« アニメ ソードアート・オンラインII 第13話「ファントム・バレット」感想 | トップページ | アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第00話「プロローグ」感想 »

アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」第2話「G-セルフ起動」(1時間スペシャル)感想

「そういう気分でいるから、殺しあうようなことが起きるんです」久しぶりの富野ガンダムが見れる。軌道エレベーターの描写はなかなか見ごたえがあったかな。

歴代ガンダムのなかで、オリジナルとその劇場版を除くと一番好きなガンダムは∀(ターンエー)ガンダムだったりします。最初はとんでもないデザインのガンダムだと貶しまくりでしたが、見続けると、あのシャープなラインを多用したあのデザインが最新鋭機にみえて、ゴテゴテした過去のガンダムがみんな旧式に見えてしまうのが不思議です。最終回の「月の繭」の曲に乗せて主人公たちのその後が語られたところは感無量でした。交流を失ってからかなりの年月がたった地球と月の文明の差異とか、SF的な舞台背景も過去のガンダムにはないオリジナリティを感じたものでした。そしてディアナ様が素敵過ぎる!

それはさておき、今シリーズはその∀の正暦宇宙世紀をつなぐリギルド・センチュリーR.C.)時代、というのと富野由悠季さんが監督をされるとの事で興味津々で視聴。富野さんがやってるということで、当たりと出るかはずれと出るか・・・

高高度を滑空する新しいガンダム、目がでかくて昆虫っぽい顔つきだが、むしろガンダムくさくないフェイスは悪くない。それを追う複数のモビルスーツ。最初よくわからなかったけど、アメリア陣営とキャピタル陣営が取り合ってたのね。アメリア側のモビルルーツ(グリモア)がガンダムを、ガンダムのコックピットから脱出した謎の少女(ラライヤ・マンディ)をキャピタル側のカットシーが救出するという、ビジュアル的にはワクワクするシーンからスタートしまして、掴みはなかなかいい感じ。アメリアっていうのもターンエーに出てきたアメリア大陸に通じるのかな、と興味はそそります。

宇宙世紀時代のスペースコロニーの気配は微塵も感じられず、軌道エレベーターのある世界が舞台のよう。このへんも従来のガンダムの焼き直し感もさほど感じられずに、個人的には好きかも。この世界ではエネルギー源は軌道上からエレベーターでもたらされているようで、それがもたらす強大な利権を握るキャピタルと、どうやらそれを快く思わず、海賊行為を裏から操るアメリアとの水面下の抗争が行われているという構図のようです。その軌道エレベーターを握ったキャピタルが、法皇を頂く、中世カトリック教会のような権威で装飾されているところなども興味深い。そういえばモビルスーツの名前とかヘルメスの薔薇の設計図とか、どことなく魔術的というか錬金術的な名称がちりばめられているのも気になります。

キャラクターデザインが吉田健一さんのせいかどうしてもエウレカセブンをイメージしてしまいますが、主人公ベルリ・ゼナムは元気一杯でガールフレンドもいて、士官候補生(?)っぽくてしかも二階級進級もはたした、いわば超エリート。お母さんも軌道エレベーター管理のお偉いさんらしくて、まさにリア充爆発だ!でもこれぐらい力のある主人公じゃないと物語を動かしきれないよね。Vガンダムが残念だったのはウッソくんが幼すぎて物語を動かしきれなかったところから見るとね。ガールフレンドのノレド・ナグは・・・やっぱりふられるんだろうな。もう既にこれからどんどん影が薄くなっていきそうな気配がぷんぷんだ。でもまあチアリーダーなんかやっていて元気一杯。女の子が元気一杯なのは富野作品らしいといえばらしい。登場人物達の会話のやり取りなんかも久しぶりの富野節だなぁ、と感じました。

主人公達訓練生が軌道エレベーターで宇宙に上がるところで宇宙海賊の襲来。そのうち1機は冒頭で登場したガンダム。操縦するのは本作のヒロインの一人であろうアイーダ・レイハントン。ベルリはなんとまぁ作業用のモビルスーツ(レクテン)でそのガンダムを捕まえちゃうわけですから、ニュータイプかなんかなんでしょうなぁ。しかもこのガンダム、アイーダしか動かせないのかと思いきやベルリにも動かせちゃうとは(他の人で試したときは動かせなかったらしい)。あぁ、最初にガンダムから飛び出して今はキャピタルに捕縛されているラライヤも動かせるか。色黒で名前からもララァ的ポジションを惹起させられます。もう一人のヒロインか?このラライア、なぜか体をだらりとさせ、言葉もほとんど喋らないのですが、ガンダムを見たとたんもがき出すという。この三人がなぜガンダムを動かせるのか。どこに共通性があるのかも気になりますね。2話ではアイーダとガンダムを奪還しに来た海賊(アメリア軍)のカーヒル大尉が、アイーダを探すときに特殊なスキャナーでアイーダの目が赤く発光反応するのを手がかりにしてましたが、一緒にいたベルリの瞳もスキャナー越しに目が赤く光ってましたし。ガンダムを操縦できる人間に共通した秘密、この辺も見どころか。キャピタルの守備隊に捕縛されたアイーダの後ろを通ろうとしたベルリがふわふわとたなびくアイーダの髪に、おそらく香りでしょうか、男の子らしく反応しちゃうところなんか素敵なボーイ・ミーツ・ガールだと思いますよ。あ、このガンダム、G-セルフと呼ばれています。

