« アニメ 艦隊これくしょん -艦これ- 第1話「初めまして!司令官!」感想 | トップページ | アニメ アルドノア・ゼロ 第13話「眠れる月の少女 -This Side of Paradise-」(分割後期初回)感想 »

アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」感想

敵の追撃を撃退し、トワサンガにたどり着いたベルリたち。次回予告でそれ言っちゃうんだー。ベルリのキレキレの大活躍に敵パイロットが思わず「ニュータイプ」という言葉を漏らすのでした。

今回はいよいよトワサンガが姿を現し、面白かった回でしたが、いつもに比べて気張らずに見れました。何故かなと思ってたら、マスク大尉というややっこしい人がでてなかったからかも(笑)。いや、マスク大尉が悪いという意味ではなく、今回はキャピタルアーミィが出てこなかった為、月へ向かうメガファウナ勢とそれを追撃するトワサンガ艦艇という分かりやすい構図になってたからという事ですけど。その為ベルリの活躍が中心になっていて、敵パイロットからニュータイプという言葉までもれたりしましたしね。

「私たちはYG-111と呼んでました」メガファウナサラマンドラの2艦は月へ向かう。敵艦隊からの攻撃に対応すべく、巨大なネット(としか言いようがない)をバリアになるようにMSで広げて準備中。艦内では・・・ラライヤが喋る喋る。すっかり回復して、あの地球上での知能退行(?)はなんだったんだ、っていう感じ。そのラライヤの言葉に耳を傾けてみると、G-セルフトワサンガ側ではYG-111と呼称されていて不採用になっていた機体だった事や月勢力の中でもフォトンバッテリーをめぐってドレッド家レイハントン家が対立していたりとか、トワサンガも一枚板ではない事が語られます。相変わらず日常会話で色々と重要っぽいキーワードをぶち込んでくるな。

「金の鉱脈に餌を求める妖怪がアリンカト。地球人にはこの性能は、想像がつくまいよ!」ドレッド艦隊から分派されているマッシュナー司令の指揮する艦艇はメガファウナに攻撃を仕掛けますが、ロックパイ率いるMSモランの部隊に2機のメガライダー的な支援兵器が登場しますが、名前がアリンカト?名前が微妙だ。ロックパイさんが自信満々に名前の由来を説明してましたけどね。でもキレっキレのベルリくんの前にアリンカトあまり活躍できませんでしたね。

「アイーダさんはメガファウナへ後退」「俺たちの帰れるところを守ってください」「そうです、僕の帰るところを守ってください」アイーダさんが、ベルリだけでなくケルベスさんや他のパイロットにまで、うまい事言われてメガファウナでのお留守番をさせられるのが笑える。G-アルケインって完全にデザイン負けしてるよな。アイーダさんがポンコツなおかげで、これからますます登場機会が減りそうだw。そして前回捕虜にしたリンゴ少尉が乗っていたモランは赤色にペイントされ、どうやらラライヤの乗機になりそうな感じ。ますますアイーダさんのMS乗りとしての出番が危うい?そもそもこの物語のヒロインはアイーダなのか、ラライヤなのか?・・・まぁMS乗る事だけがヒロインのお仕事ではないですから。アイーダさん応援しています。

「これ以上僕にライフルを使わせると、みんな死ぬぞって言ってるでしょ!」今回のG-セルフの装備はアサルトパック。多火力で長距離砲撃の出来る装備で、数あるG-セルフの装備のなかで一番実用的な気がする。「一戦闘距離からでも当てられるよ」とアサルトパックの照準機を疑うベルリをあしらうハッパさんって以外と男前。メカニックとしてできる人って感じです。そのアサルトパックをフル活用してアリンカトの高火力の砲撃を防いだり、アリンカトを撃破したりと、今回もベルリ大活躍。今回は「死ぬんじゃないぞ、撃っちゃうから」とやたらと敵パイロットを殺したくないという気持ちを訴えるセリフを連発します。ロックパイもキレキレのG-セルフにちょっと驚いているようですが、「YGは速い。ラライヤ・アクパールは殺人鬼になったのか」とラライヤがG-セルフに乗って地球に行った事、ちゃんと知っていたようです。敵MS隊に囲まれると今度はアサルトパックを分離し囮にし、G-セルフ本体で敵をなぎ倒していったり、と今回のベルリくんは主人公っぽい活躍でした。・・・いや主人公なんですけど。

