« アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第14話「未遠川血戦」 感想 | トップページ | とりあえず第1話見て感想 エウレカセブンAO「ボーン・スリッピー」 »

映画 「宇宙戦艦ヤマト2199」感想 (多少ネタバレあり)

冒頭の艦隊戦はやっぱり泣けました。ヤマトが抜錨するところでまた泣けてきました。小さい時に刷り込まれたイメージって怖いですね。あまりよくは知りませんが大まかなお話の流れはほとんど同じなんでしょうけどね。

視聴場所は大阪、なんばパークスシネマで午後の回視聴です。日曜日だから混むかな、と思いましたが意外と空いていました。まぁ熱烈なファンは土曜に既に観に行っているか。

お話は旧作の1話から2話あたりとの事でほぼ旧作と同じ展開ではないでしょうか。明らかにヤマトに女性は雪一人はおかしいだろう、と女性キャラが増えていたり、、サーシャ以前に既に別の使者が来ていたり(そうでないと波動エンジンいつの間に造ったんだって事になりますし)、と物語の整合性の為の変更が加えられていますが、それは些細なこと。

既に土方さんや山南さんが出てきたり、とこの辺は私は嬉しかったですけどね。声優さんは総入れ替えですが、もう”ヤマト”自体が主人公ですから私はそれほど気になりませんでした。いやそういったことも些細なことです。現代にあわせて登場人物の階級が自衛隊風に設定されていたり、とそれも些細なことです。

冒頭の地球艦隊が列を成し冥王星宙域でガミラス艦隊を迎え撃つときの悲壮感!地球艦隊がリファインされて凄くカッコいいです。沖田艦は戦艦「きりしま」っていう名前だったのか。沖田が率いる第一艦隊、しかしガミラス艦隊(これまたカッコいい)は攻撃射程も長く、装甲も硬く、悲壮的な戦いを強いられる。もうこれだけで泣ける!古代守が撤退を拒否する理由はこれも現代風に少し変わってますが、死地に赴く古代守、一艦だけで帰途につく沖田艦。これだけで涙ぐんでしまうんです。(再放送世代で、リアルタイムでは見たことはありませんが、それでも子供の心に楽しみしてに見ていました)

いきなりの地球艦隊の壊滅、そして沖田艦一艦がたどりついた地球は学校で習った蒼い地球ではなく、荒れ果てた荒野をイメージさせられる真っ赤な地球というショッキングな姿。まだアニメが子供向けとして作られていた時代によくこんな重いの創ったな、と感慨深いです。冒頭での感情を強く揺さぶる悲劇性をいきなり持ってきて、宇宙の彼方から謎の美女の到来、そしてそれまでのアニメではなかったであろう現実の戦艦を模したリアルな(それまでのアニメのメカに較べてという意味で)主役メカ登場、とヒット作品のツボは確実に抑えられていて、改めてオリジナルの凄さが思い知らされました。

そして夕焼けをバックにかっての海底が干上がった荒廃した大地に埋まっている沈没戦艦ヤマト、このイメージは子供のことに脳内に焼き付けられたのかその姿を見るだけで泣けてしまいます。そして故・宮川泰氏の作曲された哀愁漂うあの音楽が流れるだけで涙腺が、涙腺がー

ヤマト知らない人が見たら、何で艦名が全部日本名なの、とか日本人ばかりなの、とか突っ込みどころ満載かもしれません。ヤマトに興味はあるけど旧作は昔のアニメすぎて作画自体についていけないという人にはこの作品で入るのはいいかも。キャラも現代風のデザインになってることだし、声優さんも今人気の若手声優さんが出ているし。でも旧作の根底にある熱いものは十分引き継がれているのではないかなぁ、と思います。

お奨め度3.5点(5点満点で)1時間程度でヤマトが発進するところまでなので(入場料は1,000円ですが)、映画としてはこれくらいでは。

悲壮な戦いに赴く地球艦隊の雄姿とヤマト抜錨、で泣ける私には5点でしたが。

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村 よかったらクリックしてね

宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [DVD]
宇宙戦艦ヤマト2199 (2) [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト2199 (2) [DVD]
宇宙戦艦ヤマト TV BD-BOX 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray]

|

« アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第14話「未遠川血戦」 感想 | トップページ | とりあえず第1話見て感想 エウレカセブンAO「ボーン・スリッピー」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト2199」カテゴリの記事

日本映画」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/44805168

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「宇宙戦艦ヤマト2199」感想 (多少ネタバレあり):

» ▼記事▼:『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章先行配信(冒頭10分)がかなり良かった。 [こいさんの放送中アニメの感想]
バンダイチャンネルとひかりTVで配信中。・公式サイト>配信・バンダイチャンネル>宇宙戦艦ヤマト2199・ひかりTV>宇宙戦艦ヤマト2199 リメイクなんて・・・。って聖闘士星矢の時も同じ事言ってましたね。そんな訳で実写「宇宙戦艦ヤマト」、アニメ「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」もスルー。この「宇宙戦艦ヤマト2199」も当初ノーマークでした。 ところが冒頭10分を先行配信というガンダムUC商法に釣られて見た所、これ、良いかもしんない。そう思ってしまいました。 絵と現在では変に見える所を中心に直す... [続きを読む]

受信: 2012年4月 9日 (月) 18時05分

« アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第14話「未遠川血戦」 感想 | トップページ | とりあえず第1話見て感想 エウレカセブンAO「ボーン・スリッピー」 »