« アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第16話 「未来への選択」 感想 | トップページ | アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第18話 「昏き光を越えて」 感想 »

アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話 「記憶の森から」 感想

真田志郎、古代守、新見薫の過去が描かれ、古代は兄が中原中也の詩が好きだったことを知る。一方ガミラスではドメルの処刑宣告が・・・

薫さんのブラがいきなり見れます!前回のクーデター時に負傷した右腕の治療で佐渡先生に見てもらっている新見薫。もちろん負傷した右肩しか脱いでいませんが、ピンクです。しかも結構ファンシーです。知性的な外見とは裏腹に意外と可愛いもの好きなのかもしれません。「道に・・・迷ってしまったんです」佐渡先生に気持ちを吐露する彼女。このあと保安部星名透に連れられて営倉(?)入り。でも真田副長、そして古代守を絡めた回想シーンでは彼女のまだ穢れを知らない(?)学生時代も楽しめます!

「私は後一歩でヤマトに止めを刺せたのです、それを!これは一体何の茶番ですか?!」ドメル様が手錠をかけられている!やっぱりデスラー総統の爆殺の犯人扱いですか。副総統レドフ・ヒスの、そして親衛隊長官ハイドム・ギムレーの立体映像が銀河方面作戦司令官エルク・ドメルの立たされている周囲に現れドメルを総統暗殺の首謀者として告発する。総統のバラン視察を知っていたのがドメルと航宙艦隊司令ディッツの二人だけというのがその告発の理由なのですが、ということはディッツ司令も既に捕縛されているのか。しかもドメルの奥さん(エリーザ・ドメル)が反政府運動に加担されたかどで拘束されているとのことでますます不利な状況に。確かにエリーザさん、ドメル邸に逃げ込んできた反乱分子らしい人を匿ってましたが・・・そして軍事法廷陪審員は全会一致で死刑を宣告。どうやってドメル司令は死刑を免れるのか・・・おそらくデスラー総統があれでおっ死んじゃったって事はないでしょうから、デスラーが無事に帝都に帰還してドメルの死刑を止めさせるのでしょうか?

「ふふふふふはは、ふはっはっはっはっ・・・ドメルに死刑判決がでぇーたぁー」ドメルの死刑判決で大喜びで艦橋に入ってきたのは中央軍総監ヘルム・ゼーリック。相変わらすの若本さんの巻き舌が冴え渡ります。ドメルのような生粋の軍人が総統暗殺など考えられません。するとしたらむしろこいつです。艦隊を率いてバランに向かうようです。ゼーリックはともかくガミラス艦隊が飛翔していくところはカッコいいです。この時にかかるガミラス国歌(今回は歌なし)がまたカッコいいんですよね。地上では逮捕された人々が輸送船に乗せられています。それをフェンスの向こうから見ているのはメルダ・ディッツ。フードで顔を隠している彼女、そういえばディッツ提督の娘さんでしたね、おそらく彼女自身も逮捕される可能性が高いですよね、逃走中でしょうか。輸送船に乗せられる人々の中にはエリーザ・ドメルの姿も。さらにそのメリダの後ろから遠巻きに車から覗いているエージェントっぽい人もいて、今度はメリダも危ない?ガミラス陣営も混沌としています。なるほど、有能な人物が次々と告発されて粛清されて、それでヤマトは単艦でもガミラスと戦うことが出来るわけですね。陰謀さえなければ15話でドメルに沈められていたわけですし。

ビーメラ4で得た情報から、亜空間ゲートなるものが存在し、それを使用すれば航海の遅れを取り戻せる事がわかり、そのゲートをコントロールするシステム衛星を操作しに真田副長古代進、そして森雪が向かいます。ちなみにヤマト艦内では森雪=イスカンダル人という噂が完全に広がっています。結局艦内のイスカンダル人とは自動航法室内のコールドスリープ装置(もしくは生命維持装置)のようなものの中で意識を失っているユリーシャが眠りについていた、というのが真相。イスカンダルの正確な位置がわからない為、彼女の記憶を引き出すためにそんな状態でつれてきたのだとか。たまたま雪とユリーシャは同じ事故(テロの可能性もあり)に巻き込まれただけとの事ですが、何故雪の1年前より昔の記憶がないのか、そもそも土方司令が後見しているらしい雪の履歴がまだ不明瞭で、この件についてはもうちょっと後を引きそうな感じ。