「ネットがなければメガファウナはとっくにやられていた」ラライヤのセリフで思わずシャアの名ゼリフ、「メットがなければ・・・」を思い出してしまったよw。ラライヤは赤くペイントされた(赤って言えばシャアの色だし)モランに乗り込み、メガファウナの艦上につき、対空防御のお手伝い。ラライヤがどれくらいの操縦技術を持っているのかは今のところ描かれてませんから、これからラライヤがどう活躍するのかも楽しみなところですが・・・これでますますアイーダさんの出番が減りそうな・・・

「外した?しかし私は天才である。アメリアが建造した宇宙専用ジャハナムってのはなぁ、宇宙世紀の成果とも言うぞ」マスク大尉が出ていないせいか、今回の戦闘シーンでは出番少な目なクリム大尉ですが、それでも天才さんの独特な台詞回し(と無駄な自信)は健在ですね。G-セルフが支えきった戦線に追撃をかけていきます。クリムがいればもちろん傍らにはミックも。彼女の乗るヘカテーはもともと宇宙用なのか、ミックはその機動性にご機嫌の模様。この二人はいつも楽しそうで良いよね。

「まさか、地球人のなかに伝説に言われているニュータイプなんてのが・・・いるわけはないだろ!」メガファウナ側の防戦にはばまれ、退却するロックパイですが、彼の口からニュータイプという言葉をいただきました。たしかにニュータイプっていう言葉自体が既に古臭くなっている今日この頃に、こういうセルフを言わせるのは富野監督らしいといえばらしいか。でも旧宇宙世紀で蔓延したニュータイプという概念が、伝説に成り果てつつもまだR.C.時代のこの世界でまだ残っていた、という設定もガンダムファンにとっては嬉しいものなんですよね。

マッシュナー隊の追撃を振り切ったメガファウナとサラマンドラは月の制宙圏に。トワサンガのMSは一応包囲しますが、攻撃もなく応答もない。そして見えてきたコロニー群は・・・従来の円筒型のコロニーも数基ありますが目を引くのがやはり縦長の小惑星をコロニー化したもの。複数の居住区っぽいリングが小惑星の表面に互い違いに回転しています。ブリッジではそれを見たラライヤが「南のリングならいいんですけど」というとリンゴ(水先案内の為ブリッジに呼ばれている)が「君はレジスタンスの仲間だったのか」というような会話を交わしています。ラライヤは南リングは自分の田舎だと言いますが、トワサンガにはどうやらレジスタンスなんかもいたりして、地球以上にごたごたしているようですね。

「会って頂きたい方がいます。今なら向こうはとりこんでいるようですからチャンスだと思います」サラマンドラは4番ポートに、メガファウナは1番ポートに入港。その鄙びた感じにクルーたちは驚きます。ハッチが開くとゴキブリが出てきたりと描写が細かい。ジャハナムとヘカテーで居住区に乗り込んだクリムとミックはいきなり所属不明のMSから電磁ネットをかぶせられ身動き取れない状態に。一方メガファウナ陣営は荒地区画に入り込み、ラライヤはトワサンガに帰ってきたことを喜ぶ。さらにそこでラライヤの顔見知りらしいフラミニア・カッレという女性に出会う。フラミーはアイーダやベルリの姿を見て一瞬動きが止まります。そしてベルリたちに会って頂きたい方がいると言い、期待を膨らますところで今回は終了。ベルリたちに会わせたい人物とは一体?・・・・とか行ってたら、予告で「アイーダさんを姉さんと呼ばなくてはならなくなった」って言っちゃうのかよ!もちろん詳しい事は分かりませんがベルリとアイーダがG-セルフを操縦できる謎も解けるそうで、ベルリ、アイーダ姉弟説は予想できた事ですが・・・そんなにあっさり予告で言っちゃって脱力したわ!じゃあラライヤはなんで?

