« アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第01話「冬の日、運命の夜」感想 | トップページ | アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第02話「開幕の刻」感想 »

アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」感想

謎の呪文を唱えたベルリに反応してG-セルフから謎の光が。やはり主人公メカはこうでなくちゃね。このモビルスーツがとこから来てどこへ行くのか、どうやらその謎は軌道エレベータよりもさらに上の宇宙にあるようだ。

「キャピタル・アーミーのやっている事は科学技術を進歩させてはならないというアブテックのタブーを犯してます」G-セルフを奪取してベルリノレド、そしてラライヤを伴って海岸の洞窟内に停泊している戦艦(メガファウナ)に戻ったアイーダ。一方キャピタル側ではキャピタルアーミーの創設式典らしきものが行われています。その式典にかこつけて、運行長官のお子さんと市民を取り返す為の出撃までショーに組み込まれています。今回の作戦に法皇の許可が下りているのかといぶかしむベルリのお母さんの運行長官。それに対して調査部のクンパ大佐は長官の息子さんと市民を取り返すもので軍事行動ではないということで許可を取ったようだ、としれっと回答。前回の不自然なまでのアイーダへの監視の甘さもこの辺に意図があったようです。この世界には科学技術を進歩させてはならないという共通思想があるようで、このあたりが抗争を繰り返した宇宙世紀と牧歌的な正暦との架け橋なんでしょう。しかし人間の悲しい性というべきか、するなと言われればしたくなる、軍事力を持ちたくなる、力を行使したくなる、といったところでしょう。アーミー設立に裏から手を引いているというクンパ大佐の野望、そこまでして軍隊を所持しようと考える意図がどういったものかも気になります。

戦艦内でのベルリとアイーダや艦長ドニエル・トスとの会話の中でもカリブ海用研究所に続いている、とかヘルメスの薔薇とか色々とキーワードが(それがどういったものかも説明されずさらっと)織り込まれています。艦長は艦内のラウンジの一室にいるベルリたち3人を絶対にここから出すなと部下に命じますが、クリム・ニックは自分が動かせなかったベルリがなぜG-セルフを動かせるのか、ベルリに動かしてみろ命じるという、また勝手な振る舞いをされます。アメリア大統領の息子さんなんだとか。一応女の子二人を人質に取ってるからといって、艦長の絶対出すな命令を早速破っちゃって、軍事組織としていいのか、それで。いやクリムのほうが艦長より指揮権が上という事か?アイーダはやめさせようとしますが、G-セルフにこだわる彼は、ベルリの次はラライヤにも試させようとします。自分にはG-セルフを動かせないという事を結構気にしているようで、意外と打たれ弱い人かもしれない。

「自分が代わりますよ、姫様」カーヒル大尉のことを思い出して涙するアイーダ。ラライヤを見て、クンパ大佐から聞かされた彼女を保護したときの状況の話や、カーヒル大尉がG-セルフを鹵獲してきたときの事を思い出したようです。アメリア側が保有するガンダムタイプの赤い機体、アルケインを整備して怪我したところに貼っていた絆創膏を大尉に取り替えてもらうところを思い出したり・・・恋心とまでは行かないかも知れませんが、こんな些細な事を思い出すのですから少なからず大尉のことを慕っていたんでしょう。ベルリがやむを得ず大尉を殺してしまったという事も理解しているでしょうから苦しいところでしょうね。クリムに操縦できなかったG-セルフのコックピットに座ると、フロントパネルから何か出てきました。金色の鳥の形にも見えるカードのようなもの。これアイーダがペンダントにしていた物だぞ。そしてこれをベルリももってたぞ。そのカードを取るとG-セルフが動き出しました。他の人が座ってもそのカードは出てこなかったようなので、やっぱりアイーダは特別な存在?よくコックピットから「レイハントンコード良」とか音声がきますが、レイハントンコードっていうのも気になります。フライスコップから降ろして見ましょうか、というアイーダに大尉が優しく、自分が代わりますよ、姫様、と声をかけてくれたところを思い出すあたり、やっぱりアイーダさん、カーヒル大尉の事好きだったんだな。渋い趣味ですが、大尉は男前だったと思います。