第2話ではアメリア軍(海賊)の強襲のなか、アイーダがとらわれているであろう塔に行こうとするベルリ。一緒にむかうのは彼の同級生で成績主席のルイン。この人、黒堕ちしそうだ。なんだろ、ジェリドとかマシュマーの臭いがする。まぁ生暖かく見守りますが。おんなの子が元気な富野作品、途中でかち合ったノレドとマニィ、ラライアもベルリたちを追っかけます。海賊の攻撃でとらわれていた塔も攻撃を受け、その中から何とかアイーダを救い出したベルリはG-セルフの格納されているハンガーへ。むりやりコックピットに乗り込もうとしたアイーダと先を争ってコックピットに収まるベルリ。しかしそこにアイーダも一緒に乗っているとはしらずに、キャピタルにG-セルフと渡すまいと攻撃を仕掛ける海賊のリーダー格カーヒルの駆るモビルスーツのコックピットをライフルで打ち抜いてしまうベルリ。カーヒルを返してとベルリに泣きながら掴みかかるアイーダ。G-セルフがライフルを撃つ前に赤黒いオーラのようなものが出ていたような気がしたのはなんだったのか。G-セルフが勝手にライフルを撃った?ベルリが引金を弾いたのか、よくわからなかったが・・・

とにかくベルリは自らの操るG-セルフで人を殺しまったわけですね。アイーダがキャピタルの守備隊に捕まって怒鳴られていたときに「そういう気分でいるから、殺しあうようなことが起きるんです」といっていたベルリくんが、殺し合いに身を投じてしまった、人間個人個人の意志や思いとは裏腹に戦いは始まっていく、こういった始まり方はイデオンやターンエーガンダムも彷彿させられ、やっぱり富野作品といったところか。

次回「モンテーロの圧力」なんだかんだ言って来週もみると思います。毎週更新するかはわかりませんが。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よかったらクリックしてくださいね。励みになります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
ガンダム Gのレコンギスタ  9(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  9 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  8(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  8 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  7(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  7 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  6(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  6 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  5(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  5 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  4(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  4 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  3(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  3 [DVD]
ガンダム Gのレコンギスタ  2(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  2 [DVD]
【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) [Blu-ray]
ガンダム Gのレコンギスタ  1 [DVD]
BLAZING(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
HG 1/144 ガンダム G-セルフ (大気圏用パック装備型) (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 グリモア (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 ガンダム G-アルケイン (ガンダムGのレコンギスタ)
HG 1/144 モンテーロ (クリム・ニック専用機) (ガンダムGのレコンギスタ)
【映画パンフレット】 ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版 GUNDAM G 監督 富野由悠季 声 石井マーク、嶋村侑、寿美菜子、逢坂良太、佐藤拓也、高垣彩陽、福井裕佳梨
Gのレコンギスタ 劇場限定Blu-ray Disc『BEGINNING of GUNDAM RECONGUISTA in G 〜富野由悠季から君へ〜』

|

« アニメ ソードアート・オンラインII 第13話「ファントム・バレット」感想 | トップページ | アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第00話「プロローグ」感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム Gのレコンギスタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/57563420

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」第2話「G-セルフ起動」(1時間スペシャル)感想:

» ガンダム Gのレコンギスタ 第1話 『謎のモビルスーツ』、第2話 『G-セルフ起動』感想 [新・00をひとりごつ]
 さて!遂に地上波での放送が始まりましたね、「Gのレコンギスタ」。  富野由悠季監督作品ということで、  首を長~くしてこの日、この時を待っていらっしゃった方も多いだろうと思います。    かくいう私も、違った意味でこの地上波での放送解禁を待ち構えていました。  そう、「世間一般の方の、このアニメに対する率直な感想を知りたかったから」です。  先日、劇場での特別先行公開版を観に行...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 3日 (金) 20時00分

» ガンダム Gのレコンギスタ TV初回1時間SP [MAGI☆の日記]
ガンダム GのレコンギスタのTV初回1時間SPを見ました。 第1話 謎のモビルスーツ 宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。 R.C.1014年。 地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、キ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 05時48分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第1話&第2話 感想 [ひえんきゃく]
ガンダムも深夜放送になる時代なんですね。 EDがぶっ飛んでいましたね(笑) 本当はこっちをOPにしたかったんだろうなぁ。 倉庫にザクやリックディアスがあったのには、興奮しましたよ。 ●「第1話 謎のモビルスーツ」 R.C.(リギルド・センチュリー)1014年。地球上の全エネルギーをまかなう フォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすキャピタル・タワーは人々の信仰を集め、 スコー...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 06時07分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」 キャプ付感想 [空 と 夏 の 間 ...]
冨野監督による、ひさびさの宇宙世紀を舞台にしたガンダムの続編。  宇宙世紀も終焉を迎えた未来が舞台。  冨野節でしゃべるキャラたちの群像劇が面白そうですね!  宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共に このまま続いて行くものだと思われていた。 R.C....... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 10時54分