次回「ベルリの戦争」 -理不尽というのはこういうことだ- ・・・予告でネタバレしておいて何をおっしゃるw。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よかったらクリックしてくださいね。励みになります。

ガンダム Gのレコンギスタ 9(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 9 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ 8(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 8 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ 7(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 7 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ 6(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 6 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ 5(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 5 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ 4(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 4 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ 3(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 3 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ 2(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 2 [DVD]
【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ 1 [DVD]
BLAZING(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
HG 1/144 ガンダム G-セルフ (大気圏用パック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 グリモア (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 ガンダム G-アルケイン (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 モンテーロ (クリム・ニック専用機) (ガンダムGのレコンギスタ)
【映画パンフレット】 ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版 GUNDAM G 監督 富野由悠季 声 石井マーク、嶋村侑、寿美菜子、逢坂良太、佐藤拓也、高垣彩陽、福井裕佳梨
Gのレコンギスタ 劇場限定Blu-ray Disc『BEGINNING of GUNDAM RECONGUISTA in G 〜富野由悠季から君へ〜』

|

« アニメ 艦隊これくしょん -艦これ- 第1話「初めまして!司令官!」感想 | トップページ | アニメ アルドノア・ゼロ 第13話「眠れる月の少女 -This Side of Paradise-」(分割後期初回)感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム Gのレコンギスタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/58535158

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」感想:

» ガンダムGのレコンギスタ TBS(1/09)#15 [ぬる~くまったりと]
第15話 飛べ、トワサンガへ 公式サイトからメガファウナは月の裏側のトワサンガへ進路を取る。故郷の現状をベルリ達に教えるラライヤ。一方、クリムとマスク、それぞれの艦も月へ進軍するが、ドレット艦隊のマッシュナーはロックパイに追撃戦を命じる。 ラライヤにトワサンガの状況を尋ねるアイーダ。レンハントン家とドレッド家では揉め事が生じている。フォトンバッテリーを巡る利権争いのようだ。ラライヤはレンハントン家の末裔を地球で探していた。Gセルフはドレッド軍には不採用だった機体。 シャワーを浴びるベルリ。マッシュナ... [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 14時18分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」 [MAGI☆の日記]
ガンダム Gのレコンギスタの第15話を見ました。 第15話 飛べ!トワサンガへ メガファウナは月の裏側のトワサンガへ進路を取り、ラライヤは故郷の現状をベルリ達に教える。 G-セルフはYGと呼ばれていた機体で軍で未採用になったためにラライヤが搭乗して地球へと降り立ち、見つかればいいというくらいでレイハントン家のことを調べていたようであった。 一方、マスクとクリムのそ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 14時35分

» ガンダム Gのレコンギスタ #15 感想 ラライヤは「トワサンガ」に帰郷して大喜び! [菜の花さんの2次元空間]
[ 飛べ!トワサンガへ ] [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 14時35分

» 幸腹グラフィティ TBS(1/08)#01新 [ぬる~くまったりと]
ひとしなめ ほかほか、じゅわっ。 町子リョウは祖母が一年前に他界して一人。何故だか料理が美味しくない、下手になった。一生独りで生きていくことを決める。 そんなリョウに叔母の町子明から電話が掛かってくる。同じ美大志望の従妹を泊めて欲しい。森野きりんは同じ年、美大に通うために日曜日に東京の 塾に通うらしい。しかし母親に反対されて飛び出してきた、お土産は獲れたての白菜。寄せ鍋を作ると美味しいと感動される。リョウにも食べてと言われる、食べ方がエロイ。でも美味しい、きっと白菜が新鮮だったからだ。 風邪気味のき... [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 17時20分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第15話 「飛べ!トワサンガへ」 感想 [ひえんきゃく]
面白いですね。 戦闘シーンもよかったですし、ついにニュータイプという言葉も でてきましたよ! そして豪快なネタバレ次回予告(笑) メガファウナは月の裏側のトワサンガへ進路を取る。 故郷の現状をベルリ達に教えるラライヤ。 一方、クリムとマスク、それぞれの艦も月へ進軍するが、 ドレット艦隊のマッシュナーはロックパイに追撃戦を命じる。  ガンダム Gのレコンギスタ 公式サイ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 17時32分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第15話 飛べ!トワサンガへ 感想 [n-zenの葉酸ってなに]
ガンダム Gのレコンギスタ 私だ TBS15話です 次の戦いに備えるメガファウナ勢、お坊ちゃんクリム当てにされてねえ クリムは天才さんだの馬鹿息子だのあだ名が増えるばかりだな 周囲に張ったネットは敵のビーム避けか ラライヤによるネタバレがいろいろありましたな ・G-...... [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 17時58分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第15話『飛べ!トワサンガへ』 キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
ガンダム Gのレコンギスタ 第15話『飛べ!トワサンガへ』  感想(画像付)    月の裏側にあるトワサンガへ… むかしのサイド3ですかね? ベルリとアイーダがGセルフに乗れた理由が次回明らかに… って、次回予告ネタバレすぎます(苦笑)   メガファウナは月の裏側のトワサンガへ進路を取る。 故郷の現状をベルリ達に教えるラライヤ。 一方、クリムとマスク、それぞれの艦も月...... [続きを読む]

