鴨川ホルモー

小説 「ホルモー六景」 感想

小説「鴨川ホルモー」読んで映画も見てすっかり嵌ってしまったので「ホルモー六景」も読んじゃいました。「鴨川ホルモー」のサイドストーリとして結構面白かったです。京都大学青龍会以外の物語が楽しめます。逆に「鴨川ホルモー」読んでなかったり、あまり好きでない人にはなんでもない小説です。

鴨川ホルモー ホルモー六景

高村くんのちょんまげの謎が第六景「長持の恋」で明かされてそこはかとなくジーンと来ます。この第六景では映画に登場していた高村くんの彼女になる細川珠美ちゃんもちゃんと出てくるんですね。また映画では楠木ふみがバイト先の制服で登場するシーンがありますが、第二景「ローマ風の休日」でアルバイトしているのが描かれます。

あいかわらず登場人物の名前は歴史上の人物名を流用しているのがいいですね。

第一景「鴨川(小)ホルモー」は京都産業大学玄武組の彼氏作らない同盟(?)の定子と彰子のお話。それぞれ清少納言と紫式部が使えた中宮ですよね。しかも定子が好きになるのはバイト先の一条くんと一条天皇からでしょ?。道長時代ですね。平清盛をひっくりかえしたような玄武組の部長さん清森平は映画版で名前ちゃんと出てました。

第二景「ローマ風の休日」では楠木ふみのバイト先の店長がプレイボーイの在原さん(業平ですね!)でそのお店に彼が二股をかけている伊勢さんと二条さんが遣ってきます。おそらく伊勢斎宮恬子内親王と二条后こと藤原高子だと思います。「伊勢物語」ですね。楠木ふみが「少年」とよぶバイト先の聡司くんは誰の名前からだろう?

第三景「もっちゃん」に登場するもっちゃんは読んでたら途中でうすうすわかる実在の人物ですしね。このときは立命館の和泉くんが四条烏丸の会を取り仕切ります。

第四景「同志社大学黄竜陣」では芦屋の元カノ、巴が出てきます。巴御前かな?そして同志社大学の教授には桂大五郎なる幕末の志士ふうの名前。

第五景「丸の内サミット」には井伊直子、酒ちん、榊原康、忠やんといった徳川家の武将名が。徳川四天王の井伊直政、酒井忠次、榊原康政、本多忠勝からでしょうか。あまり書くとネタバレになっちゃうので・・・

第六景「長持の恋」では高村君の彼女立命館白虎隊の細川さんとチームメイトの黒田くん。戦国武将でいましたよね。細川さんは「たま」みちゃんなんで元ネタはガラシャさんでしょうね。もう一人いるのですが、これも書きすぎるとネタバレになるのでこれくらいに。

実在の京都の地名を舞台にしているので、関西に住んでいる私には、舞台の距離感がリアルに感じられ読みやすかったです。青春小説としてこれはアリかな、という感じで結構面白いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画 「鴨川ホルモー」感想

小説が面白かったので、それがどのように映像化されているか気になって結局見てしまいました。「ホルモー」にかかわってしまった安倍の青春ストーリーとしては小説の方が良かったと思います。あとから思い返すとと楠木ふみってずっと安倍のこと好きだったんだ、と匂わす描写を小説ではしているのですが、映画ではその辺はあっさりしてます。この監督はコメディー色を強くしたかったみたいですね。それでも「ホルモー」なる摩訶不思議なものを映像化したものとしては結構見れました。小説ですごく感動したって言う人はキャラクターの演じ方に少し違和感を感じるかもしれません。過度に期待を持って見なければ楽しめる映画だったのではないでしょうか。

やっぱり一番受けていたのは高村(濱田岳)ですねぇ。おいしいキャラですよ。ホルモーで負けて髪の毛をそってしまった高村は次の瞬間きれいに信長風の曲げを結ってるんですから。首につけたシャンプーハットが信長風バテレンコスチューム見たいで。

栗山千明演じる楠木ふみも予告編では微妙だなぁと思っていたのですが、実際演技見て、意外とかわいいなと感じてしまいました。それだけに上回生になって新人勧誘している楠木ふみはヘアスタイルをロングにして普通の女の子みたいになってしまったのは変わり過ぎじゃないかと思います。せめてヘアースタイルは凡ちゃんカットを少しアレンジしたくらいにしてほしかった。

