエリア先生と同じ遺伝子だそうです。同じ顔ですもんね。

イノベーター2番手はリヴァイブ・リヴァイバル。アロウズに欠員補充で新型MSにのって登場。しかし、いっしょに現れたあの男のおかげで霞んじゃいましたね。すいません、せっかく新型MSで颯爽と現れていただいたのに・・・あまり記憶に残りませんでした。

いっしょに現れたのがあのコーラサワーくんなのですから、仕方ないですよね。大佐ーっ、来ちゃいましたー!!彼の姿を見たとたんに口元が緩みました。空気を一変させる個性です。作者が最初はやられキャラとして設定したけど、作中でどんどんキャラが膨らんで作者の思惑を外れて最後まで生き残っちゃう系のキャラですよね?!(生き残ってくれー)。自分で不死身のコーラサワーって言っちゃっても憎めないキャラ。最後にあのマネキン大佐まで口元が緩んじゃうコーラサワーの登場で、すっかり持っていかれちゃいましたよ私は。

アロウズの高官のパーティーに乗り込むティエリアとその護衛につく刹那。この情報は王留美からなんですが、もちろん裏でリボンズとつながってるんで、今のところCBはリボンズの手の内って感じですね。そしてスメラギさんのアイデアで女装して乗り込むティエリア。うーん、未来の女装技術はすごい。(まさかティエリアは本当に女の子って事はないよね?)そしてこれもお約束!リボンズとの社交ダンス。ダンスの踊りながら交わされる会話。ヴェーダのアクセス権を代えそうか?とのリボンズの言葉に動揺するティエリアと見所は満載です。そして別室へ移ってリボンズを撃とうとしたティエリアを阻止するのは今回3番手のイノベーター、ヒーリング・ケア。登場人物の多い回ですね

ルイスは、戦死したことになっているソーマのアヘッドを引き継いで敵討ちをしたいとマネキン大佐に頼み込みます。マネキン大佐は難色を示しますが、おかっぱの人はいいじゃないですか、その代わり、と特命を持ってきます。その特命がアロウズの高官の出席するパーティーにルイスも出ること。護衛は小スミルノフくんです。

そのルイスは会場の外で刹那と再会。そう、二人は顔見知りでした。するとやっぱり話はあそこに行くよね。沙慈くんのところに。この辺のシーンは今回のお気に入りシーンです。ルイスの左腕の義手のあとを刹那が目を留めるところや、沙慈とあったことを真実をぼやかしながら刹那が語るところとか、少しほろっときます。そして沙慈が今でもルイスのことを思っていることを伝えようとしたときに苦しみだすルイス。駆け寄る小スミルノフ。そしてパーティー会場から帰ろうとしていたカタギリと因縁の顔合わせになるわけですが。

突然苦しみだしたルイスが飲んでいたあの薬も気になります。今OOで悲劇のヒロインの宿命を背負わされているのはルイスですよね、目が離せません。結局カタギリが刹那の顔を知っていた為、刹那はリボンズ狙撃に失敗したティエリアとともに会場をあとにするんですが、最後にはまたアリー・サーシェスがスローネ・ツヴァイの改良型で登場。あー、今回は情報量が多すぎるー、しかもまた次回に持ち越しー、というわけでお帰りなさい、コーラサワー!

うーん、君は男の子だよね?男の子だよね?

 神谷浩史/Idea / Elephant: 機動戦士ガンダムoo: Voice Actor Singleシリーズ 神谷浩史/Idea / Elephant: 機動戦士ガンダムoo: Voice Actor Singleシリーズ
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (42)

ガンダムoo セカンドシーズン #7 「再会と離別と」感想

マリーの人格が戻るのか、ソーマとしての人格はどうなるのか、今回一応決着がつきそうです。そして銃座に座った沙慈は自ら引き金を引くことができたのでしょうか。

沙慈は結局引き金を引くことはできませんでしたね。まぁ単機突撃してきたジンクスにはルイスが乗ってたから、まず引くことはないと思っていましたが。もし引いていたら自らの手でルイスを殺してしまうという最悪の十字架を背負わなくてはいけなかったのですから。人を殺さない沙慈くんは刹那にとって一種の憧れではないかと思うんです。人を撃たない生き方を貫くことが大切ですよ、沙慈くん、とりあえずそれでよかったんだよ。

ミスター・ブシドーに追い込まれた刹那は、不完全なOOのツインドライブでトランザムを発動。ブシドーのアヘッドの腕を切り落とします。トランザムがないとブシドーには勝てないのか。ところが無理したせいで肩のドライブから煙が出て失速。ブシドーは案の定、斬るに値しないと帰っちゃいました。すげー、ダレもこの人を止められないんだ。刹那と真の勝負を終えた後の彼がどう昇華(?)するのかが楽しみです。