「汚れちまった悲しみに、今日も小雪の降りかかる・・・か」中原中也の詩をつぶやく真田副長。「昔、この詩が好きな奴がいてね」そして「いつでも先生はそうでした。迷ったとき、いつも道を示してくれた」と、営倉(?)に入れられている新見薫。回想シーンの始まりです。

-七年前 西暦2192年-真田のもとに頼まれていた資料を持ってくる新見。かわいい!赤いふちのメガネに、前髪を左右にわけて髪どめで止めてますが髪どめがお花です。少女趣味です。そこに気さくに現れたのが古代守。新見は古代のことを君づけで呼び、真田のことは先輩と呼んでます。真田がこの前読んでみたいといっていた本を持ってきたと古代。それが中原中也の詩集。「詩集・・・ですか」といぶかしむ新見。「数式にしか興味ないと思ったろ」と言う古代にメガネをつまみ「うん」と思いっきりうなずく新見。薫ちゃんかわいい!やっぱり若いって良いよね。

「古代、さっき、中原中也の詩を口ずさんでいた友達がいると言ったろ。あれは、古代守だ」システム衛星のコントロール室のような場所に先に入った真田。突然扉が閉まり古代と雪は残されます。コントロール室から真田副長は扉をロックして二人が中に入れないようにします。システム再起動時に大量の中性子が放出される、古代や雪のいる区画はシールドされているから安全だということが真田副長から語られます。しかし真田副長のいるコントロール室は?「そっちはどうなんです?シールドされているんですか、されてるんですよね?何やってんだ、あんたは!」真田副長が身を賭してシステム衛星を起動させようとするのを止めさせようと扉を叩く古代に、中原中也の詩を口ずさんでいたのが兄の守るだと語る真田。

「詩と数式だな、俺たちは。道は違ってもこの世界を守りたい。その気持ちは同じって事さ」ガミラスの侵攻で真っ黒に曇った空の下で今後の進む道を語り合う二人。古代守の好きだった詩のように、汚れた空に小雪が舞い散ります。

「親友だっていうのに、俺は・・・俺は、ネ号作戦が陽動だって事を、艦隊が囮だったって事を、あいつに告げられなかった・・・」-10ヶ月前 富士宇宙港地下ドック-艦長服に白いマフラー、守さんカッコよすぎる。そしてドックには出発を待つゆきかぜが。第1話での勇壮たる最期のシーンが思い出されます。作戦本部の制服を着た真田が本を返しにやって来ますが、ここでは古代守が新見薫と別れたということがさらりと語られます。まぁ男同士なんでそういった話はさらりと終わっちゃうもんですが、薫さん、守の方と付き合ってたんですか!どんな付き合いをしていたのか、そっちの方が気になるわ。「やるよ。いや、お前に持っていて欲しい」とにこやかに言う古代守。これが今生の別れになるわけですね!地上に並んだ地球艦隊。あかつきに一隻、一隻と飛翔していきます。「銀河航路」(BGM版の少しスローで物悲しい方)がバックに流れ、艦隊が旅立っていくシーン。今回はこのシーンでお腹いっぱいです。「陽動であることは極秘だった。親友に事実を告げる勇気もなく、ただ、命令には忠実に。俺はそういう男だ」まぁ軍機なら仕方ないというところもあるんでしょうが・・・確かに十中八九はけって来れないであろう死地に赴く親友を前にして忸怩たるものがあったのでしょう。今度は自分が命を賭する番だと・・・

「真田さん、俺は、俺は兄が詩を好きだったなんて知りませんでした。・・真田さん、兄はどんなことに笑ったんですか?どんなことに悲しんだんですか・・・真田さーん!」必死にシステムの起動を止めさせようと扉を叩く古代。扉のロックを外から解除しようとする雪。でも・・・なにか変。普通さ、制御室の方を中性子からシールドするように造らね?古代や雪のいるところはどう見ても通路っぽいし、何で真田さんのいるところだけシールドされてないの?逆じゃね?とどうでもいい事に思考を取られてしまいました。せっかく古代守の過去話なんか出てきて盛り上がってるところ野暮ですが。起動されるシステム。復活する亜空間ゲート。しかし真田副長の安否は?何とかロックを解除した雪。中に入ると・・・制御室には池(?)があって、中性子は水を通りにくいんだ、とその池の中にもぐって危険を回避していたというオチに腰が抜けたわ。なんだろこのシステムを開発した種族の人たちもシステム起動した後に池に飛び込んだのだろうか。そのためにわざわざ制御室の周囲に水が張ってあるのか・・・なんか笑えてきた。