「返せる借りじゃないけれど、返す努力はします」間の悪い(良いというべきか)事にベルリにG-セルフに操縦させているときに、キャピタル・アーミーの部隊が人質の解放を口実にメガファウナに攻撃をかけます。キャピタルアーミーのことは、運行長官である母も知らなかった、とベルリはこの戦闘を止めさせようとG-セルフで飛び立ちます。攻撃部隊の指揮官はキャピタルでも数少ない実戦能力の高そうなデレンセン大尉。ベルリはデレンセン大尉機と接触回線で戦いをやめる説得をしようとしますが、そこにまた間の悪いことにクリムのモンテーロが仕掛けてきます。天才を自負しているクリム機モンテーロの指をサーベルで切断してジャベリンを落とさせますから、デレンセン大尉は操縦技術も高そうです。それにしても斬る時に「チェストー」ってどこの生まれだこの人。

「好きで武器を持っているのではない!」戦いを止めるどころかますます激しくなる戦闘。そして3機のカットシーはG-セルフで包囲し、ビームサーベルを向けて動きを封じます。三方同時、の攻撃にベルリ「スコード」と両手を胸の前に重ねて唱えると、胸のペンダント(アイーダがG-セルフのコックピットで出たものと同じ形の)が輝きだして、まさにラピュタ状態。G-セルフ自体も光の粒子で包まれて、向けられたビームサーベルはその光と干渉をおこして使用不可に、3機のモビルスーツ自体も弾き飛ばされ、その隙にG-セルフはビームサーベルを抜き、カットシーのビームライフルを叩き斬り、飛んでくるミサイルも叩き落し、デレンセン大尉たちを撃退。撤退を決め込むデレンセン大尉、「あの期待、何が起こってんだ!」と叫びますが、なにが起こっているのかこっちが聞きたいです。というか「スコード」って呪文なに?ベルリ何故そんな呪文知ってるの?戦闘が終わり、「実戦であのように撤退を決断できる指揮官は優れた軍人だな」とデレンセンのことを正当に評価するクリムのセリフは結構好きだな。だたの大統領のドラ息子というわけではないということか。こういうセリフを言ったクリムも言わせたデレンセンもかっこいいよ。一方デレンセンのほうは自分の頭でっかちの作戦のせいで7人も戦死させてしまった、と部下の名前を口にして涙していて、結構部下思いの良い人のようです。

メガファウナに戻ったG-セルフ。整備時に、アイーダがコックピットに入ってくると、アイーダ胸に痛みが走った模様、同じくベルリにも。あのペンダントを付けてるところか?するとコックピット内にG-セルフの仕様一覧のようなものが表示され、コックピットが脱出用に外れることが分かり早速試してみるベルリ。コアファイターなんだろうな。これ。やっぱりガンダムにはコアファイターは付きものだな。

「君の母上を脅かすものが宇宙から降りてくると分かったから、キャピタルアーミーが新設されたのだろう」キャピタルアーミーなんて自分の母親も知らなかったというベルリにクリム・ニックは話します。しかもこの情報はアイーダの父親から聞いたとの事。ちなみに今回のラライヤは戦闘前に、艦長から、宇宙にいた人間は落ち着くから、と金魚の入った球体をもらって喜んでました。戦闘が終わって雨が降る中甲板の上でもはしゃいでました。今の所物語上まったく役に立ってない彼女がどこからG-セルフとともにやってきたのか、「君の母上を脅かすもの」がなんなのか、楽しみですね。