» ガンダム-Gのレコンギスタ- 第1話「謎のモビルスーツ」の感想 [こう観やがってます]
久しぶりの富野由悠季ガンダム。 タイトルに濁音を入れたいそうですw 「の」も入っているし、いいんじゃないですかー。 以下ネタバレあり。 【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る ... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 13時35分

» ガンダム Gのレコンギスタ TV初回1時間SP 感想 [n-zenの葉酸ってなに]
ガンダム Gのレコンギスタ 私だ TBS1話「謎のモビルスーツ」〜2話「G-セルフ起動!」の1時間SPです アジア大会バレーの延長で予定より遅い時間帯の放送になりましたね OPは「BLAZING」 曲は別にいいんだけど映像が本編からの流用っぽいのが残念だなあ 1話 字幕表示しな...... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 13時41分

» ガンダム Gのレコンギスタ 1&2話(新)「 謎のモビルスーツ / G-セルフ起動! 」感想 [気の向くままに]
わくわくが止まらない!お禿さまのガンダムは世界観とか雰囲気とか大好きなんです。これから政治的なお話しも絡んできて、葛藤する主人公たちがみれるのかな。楽しみだw [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 13時43分

» ガンダムGのレコンギスタ TBS(10/03)#01,02新 [ぬる~くまったりと]
第1話 謎のモビールスーツ 降下する謎のモビールスーツ、捕獲しようとするMS。MSから少女が単身で脱出する。キャピタルガードが少女を回収する。 キャピタルガード候補生の宇宙実習を応援するチアガールズ。ベルリは2学年飛び級で運行長官の息子。回収した少女、ラライヤもクラウンに同乗していた。起動エレベーター内を移動するゴンドラ、クラウンを海賊が 襲撃する。ラライヤが操縦していた謎のMS、G-セルフだった。キャピタルガードがレクテンで反撃する。ラライヤが激しく反応して何かを口走る。 丁度レクテンで動作テスト... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 13時51分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第2話 『G-セルフ起動』 ザクにリック・ディアス...黒歴史のモビルスーツが! [こいさんの放送中アニメの感想]
旧世紀のクラシックコレクション。ガンダムより近い時代だけあって、色々残っていた様です。でも何故か全部灰色。これに乗って動かす機会とかあるんだろうか。 チアガールにはニーソックスとショートソックスどっちが似合うのか。個人的には後者のがいいかも。謎の少女ラライヤも学校に編入してチアガールになってしまった。捕虜とか言ってたのに扱いがアバウトですね。 二足歩行メカって酔いそう。この世界では普段使いにも二足移動メカを使用、ダンバインとかにありましたね。・スペースが狭くて運転手以外... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 17時56分

» ガンダム Gのレコンギスタ 第1話 『謎のモビルスーツ』 アイーダはドジっ子、ラライヤは電波? [こいさんの放送中アニメの感想]
先行配信した冒頭10分を見た時、ヒロイン出てこないなあ。と思ったら、後半出まくりだったんですね。そして最初から出てきた褐色の少女は、GG!!こればっか言ってました。ゴキブリかよと突っ込みたくなった。 いよいよ本編!冒頭10分の感想は、・▼記事▼:『ガンダム Gのレコンギスタ』第1話冒頭10分の感想&10月から本放送開始!!こちらを御覧ください。ベルリ訓練中にガンダムの襲撃、ここからの感想を述べていきます。 無人のふりをするんだ!20分後に開放します、ケーブルは切断し... [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 17時56分

» ガンダム Gのレコンギスタ #1 & #2 [日々の記録]
新番組のお試し視聴です。富野監督の新作と聞いて、とりあえず視聴してみました。・・・が、???の連発でした。(^^;突然空からガンダムっぽいモビルスーツにのって女の子 [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 19時16分

» アニメ感想 ガンダム Gのレコンギスタ 第1話&第2話スペシャル [往く先は風に訊け]
レコンキスタ(再征服)の物語 [続きを読む]

受信: 2014年10月 4日 (土) 23時23分

» 「ガンダムGのレコンギスタ」#01,#02感想 [世事熟視〜コソダチP]
「ガンダムGのレコンギスタ」 第1話「謎のモビルスーツ」 第2話「G−セルフ起動!」 宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた・・・。 R.C.1014年。 地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ「キャピタル・タワー」を守護すべく組織されたキャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムは、初めての実習の最中、いずれの国... [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 07時55分

» 『ガンダム Gのレコンギスタ』第一話&第二話 [時間の無駄と言わないで]
富野ガンダムってコト以外には殆ど事前情報仕入れずに観たからワケわからん。 けどその辺は追々説明されるんだろうし、SFの始まり方なんてまぁこんなもんでしょ。 でもワケわから ... [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 16時47分

« アニメ ソードアート・オンラインII 第13話「ファントム・バレット」感想 | トップページ | アニメ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第00話「プロローグ」感想 »