相打ちで不時着するソーマのアヘッドと、アレルヤのアリオス。アレルヤはソーマのことをマリー、マリーと呼び続けますが。アレルヤ君はハレルヤ人格がいなくなってなんとなく物足りなくなっちゃってんだよね。一人二役の設定をもっと引っ張ってほしかったんだけど。あんまりマリー、マリーってちょっとウザっと思っちゃいましたすいません。

そしてアレルヤに触発されるようにマリーとしての人格を取り戻してしまったソーマ/マリー。ソーマの人格はどうなっちゃったの?記憶はのこってるらしいけど少し寂しい気がしてしまいました。ということはやはりタイトルどおりセルゲイ大佐との離別が待っているわけですね・・・

やってきましたセルゲイ大佐!自らジンクスで捜索活動に出るところで思わず感動。娘を思う父です、渋い、渋すぎです!マリー(人格を取り戻したのでこれ以降マリーに統一)とアレルヤの前に銃口を向けるセルゲイ、そして空に向かって放ち、ソーマ・ピーリスは戦死した言います。やっぱりセルゲイおじ様はマリーの父です。マリーは自分の中のソーマは娘になりたかったと大佐に告げますが、もう娘になってるんですよ、だから父セルゲイはアレルヤと行くことを認めたんですよ。ソーマの記憶のフラッシュバック、父との思い出を胸に、アレルヤとともに歩んでいってください・・ってまさに結婚式の父、娘、花婿さんじゃないですか。でもセルゲイおじ様の出番もぐっと減りそうだし、少し寂しい。大佐、大好きでした・・・。OOでは数少ない魅力的な女性キャラだったソーマ・ピーリスも退場しちゃったし。ホントはポジション的にマリナがもっと魅力的じゃないといけないのに・・・今のところ女性キャラではルイスに期待かな。OOの監督さんは女性を描くのが苦手なのかな?

そして捜索に出ていたティエリアは自分とまったく同じ容姿の人物に遭遇、ついにイノベーター達が動き出しました。今のところ、ほとんど素性が明かされていないマイスターなのでティエリア先生の素性に期待しましょう!

 吉野裕行/After Image / 太陽: 機動戦士ガンダムoo: Voice Actor Singleシリーズ

吉野裕行/After Image / 太陽: 機動戦士ガンダムoo: Voice Actor Singleシリーズ
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付) 儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)

アーティスト:UVERworld
販売元:SMR(SME)(M)
発売日:2008/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (61)

ガンダムoo セカンドシーズン #6 「傷痕」感想

今回のシリーズでは沙慈くんも否応なく重い運命を背負わされますね、うーん見ていて辛いです。争乱に巻き込まれるだけでなく、巻き込まれたくないという思いで取った行動がカタロンの拠点壊滅の原因になっちゃうとは・・・あいかわらず重いお話が続きますね。

スメラギさんの過去も明らかになってきましたね。なんとマネキン大佐とお知り合いだったとは。しかも友軍の同士討ちで彼氏を失っていたそうで、カタロンの惨劇を見てショックで倒れちゃいました。この人が倒れて、トレミーの皆は大丈夫?と心配が続きます。

沙慈くんは前回の軽率な行動をティエリアに問われてヘロヘロぎみ。いやー、シリーズの中で私に一番近い人間ってやっぱり彼なんで、沙慈くんみていてやっぱりキツイです。自分もやっぱり沙慈になっちゃうよなぁ・・・そしていつまでも現実から無関係で居たいということが招いた罪の意識からかついにトレミーの銃座に座ることに。そしてそのトレミーに向かってくるのはルイスちゃん!あちゃーと思ったところで次回に続くとは、しばらくこの重さを味わいながらガンダムを見なくちゃいけないのね。

ソーマ・ピーリスがすごくいいんですよー!前作では超兵として張り詰めた表情の多かった彼女のなんとおだやかな表情であることか。格納庫でルイスと顔をあわせた彼女の貫禄にはしびれます。一番安心して見れました。でもでも、セルゲイおじ様の暗号メッセージを受け取った彼女は自分が超兵として生きないとならないと決心してしまうんですね。養子にならないかという話の回想シーンで、ピーリスという名前にこだわったりするシーンなんかよかったです。それだけに来週の展開が心配で心配で。

セルゲイおじ様は沙慈くんはに逃げられた(逃がした?)ことでアロウズのおかっぱ野郎に殴られるます。このへんZガンダムのティターンズそのままやん!とか思っちゃいますが、アロウズの横暴に部下達は憤りますが、顔色一つ変えないセルゲイ・スミルノフは大人で真の軍人です!いやー安定感あるなぁ、この人は。ソーマを守ってあげてください。

そしてグラハムさまは特権でOOとの戦い以外には興味は無いようで、しかも軍の指揮下に入らないで自由に戦えるライセンスをもってるの?でもこの人も安心して見られる人の一人です。とりあえず精神的にタフそうだし。でもかれの新型アヘッドって今ひとつ好きになれないんだよね。前シリーズのフラッグみたいなシャープなデザインの機体に乗ってほしいなっていうのがとりあえずの希望です。それしてもミスター・ブシドー、その名前だけはやめてー!