次回「敵はキャピタル・アーミー」また新しい形状のMSが2体ほで映ってました。あと四つ目のマスクを付けた人も登場しそう。マスク付けた人もガンダムには付きものだなぁ。今回の予告編は「見たくなったでしょ」。はい見たくなりました。とくに四つ目のマスク付けた人を。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よかったらクリックしてくださいね。励みになります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
ガンダム Gのレコンギスタ  9(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  9 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  8(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  8 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  7(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  7 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  6(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  6 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  5(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  5 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  4(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  4 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  3(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  3 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  2(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  2 [DVD]
【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  1 [DVD]
BLAZING(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
HG 1/144 ガンダム G-セルフ (大気圏用パック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 グリモア (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 ガンダム G-アルケイン (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 モンテーロ (クリム・ニック専用機) (ガンダムGのレコンギスタ)
【映画パンフレット】 ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版 GUNDAM G 監督 富野由悠季 声 石井マーク、嶋村侑、寿美菜子、逢坂良太、佐藤拓也、高垣彩陽、福井裕佳梨
Gのレコンギスタ 劇場限定Blu-ray Disc『BEGINNING of GUNDAM RECONGUISTA in G 〜富野由悠季から君へ〜』

|

« アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第01話「冬の日、運命の夜」感想 | トップページ | アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第02話「開幕の刻」感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム Gのレコンギスタ」カテゴリの記事

コメント

ベルリの叫んだ「スコード」ですが、Gレコの世界には「スコード教」という宗教があります。
宇宙からエネルギー(フォトンバッテリー)をもたらす軌道エレベーターを神聖視する宗教で、「スペース・コード(宇宙からの臍の緒という意味合い)」が語源らしいです。

あの時、ベルリが「スコード」と叫んだのは、現代で言うなら「ジーザス」とか「南無三」とかを叫ぶのと同じような意味合いなので、謎の呪文を唱えたというわけでは無いです。
(ちなみに一話にもベルリが「スコード」と叫ぶシーンがあります。)

∀ガンダムの「ユニバース」も同じような感じですし、ファーストガンダムでもシャアが「南無三」と叫んだシーンがあったので、これも富野節の1つだと思います。
長文、失礼しました。

投稿: 通りすがり | 2014年10月18日 (土) 13時08分

通りすがりの方、コメントありがとうございます。
「スコード」についての分かりやすい説明助かります。G-セルフは呪文に反応したわけではないんですね。それでもG-セルフに搭載されている機能はやっぱり他のMSとは一線を画しているようなので、今後の展開を期待したいと思います。

投稿: くまっこ | 2014年10月20日 (月) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/57702562

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」感想:

» ガンダム-Gのレコンギスタ- 第4話「カットシー乱舞」の感想 戦闘シーンがあったほうが、やはり良い [こう観やがってます]
話に進展があると、おもしろいですね。 クリム・ニック嫌いじゃあないが、どうしても死にそうな気配が。 きちんと礼を言えるあたり、意外と好青年。 以下ネタバレあり。 ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る ... [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 14時07分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」 [MAGI☆の日記]
ガンダム Gのレコンギスタの第4話を見ました。 第4話 カットシー乱舞 海賊部隊に囚われの身となったベルリはノレドとラライヤを人質に取られ、クリムにG-セルフを動かすように指示される。 「クリム中尉!」 「敵の能力チェックです」 「艦長の許可は!?」 「よろしく取り計らっていただきたい。行け」 「クリム中尉」 「アイーダ様の話が本当ならこの女子にも試させたいの...... [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 15時00分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 「カットシー乱舞」 感想 [ひえんきゃく]
デレンセンはやっぱり優秀ですね。 いいキャラしてますよ。 トイレのサービスシーンもありましたし(笑) キャピタル・アーミィは、宇宙海賊に囚われたベルリ達の救出を口実に、 デレンセンのカットシー部隊を出撃させた。 その強襲に対し、クリムの駆るモンテーロとグリモア部隊に迎撃させる メガファウナ。 ノレドとラライヤを人質に取られたベルリは、乗り込んでいたG-セルフで 矢面に立た...... [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 19時44分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 『カットシー乱舞』感想 [新・00をひとりごつ]
 ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る  キャラの発言に違和感があり過ぎて頭に入ってこないのは相変わらずですけど(苦笑)、  世界情勢などが少しずつ明らかになるにつれ、  だんだんと物語に惹かれ始めてる自分がいることに気付いてしまった第4話。  ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!... [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 22時40分