受信: 2015年1月10日 (土) 18時33分

» メガファウナ、ついに月の裏側へ ガンダム-Gのレコンギスタ- 第15話「飛べ!トワサンガへ」 感想 [こう観やがってます]
今週は面白かったと思います。 いい意味で期待感が生まれた。 予告のネタバレも込みで。富野監督はやはりスターウォーズ好きらしい。 以下ネタバレあり。 ガンダム Gのレコンギスタ 2(特装限定版) [Blu-ray](2015/01/28)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る ... [続きを読む]

受信: 2015年1月11日 (日) 08時37分

» #15「飛べ! トワサンガへ」ガンダム Gのレコンギスタ・名言 [アニメ偉言]
ラライヤ「フォトン・バッテリーの 技術を教えろというのがドレット家で、 レイハントン家はそれに反対していたんです」 ノレド「それでトワサンガは分裂していたんだ」 アイーダ「技術の独占は反対」 トワサンガ分裂? 話が見えてこないな。 レイハントン家ってのは何…... [続きを読む]

受信: 2015年1月11日 (日) 11時33分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第15話 [刹那的虹色世界]
ガンダム Gのレコンギスタ 第15話 『飛べ! トワサンガへ』 ≪あらすじ≫ メガファウナは月の裏側のトワサンガへ進路を取る。故郷の現状をベルリ達に教えるラライヤ。一方、クリムとマスク、それぞれの艦も月へ進軍するが、ドレット艦隊のマッシュナーはロックパイに追撃戦を命じる。 (公式HP World Storyより抜粋) ≪感想≫ アサルトパックを用いた迎撃戦がメインだっ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月11日 (日) 21時19分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第15話 『飛べ!トワサンガへ』感想 [新・00をひとりごつ]
ガンダム Gのレコンギスタ 2(特装限定版) [Blu-ray](2015/01/28)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る  ラライヤの記憶が戻ったことで、  話の肝になるような重要な事実が次々と明らかになってきましたね!  物語も折り返し点を過ぎ、終盤に向け更なる加速が期待されます―と言いたいところですが、  相変わらず私の中ではキャラの言動に対する「???」が多すぎて、 ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月12日 (月) 18時59分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第15話 『飛べ!トワサンガへ』 ラライヤ出撃!そしてニュータイプ発言キタ! [こいさんの放送中アニメの感想]
赤いモビルスーツ!パイロット用の宇宙服着てたんでもしやと思いました。リンゴの漬かっていたモランを塗りなおしてって赤い、赤いよ!!言うまでも無く赤といえば「三倍速い」シャアの色。その色も相まって顔はザンスカール系ですが、全体的な雰囲気がガルバルディっぽいですね。これまで保護者代わりだったノレドは止めますが、戦闘が激しさを増していく最中ついに出動。後述の理由もあり今後アイーダのポジションが奪われかねませんね。 因みにラライヤが地球に降下した目的は、ドレッド艦隊を待ちつつレイ... [続きを読む]

受信: 2015年1月15日 (木) 21時02分

« アニメ 艦隊これくしょん -艦これ- 第1話「初めまして!司令官!」感想 | トップページ | アニメ アルドノア・ゼロ 第13話「眠れる月の少女 -This Side of Paradise-」(分割後期初回)感想 »