で、いよいよ次回はソーマとアレルヤの因縁が再燃しそうで、しばらくはソーマ中心で見てしまいそうな私。次回「再会と離別と」。イヤー、ソーマ・ピーリス、ほんとお綺麗になりましたね。

OOで使われた歌の中で一番好きかな・・・

Prototype Prototype

アーティスト:石川智晶
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (31)

ガンダムoo セカンドシーズン #3 「アレルヤ奪回作戦」感想

人革連の収容所に監禁されているアレルヤの救出劇を中心に各キャラクターの思惑も絡んできました。ソーマの過去を知っているらしいアレルヤ、この二人の邂逅が今後物語にどういう影響を持ち込んでくれるのか期待大です。

戦術予報士としての復帰を拒むスメラギさんは皆の要望をうけてアレルヤ救出作戦のプランを練ることに。4年間のリタイアから急に復帰しないところが彼女のキャラクターを掘り下げてくれていいですね。それでも一度プランを練ると第1期のころのきわどい作戦プランを仕上げてくる、このかっこよさ。でも結構新ガンダムの性能に負うところも大きいかな。

そして2代目ロックオン、ライルの能力は・・・ニールと同等?初心者扱いをされますが、アレルヤ救出作戦ではケルディムガンダムで見事な後方支援。ニールと同様の腕はどうして培われたのか、そして、アレルヤ救出作戦の裏で動いていたカタロンの救出作戦の無事を確認する彼の思惑は?とまだすべてを見せてくれない彼でした。

アレルヤの救出を阻止しようとするソーマ・ピリスはアレルヤからはマリーであると言われて困惑しますが、最後に過去の記憶がフラッシュバック。前作では設定の割にはあまり活躍できなかったんでこれからの活躍に期待。ピンク色の専用機も楽しみにしています。現在はアンドレイとの行動が多いですが、やはりソーマにはセルゲイおじ様がお似合いです。携帯端末でしか登場しませんでしたが、セルゲイ・スミルノフの戦線復帰もお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ガンダムoo セカンドシーズン #2 「ツイン・ドライブ」

刹那がぐっと成長して、主人公の風格を身に着けてきました。ライルをスカウトにいったり、スメラギさんを連れ戻したり、戦闘宙域をノーマルスーツで飛び出しOOに乗り移り、そして今まで起動しなかったOOをみごと動かしてアロウズを追っ払いと大活躍。主人公がこれだけ主体的に動いてくれるとなんだか感情移入しやすいです!

アロウズ召集されたカティ・マネキンはそこでソーマ・ピリスに出逢います。それにしてもソーマちゃん、ぐっと大人っぽくなりました。「超兵」として、そしてアレルヤと過去にかかわりのある人物として、これからの活躍に期待。カティ大佐(でいいのかな?)の言葉からセルゲイおじ様はソーマを軍務にもどしたくなかったことがうかがえますが、セルゲイおじ様はどう動くのか?ソーマに同行するアンドレイは何を考えているのか・・・そしてコーラはどうしたのか!

そのカティとソーマを遠くから見つめるのが仮面の男!この人が何故アロウズにいるのか気になりますが、陣羽織のような格好も気になります。いくら仮面をつけているからとはいえ目立ちすぎでは。しかしカティ、ソーマ、そして仮面の男は少なくともアロウズのやり方に同調しているわけではなさそうなので一安心。

ガンダム・セラヴィの背面も気になります。GN粒子を散布して戦場に向かうセラヴィの背面のガンダム顔にも期待させられます!きっとセラヴィは変形して巨大ガンダムの頭部になるんですよ!ボディはプロレマイオス2か、はたまた残り4機のガンダムが合体するのか、とにかくサイコガンダムもびっくりの巨大ガンダム登場・・・ちょっと期待しています。

そしてスメラギさんとライルを連れた刹那のシャトルがプトレマイオスに近づくと、プトレマイオスはアロウズの攻撃を受けている最中。ソレスタル・ビーイングを離れ、ビリー宅で酒びたり生活を送っていて、無理やり刹那に連れてこられたスメラギさんがまず戦術予報士としての能力を目覚めさせて作戦をプトレマイオスに指示、OOに乗り込んだ刹那がOOを起動させ2基のGNドライブの圧倒的な力でアロウズを駆逐!この展開いいですね!緑色のGN粒子を竜巻のように撒き散らして飛翔するOOに気分爽快、主役メカはこうでなくちゃ、と見せ付けてくれます。