結局艦長がイスカンダル人がヤマト内にいて、それは乗組員ではなく自動航法室で眠っている、という秘密が打ち明けられて、森=ユリーシャ?説は否定されて一件落着。しかし時折岬百合亜に憑依するユリーシャの思念についてはもうちょっと後を引きそう。まぁ今回は久しぶりに地球艦隊の艦船が見れたのが良かったかな。

なんと今回は久しぶりに予告あり!?次回予告拡大1時間SP!?ドメル司令が戦線に復帰!?やったぁ「彼らは来る。必ず七色星団を突き進んでくる」「本艦は七色星団を抜けイスカンダルを目指す」「目標七色星団!全艦発進せよ!」ドメル艦隊VSヤマトの第2ラウンド!待ってました。そしてデスラーはどうやって生きていたのか?「テロンの諸君、見てくれるだろうね」見ますとも、もちろん!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
↑励みにしたいです。少しでもよいと思ってくださったらクリックしてくださいね。

宇宙戦艦ヤマト2199公式設定資料集<Earth>
宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 6 [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト2199 6 [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 5 [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト2199 5 [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト2199 4 [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 3 [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト2199 3 [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 2 [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト2199 (2) [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 1 [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.1
宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Vol.2
1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット1 (宇宙戦艦ヤマト2199)
1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット2 (宇宙戦艦ヤマト2199)
1/1000 ガミラス艦セット1 (宇宙戦艦ヤマト2199)
1/1000 ガミラス艦セット2 (宇宙戦艦ヤマト2199)
1/72 零式52型 空間艦上戦闘機 コスモゼロ アルファ1 [古代機] (宇宙戦艦ヤマト2199)
1/1000 宇宙戦艦ヤマト2199 (宇宙戦艦ヤマト2199)
1/1000 ボルメリア級強襲航宙母艦 (宇宙戦艦ヤマト2199)

|

« アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第16話 「未来への選択」 感想 | トップページ | アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第18話 「昏き光を越えて」 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト2199」カテゴリの記事

コメント

通りすがりでこちらに来ました。
感想ではなく、台本を文字起こししただけのあらすじですね。
放送で見たままを丸写しでテキスト化されても、1回見たものをまたわざわざ文字で見る気にはなれません。
あなたの労力の割にあまりに実りが少ないのでは‥と思いました。
いくつかにポイントを絞って、もっと噛み砕いた自分なりの言葉で感想を書いてみてはいかがでしょう?
そうしたらもっと読んで見たくなると思います。
いきなり色々と失礼しました。

ヤマト2199もいよいよ佳境に入りました。
結末がどうなるのか楽しみですね。

投稿: かず | 2013年7月30日 (火) 16時52分

> 何で真田さんのいるところだけシールドされてないの?逆じゃね?

解答。古代宇宙人はM

投稿: ふじき78 | 2013年8月 2日 (金) 19時32分

かず様コメントありがとうございます。

多分に自己満足のブログです。しかしかず様のおっしゃるとおり、まがりなりにも多少は他の人にも見てもらおうとアップしているわけですからね…もっと自分の考えを文章に表現できるように努力します。

投稿: くまっこ | 2013年8月 4日 (日) 12時10分

ふじき78様コメントありがとうございます。

>解答。古代宇宙人はM

笑ってしまいました。
古代人はゲートを再起動するたびに中性子を浴びて悶え喜ぶわけですね!

投稿: くまっこ | 2013年8月 4日 (日) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/52646716

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話 「記憶の森から」 感想:

