三国志

映画 「レッドクリフ PartⅡ 字幕版」感想

レッドクリフ早く見たかったのですけど、少し我慢してTOHOシネマズデイの今日まで待ちました。シネマズデイだったからでしょうか、平日とはいえお客さんの入りも多かったです。

 レッドクリフ   2 フォト&ストーリー

とにかく大迫力の軍勢は大スクリーンで見てこそだと思いますので、それだけで映画館で見る価値はあると思います。今回の見所はもちろん水上船での火責めでしょうね。

孔明が10万本の矢を集めるシーンや周瑜の奥さんの小喬さんが曹操の陣へ行くシーンとか、テレビのコマーシャルや番宣でかなり流れていたので、赤壁の会戦が開かれるまで少し退屈した感はあります。

私的にその間を持たしてくれたのが、孫権の妹、尚香とサッカー(蹴鞠?)が上手で曹操に千人隊長に昇格してもらった叔材との交流です。一国の太守の妹が敵陣にスパイに入るのもどうかと思いますが、前半はこの二人のやり取りが物語を引っ張ってくれました。それだけに後半この二人が戦場で再会するところはぐっと来ます。この二人に殊勲賞をおくりたい。(逆に三国志ファンには不要に感じるかもしれませんが)

映画としてわかりやすくする為に、曹操を極悪非道の人物として描くのかと思いきや、病気の兵士を励ますシーンとかあったりして、その辺は曹操ファンに配慮したのかなと、という感じを受けました。

戦争シーンは前回以上に大規模に行われましたが、その分、各武将たちの活躍はPartⅠのほうが良かったかな。まぁ乱戦になっていましたのでそれは仕方がないですね。それにしても盾を巧みに使った攻城戦はビジュアル的にもカッコいいです。このあたりはさすがです。

三国志でも人気のある武将や、そのエピソードが結構カットされてたり、変更されていたりするそうなのですが、その辺は三国志ファンにとってはどうなんでしょう。黄蓋(この人北大路欣也に似てません?)が敵陣に潜入するためにわざと鞭打ちの刑にされるという「苦肉の策」がなんと周瑜によって却下されていたとは。この辺は孔明が10万本の矢を集め、周瑜が策略で敵の武将を暗殺する。そしてお互いの策を見抜いていて、信頼しあっているという描かれ方で、映画的に見やすかったと思います。

というわけで中盤少し退屈しましたが、孔明と周瑜の硬い友情が描かれていて、戦闘シーンはとにかく迫力はあります。映画館でみて損はない映画だと思いました。三国志なんて絶対映画にすると面白くないよーと思っていましたが、映画として楽しめるように演出されているところはさすがジョン・ウーです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
↑にほんブログ村参加中。よかったらクリックしてね!

レッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム レッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム

アーティスト:サントラ,alan
販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/04/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- ブルーレイ [Blu-ray] レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- ブルーレイ [Blu-ray]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD] レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- コレクターズ・エディション [DVD] レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (13)

映画 「レッドクリフ Part I 字幕版」感想

ジョン・ウー監督の制作費100億円の大作、そしてお話は「三国志」というわけで、他に大作っぽいのがあまりないので見てきました。三国志も実はあまりよく覚えていないのでわかるかな?と不安もありましたが。

戦記物なんで期待はあまりしないようにして見に行きました。得てしてこういう映画って戦いだけで終わりそうでしょ。しかも「Part I」って、途中で終わるのか!という感じなので期待半分にして見てきましたよ。

最初に三国時代の簡単な説明が入りましたが、知っている人には無駄のような気がしますし、知らない人にはこれだけでは良くわからないだろうから、入れなくても良かったのでは?さらに武将が登場するたびに武将名が大きく入るのは、私的にはちょっとペケかな。そんなに覚えられないし、文字が大きすぎて画面を損ねてるよー。(最近の字幕ってやたら大きいですね?)

全体的にいうと、もともとひとつだった話を、Part I、Part IIと区切ったからでしょうか、前半の劉軍の逃避行にくらべて後半がもりあがらないような気が。一応山場として八卦の陣での戦いを持ってきたんでしょうが・・・やはり見終って、盛り上げといてここで終わりかよーって思ってしまったのが残念。

超雲です、良かったのは!周瑜よりも活躍していたのでは!飛んできた槍を取って戦ったりとか、赤ちゃん抱いて敵の剣をしのいだりと大活躍です。劉備軍が曹操軍から撤退するところから物語が始まるのでなおさらカッコいいんです。

関羽なんか一人で曹操軍の中に取り残されて槍で押さえられるんですが、それを全部払いのけて一騎悠然と曹操軍を去っていきます。張飛なんかもいかにも張飛っポイ人がやっててわかりやすかったです。

さすがに主人公の周瑜が目立たんと思ったのか、赤壁の前哨戦で自ら兵を率いて八卦の陣の中に飛び込んで傷を負いながらも活躍をなされていました。

中には某ゲームかといわんばかりの個々の有名武将の一騎当千ぶりに受け入れられない人もいるかもしれませんが、これぐらいやらないと映画として見れないと思いますんで、アクションについては満足しています。

金城武や中村獅童を出すのは日本市場を狙ってだな、とうがった見方をしていましたが、演技派のお二人のおかげで違和感なく見れましたし、金城さんの飄々とした演技は孔明ってこんな感じなんでしょうねと思わしてくれました。獅童さんは無骨な役ということでうまいこと中国語しゃべらなくていい役にされていて、獅童さんの存在感が発揮されていましたよ。

すごい期待して見に行くとがっかりするかもしれませんが、久しぶりになんか大作映画でも見たいなーくらいな気持ちで見に行けば十分楽しめる映画でした。

・・・・スローモーション結構あります。二丁拳銃ならぬ二刀流もあって、おまけに鳩もでてきます。ジョン・ウー監督わかってらっしゃる、参りました。

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
↑にほんブログ村参加中。よかったらクリックしてね!

いかにも「中国」というようなフレーズが入ってるところがどことなくハリウッド映画の音楽っぽくていいよ

レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:岩代太郎,alan
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2008/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD] レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドクリフ Part I コレクターズ・エディション レッドクリフ Part I コレクターズ・エディション

販売元:エイベックスマーケティングコミュニケーションズ
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッドクリフ Part I ブルーレイ [Blu-ray] レッドクリフ Part I ブルーレイ [Blu-ray]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (11)