主人公安倍を演じる山田孝之さんは・・・電車男のときの演技だったような気が。べたべたの京大生ということでこういう演技にしたんでしょうか、もうちょっと爽やかにやってほしかったです。長髪でわめいていると一瞬ハイキングウォーキングの人に見えます。

四条烏丸交差点の会のシーンはかっこよかったよ。安倍たち新入生の前にいつもとは違う青の着流しで菅原(荒川良々)たち上回生が降りてくるところとか、四条烏丸交差点で白、赤、青、黒の各大学の着流しが居並ぶシーンは意外ときれいに撮られていました。

ホルモーの戦闘シーンも、映像化のためか、オニ語にポーズがついていてオニ達の動きにあわせて指揮する人もいっしょに動くので意外と迫力ありました。後半は原作と違い京都市内をオニ達を連れて駆け回るのはこれは映画にするうえで成功だったのでは。

逆にあまり好きでなかったのは余計なギャグ(?)が多いかなというところ。ホルモーの解説者が出てくるのは私的にはやりすぎかなと思います。またクライマックスの京都上空に現れる巨大なオニのところでも石橋蓮司演じるべろべろばあ店長がくさすぎて少しがっかり。ここはもっとシリアスにやってほしかった。

とにかく気楽に見ると楽しめる映画です。

主な登場人物

<京都大学青龍会一回生>
安倍明  山田孝之
楠木ふみ  栗山千明
高村幸一  濱田岳
芦屋満  石田卓也
早良京子  芦名星
三好慶一  斉藤祥太
三好賢一  斉藤啓太
坂上麻人  梅林亮太
紀野友之  藤間宇宙
松永秀夫  渡部豪太

<京都大学青龍会上回生>
菅原真  荒川良々
竜造寺富子  三村恭代

<京都大学青龍会OB>
鈴鬼玄斎  パパイヤ鈴木
安倍清  石橋蓮司

<京都産業大学玄武組>
清森平  和田正人

<立命館大学白虎隊>
柿本赤人  趙珉和
細川珠美  大谷英子

<龍谷大学フェニックス>
立花美伽  佐藤めぐみ

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
↑にほんブログ村参加中。よかったらクリックしてね!

鴨川ホルモー (1) (角川コミックス・エース (KCA216-1)) 鴨川ホルモー (2) (角川コミックス・エース 216-2) 鴨川ホルモー (3)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

映画 「鴨川ホルモー」は面白いのでしょうか

鴨川ホルモー 鴨川ホルモー

著者:万城目 学
販売元:産業編集センター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小説は評判をまったく知らず、前知識なしで読みましたので、いい意味で期待を裏切られました。

ドラマ化された「鹿男あおによし」も見れなかったんで、万城目さんの作品はまったく前知識なしでした。

なんて爽やかでちょっぴり切ない青春小説なんだー!

京都に興味があるので、京都を舞台にした小説ということで、映画化もされるというタイミングもあったので読んだのですけどね。最初のうちは、式鬼を使ってゲームをするとかのホルモーそのものや、登場人物が京都にまつわる歴史上の人物の名前をしているところに興味があったのですけどね。

映画も面白そうなのですけど、配役がちょっと不安です。

鴨川ホルモーといえば楠木ふみを避けて通るわけには行きません。映画では栗山千明さんが演じているんですけど・・・美人過ぎやしませんか?早良京子よりも美人じゃないですか。栗山さんが嫌いなわけじゃないのですけど・・・楠木ふみってもっとかわいらしい感じの子をイメージしていたもので、そこで感情移入できるかどうかが不安です。予告編見る限りでは栗山さんじゃないよーって感じなので。

京都大学青龍会大四百九十九代会長菅原真を荒川良々さんでくるとは。まったく想像していなかった役者さんです。(彼はイメージと違うけどこれはこれで面白いかも)

でも京都を舞台にした映画なので見に行きたいなぁと思ってるのですが・・・まだわかりません。吉田神社行った事あるんですけど・・・あそこでレナウン娘をおどるんですね。

プリンセス・トヨトミ プリンセス・トヨトミ

著者:万城目 学
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ホルモー六景 ホルモー六景

著者:万城目 学
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)