« アニメ ソードアート・オンライン 第7話「心の温度」 | トップページ | アニメ ソードアート・オンライン 第8話「黒と白の剣舞」 »

文庫 ソードアート・オンライン2アインクラッド アニメと比べて感想

SAOのアニメを毎週楽しみにしているこの頃ですが、このアニメ化に原作既読の方には話を端折っているとか、アニメがあまりよくないという意見もちらほら見かけます。そういわれると原作とどう違うのか、やっぱり気になりますね。というわけでアニメでもう終わってそうな巻を読んでみようと思いました。(内容上もちろんネタバレになります。)

まずアインクラッド編って1巻で終わっているんですね?2巻をぱらぱらめくっていると短編集のようで「黒の剣士」「心の温度」「朝霧の少女」「赤鼻のトナカイ」の4編が掲載。3編は既にアニメのサブタイトルでありますから思わず購入してしまいました。

原作で面白いのはアニメではよくわからないゲームの特性などの描写が細かくされているところ。たとえば風景とかすべてを精細に描画するとデーターが莫大すぎてSAOのメインフレームでも処理できないから人が見たところだけ焦点が合って精細に描画される、といったような。また絵にしちゃうと漠然としか分かりませんがパーティーの構成とか戦術、武器の種類とかのオンラインゲームに対する描写もしっかりしていますので結構読み物として面白かったです。

「黒の剣士」これは原作読んで、アニメも決して悪くない、むしろアニではシリカの可愛さが十二分に描かれていて、特に悪くないと思いました。尺もちょうど1話で十分ではないでしょうか。若干差異がありアニメではシリカの部屋にキリトが訊ねていきましたが原作ではシリカがキリトの部屋へ。シリカはそのままキリトの部屋のベットで寝てしまうという描写がありキリトって登場した女性と必ず一夜を共にするんだ、と変な感心をしてしまいました。

「心の温度」アニメでは勝てない小説の得意技は心理描写。小説ではリズベットの一人称で記述されている為よりリズの心の内面の動きが分かります。アニメだといきなりキリトにほれ込んでいきなり玉砕か、と突っ込みたくなりますが(アニメでもそれなりにリズがこの世界でいかに不安定な気持ちで生きてきたか多少は語られていますが)セリフとして語られるのと一人称で内面の気持ちとして記述されるのではやはり後者の方が切実に感じられるかな。でもドラゴンに吹き飛ばされ空中で「キリトのこと好きー」のシーンは映像のほうがやっぱりインパクトあります。しかしこのストーリー、原作未読でアニメを楽しもうと思っていた私にとって結構ネタバレでちょっと失敗しました。キリトが何故今自分が持っている剣と同等以上の剣を求めたのかの一端に触れてるし、しかも後日談までついていて、そこで最大級のネタバレが二つもされていて・・・油断してたよ・・・

「朝霧の少女」もちろんまだ読んでません。物語の日付が2024年の10月なのでもう少し先かな?アニメでやってから読みます。

「赤鼻のトナカイ」4つのストーリーの中で一番ページ数少ないんですよね。それなのにアニメ見て1話では短くね?と思ったのがこの物語。キリトがパーティーを全滅させるという罪の意識を背負う回だけにさらっと終わってしまった気がしたのですが。これはアニメではいきなり3話に持ってきたからでしょうね(時系列に並べるとそうせざるをえないのでしょうが)。でも小説ではこの物語が2巻の一番最後に置かれ、他の物語でも過去にパーティーを全滅させたことがあるという記述がたびたび出てくるので、あの短さでも十分成り立つんですね。しかもキリトがクリスマスボスを倒す為に無茶なレベル上げをしているところから始まって、その目的が徐々に掘り下げられていくという構成なのでアニメのような最初から順番に描くよりも物語に引き込まれてきます。さらにクラインが結構キリトの事を心配して、そのキリトとのやり取りの描写がしっかりしているんですよ。アニメでもなんとなく雰囲気は伝わりますが、原作ではかなりクラインとキリト会話しています。これは確かに原作既読者がアニメ見ると物足りなく思うかも。アニメでもこの物語だけはもう少し回が進んでから回想という形で入れたほうがよかったかも・・・

オンラインゲームを知り尽くしている(んですよね?)作者が書いているだけにアインクラッドの世界が重厚感たっぷりに描写され小説としても十分面白かったです。あと「圏内事件」が8巻に掲載されているのも見つけましたが、これはアニメ終わるまで買わないことにします。アニメで終わったとこなら大丈夫と思っていたのに「心の温度」みたいに後日談がちらりと描かれたししたら少し悲しいし。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
↑よかったらクリックしてくださいね。

crossing field【期間生産限定盤】
ユメセカイ(期間生産限定アニメ盤)
INNOCENCE(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
Overfly(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
ソードアート・オンライン 6(完全生産限定版) [Blu-ray]
ソードアート・オンライン 6(完全生産限定版) [DVD]
ソードアート・オンライン 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
ソードアート・オンライン 5(完全生産限定版) [DVD]
ソードアート・オンライン 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
ソードアート・オンライン 4(完全生産限定版) [DVD]
ソードアート・オンライン 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
ソードアート・オンライン 3(完全生産限定版) [DVD]
ソードアート・オンライン 2(完全生産限定版)(Blu-ray Disc)
ソードアート・オンライン 2(完全生産限定版) [DVD]
ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [DVD]
ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)
ソードアート・オンライン (9) アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ (電撃文庫)
ソードアート・オンライン(6) ファントム・バレット (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・バレット (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

|

« アニメ ソードアート・オンライン 第7話「心の温度」 | トップページ | アニメ ソードアート・オンライン 第8話「黒と白の剣舞」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ソードアート・オンライン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント


私もシリカ回は綺麗にまとまっていて良かったと思います(何様w

やっぱり原作はアニメ終わってからがいいと思いますね

キリトが二本目の剣を手に入れたのは次の回の伏線ですからねー

投稿: アーサー | 2012年8月25日 (土) 01時25分

アーサー様またまたコメントありがとうございます!

おっしゃるとおりで「圏内事件」も含めてもう原作はアニメ終わるまで読まない!と決意しました。

まぁでも、原作も確かに面白く、この原作だからアニメも面白いんだ、というのが分かってよかったです。

投稿: くまっこ | 2012年8月25日 (土) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/46794234

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫 ソードアート・オンライン2アインクラッド アニメと比べて感想:

« アニメ ソードアート・オンライン 第7話「心の温度」 | トップページ | アニメ ソードアート・オンライン 第8話「黒と白の剣舞」 »