第1期ではいきなり4人のマイスターと4体のガンダムがいっぺんに出てきてしまったので、最初のほうはお話がダレてあまり好きになれなかったのですが、第2期ではしっかり1機ずつしっかりと見せ場を作って登場していくみたいで嬉しいです。次はとらわれのアレルヤですかね?女性らしくなったソーマちゃんも次回は動きを見せてくれるみたいですし、ダレずに見れそうです。

で、スメラギさんに去られたビリーが今度は酒びたり?ビリー・カタギリの戦線復帰はどうなるのか?またプトレマイオスでソレスタル・ビーイングの情報を閲覧させてもらっている沙慈は今後どういった行動に出るのか、またアロウズと接触する王留美の思惑は・・・と各キャラクターがこれから物語りにどう絡んでくるのかとこれからの布石もどんどん打ってきます。そうそう、王女さまも拉致されましたね。次回「アレルヤ奪回作戦」も楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (45)

ガンダムoo セカンドシーズン #1 「天使再臨」

ちょっと、すごく良くないですか?この始まり方。映画的なオープニングじゃないですか。いきなり独立治安維持部隊『アロウズ』が抵抗組織の拠点を制圧するところから始まり緊迫感で一気にダブルオーの世界に持っていかれましたよ!TVシリーズっぽいけれん味を削ぎ落とした、悲しげなBGMをバックに小惑星帯を赤いGN粒子を撒き散らして旧型のMSを撃墜していく様、期待させてくれるじゃないですか!

セルゲイおじさま登場、私服姿も渋い!やはり素敵です!セルゲイおじさまはどうやらアロウズを疑っている模様で、こういう良識のある軍人さんがいてくれることで安心感がもてます。マネキン(元)大佐も電話の声だけでしたが、アロウズに転属はするが内部情報を探るためらしく、同士のようでこれまた嬉しい。そしてソーマ・ピリス、大人っぽくなりましたね。お茶を入れるお姿が素敵です!この人たちの活躍にも期待!

沙慈くんはいきなり抵抗組織のメンバーの疑いをかけられて強制労働!スペースコロニーの描写もぐっとSF的になりまして現実感というかリアリティがあって引き込まれます。そこに現れるのは我等がヒーロー、刹那・F・セイエイ。この二人の再会もまた物語の始動を予感させてくれます。

方やルイスは、アロウズのパイロットとして抵抗組織のあるコロニーに派遣されてきます。かって親密だった二人が、違いすぎる立場でお互いの存在を知らずに同じ場所にいている、これだけでも胸が痛くなる演出です。なぜ彼女がMSのコクピットに座っているの?どうやらアムロ声の人が糸を引いているようですが、この二人のエピソードも気になるところです!

完全に修復されていないエクシアでアロウズのMS隊と戦う刹那。しかしアロウズの新鋭機に、苦戦を余儀なくされます。その刹那を救うのがソレスタル・ビーイングの再建をはかるティエリア!ヴァーチェの後継機(セラヴィだそうです)で畳み掛けるようにアロウズを撃退。これですよ!この新旧交代劇。これで新しいソレスタル・ビーイングのガンダムのすごさが一発で伝わるグッドな見せ方でした。

セルゲイの息子さんは、アロウズに所属しているようで、父とは考え方も違うようでアロウズに所属している模様。そしてソーマをアロウズに迎えに来たようですが・・・親子の葛藤も描くのですね。本当にセルゲイさん、苦労人です。

わずかな登場でインパクトを与えてくれたのが、乙女座の人!ガンダムの世界で仮面っといったら特別な役割を担う人にしか許されないアイテム。何故この人が仮面をつける事になったのかも気になるところ。

ガンダムというビックタイトルだからそれなりのものは持ってくるだろうとは思っていましたが、予想以上です。重量感っていうんでしょうか、第1話の見応えってやはり大切ですね。否が応でも期待が高まります。まだまだソレスタル・ビーイングに参加していないスメラギさんとか、なんか収容所みたいなところに監禁されているアレルヤとか、もう続きが気になって気になって、いや、一発目から飛ばしてくれるなーという感想でした。次回「ツイン・ドライブ」。ロックオンらしき人に接触する刹那(ライルって第1期で出てきたっけ?)。そしてダブルオーお披露目、こりゃ来週が待てませんね。(結構、説明不足だ、との意見多いいようですが、まだ1話だよ。2期からみ始めた人は少ししんどいかも知れませんが、第1話からすべてを把握して見なくてもいいと思いますし。)

| | コメント (2) | トラックバック (73)