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話 感想 「記憶の森から」 [ひそか日記]
※次回(8/4)の放送は1時間スペシャルで第18話・第19話を連続放送です。 連続して見れるのは楽しいけど,感想を書くのは大変そう(汗) 録画修正を要する方は速やかな対応が必要のようです。 作中引用されたのは中原中也の詞 「汚れちまった悲しみに…」 これを今の日本に当てはめるならば,「汚(けが)されちまった(歴史認識に対する)悲しみに」? ... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 01時39分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話 「記憶の森から」 [北十字星]
YRAラジオヤマト Vol.1(2012/11/21)No Operating System商品詳細を見る デスラー総統暗殺の濡れ衣をきせられたドメル将軍。 しかも妻にエリーサは、反政府側に加わったとして収監。 これは...... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 05時59分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 #17 [日々の記録]
ヤマトが亜空間ゲートを利用して、航路の短縮を目指すお話でした。ヤマトをあと一歩まで追い詰めたドメル将軍でしたが、ガミラス本星で彼を待っていたのは、デスラー総統暗 [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 10時14分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話 [ぷち丸くんの日常日記]
古代(CV:小野大輔)たちがビーメラ4から持ち帰ったイスカンダルの情報によって、航行の遅れを取り戻すことが出来そうな感じです。 薫(CV:久川綾)は、佐渡先生(CV:千葉繁)から手当てをしてもらいながら...... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 14時50分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話を見てみた  [四十路男の失敗日記]
先週、古代くんたちが持ち帰った「美味しい情報」というのが、一気に3万光年ワープできる 元ガミラスさんが管理していた亜空間ゲートということですか。 直接そこへ出向いて、コンピュータを弄らないといけないという面倒臭さ。 全然美味しくないじゃん… 真田さん、古代...... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 18時18分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話を見てみた  [四十路男の失敗日記]
先週、古代くんたちが持ち帰った「美味しい情報」というのが、一気に3万光年ワープできる 元ガミラスさんが管理していた亜空間ゲートということですか。 直接そこへ出向いて、コンピュータを弄らないといけないという面倒臭さ。 全然美味しくないじゃん… 真田さん、古代...... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 18時19分

» 『宇宙戦艦ヤマト2199』 第17話「記憶の森」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:漫画/アニメ nbsp;ビーメラ4から持ち帰ったメカには、亜空間ゲートの情報が。これで制御衛星からゲートを起動すれば3万光年の航行を短縮できると判明。そのころガミラス星では、ドメルが逮捕され、軍事裁判に。ドメルの妻のエリーセも反政府運動容疑で逮捕され、流刑地へ輸送されていきます。それを見守るメルダは、どうするのか?ドメルへの判決は死刑と決定。これを大笑いで喜ぶゼーリックは、バラン星に向け出航。真田と古代、そして森はゲート制御衛星へ。そこはガミラスよりも古い文明が作った基地... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 19時07分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 第17話「記憶の森から」 [空 と 夏 の 間 ...]
ビーメラー4で得たデータから亜空間ゲートの場所が判明。 これを使用することで一気にヤマトは行程を縮めることが可能。 真田や古代たちは、ゲートを管理する衛星へと向かう…。 一方、ガミラス帝星に召...... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 22時37分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(7/28)#17 [ぬる~くまったりと]
第17話 記憶の森 ビーメラ4から古代が持ち帰った情報に亜空間ゲートの 存在が含まれていた。管理者はガミラス、制御衛星からゲートを起動すれば 3万光年は航行を短縮できる。 ドメルが逮捕され、裁判が始まった。デスラー総統のバラン星への出撃を知るのはディッツ提督と ドメル大将だけだった。妻のエリーセも反政府運動に参加した容疑で逮捕されていた。輸送されるエリーセたちを見守るメルダ。判決は死刑と決定する。ドメルの死刑判決を喜ぶゼーリック、バラン星に向けて出撃する。 真田、古代、森がゲート制御衛星に向かう。ガ... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 22時41分

» ヤマト2199第十七回 [ふじき78の死屍累々映画日記]
感想やら連想やら妄想やら。 ・TV放映第十七話。ゲートに行って昔話に花を咲かせましょう回。 ・オープニングは相変わらずのバカ騒ぎ。  これが最後まで続くのかなあ。 ・ ... [続きを読む]

受信: 2013年8月 2日 (金) 19時40分

» 勝手に一人で不幸になっている(進撃の巨人とかワタモテとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【戦姫絶唱シンフォギアG 第4話】フィーネの名を継いだマリアさんとの対決と、クリスさんの学園祭の巻。前半の戦闘シーンは翼さんなどの身体さばき描写(攻撃を受けて態勢を立て ... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 01時57分

» 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(7/28)#17 [ぬる~くまったりと]
第17話 記憶の森 ビーメラ4から古代が持ち帰った情報に亜空間ゲートの 存在が含まれていた。管理者はガミラス、制御衛星からゲートを起動すれば 3万光年は航行を短縮できる。 ドメルが逮捕され、裁判が始まった。デスラー総統のバラン星への出撃を知るのはディッツ提督と ドメル大将だけだった。妻のエリーセも反政府運動に参加した容疑で逮捕されていた。輸送されるエリーセたちを見守るメルダ。判決は死刑と決定する。ドメルの死刑判決を喜ぶゼーリック、バラン星に向けて出撃する。 真田、古代、森がゲート制御衛星に向かう。ガ... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 14時23分

« アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第16話 「未来への選択」 感想 | トップページ | アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第18話 「昏き光を越えて」 感想 »