» アニメ感想 ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」 [往く先は風に訊け]
異質の力を見せるG-セルフ [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 13時38分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 10/18 あらすじと感想+考察 #gレコ #gundam [Specium Blog]
【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray] 迎撃。  冒頭は、クリム・ニック中尉に連れられ、海賊の戦艦「メガファウナ」に着艦するベルリくんたち。クリム・ニック中尉は、自分に扱えないG-セルフをベルリくんが操縦できたことに、多少、嫉妬している模様w。  ドニエル・トス艦長は、帰還したア...... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 16時54分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 カットシー乱舞 感想 [n-zenの葉酸ってなに]
ガンダム Gのレコンギスタ 私だ TBS4話です ノレドが海賊の宇宙船が海に浮いてるのは変だと思ってるんですが、 宇宙世紀の艦ってどうだったっけ ベッカー大尉の演説!そうそうガンダムと言えば演説シーンですよね クンパ大佐の狙いがだんだん見えてきたな リキルド・セ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 17時53分

» ガンダムGのレコンギスタ TBS(10/17)#04 [ぬる~くまったりと]
第4話 カットシー乱舞 アメリア海賊の艦、メガファウナに到着したGセルフ。カーヒル大佐の死を悼むアイーダ。 キャピタルタワーではキャピタルアーミーの発足式典が 執り行われていた。人質を取り返す為の大義名分で法皇には了解を得ていなかった。ベルリにGセルフを動かせと迫るクリム・ニック中尉。ラライヤにも動かせて欲しいらしい。Gセルフに異様に興奮するラライヤ。 ラライヤがGセルフに乗って発見された日は、カーヒルとGセルフを移送していたアイーダ。キャピタルアーミーがメガファウナを発見、人質開放を 要求してミノ... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 18時19分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」 キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
Gセルフの謎の能力、スコード!  ベルリが使えたのは操作方を無意識に刷り込まれてるんでしょうかね。  謎の多いMSですね。    キャピタル・アーミィは、宇宙海賊に囚われたベルリ達の救出を口実に、 デレンセンのカットシー部隊を出撃させた。 その強襲に対し、クリムの駆るモンテーロとグリモア部隊に迎撃させる メガファウナ。 ノレドとラライヤを人質に取られたベルリは、乗り込...... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 23時19分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 『カットシー乱舞』 神頼みで謎フィールド発生。 [こいさんの放送中アニメの感想]
スコード!!こちら「神様」に匹敵する物言いの様で。これに反応してGセルフが発したのはサイコフィールドっぽいですね。色々わからない言葉が出ましたが、説明しないのは富野アニメの特徴。毎回断片情報を提供して、ある時明らかにして全ての話が繋がる。「ガンダム」を思い出します。 会話のドッジボール?いや腹の探り合いです。成り行きで海賊船にやって来たベルリ、ノレドそしてラライヤ。一見ベルリと艦長の会話が噛み合っていないように見えます。互いに自分の情報を渡さず、相手の情報を引き出そうと... [続きを読む]

受信: 2014年10月19日 (日) 10時21分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 カットシー乱舞 [ゴマーズ GOMARZ]
前回はコックピット内でのトイレタイムが2回もあったりと 面白い部分も沢山あったGレコ。今回はカットシー乱舞って タイトルだけど、カットシーが乱舞しちゃうのかな? とはいっても、前回のタイトル、「モンテーロの圧力」・・ モンテーロってクリム・ニック君のMSでしょ? そんな圧力って ほど圧力与えられてないと思われ・・・。そもそも、クリム・ニック君 自称天才は本当に天才なのか? という疑問だけが残った感w ... [続きを読む]

受信: 2014年10月21日 (火) 10時07分

« アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第01話「冬の日、運命の夜」感想 | トップページ | アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第02話「開幕の刻」感想 »