« アニメ ぬらりひょんの孫~千年魔京~ 第14話「絶対に遭遇してはならない妖怪」 | トップページ | アニメ ペルソナ4 第2話「The Contractor's Key」 感想 »

PS3ゲーム「エースコンバット アサルト・ホライゾン」 感想

PS3を購入してやっと3本目のゲームとしてエースコンバットを購入。アクションゲーム音痴の感想です。エースコンバットは初代PSでの初代エースコンバットしかやった事がありません。

エースコンバット アサルト・ホライゾン

とりあえず空母が出てくる辺りまでやりました。アクションゲーム音痴なのでEASYにしてプレイです。マクロスとか雪風とか空戦物アニメ好きが空戦感覚を味わいたいというよこしまな(?)気持ちで購入。PS3でこういうフライト系ゲーム少ないので待っていたんですよ。

初代PSからPS2を経験せずに長いゲームブランクを経てのPS3ですからグラフィックとかはもう凄いとしか感じません。まず画像はすごくリアルですごいなぁと思いました。

敵がTGT(雑魚)とTGT_LEAD(強い敵)と2種類あるようでTGT_LEADだと通常攻撃だとほとんどミサイルが当たらない(私が下手だからかもしれませんが)?!敵を射程に収めるとやたらとドッグファイトモード(以下DFM)のボタン操作を勧めてきます。じつは体験版で少しはやっていたのですが、全編においてDFM使わないと駄目みたいですね。これするとある程度勝手に敵を捕捉し続けてくれるのですが・・・

自分で操縦している気分があまり味わえないんですよね。DFMで敵を追い続けている間にビルの谷間に誘い込まれて敵を倒し終わったら廻りはビルだらけでもうパニック!しかも次の瞬間壁にぶち当たり墜落と思ったのに助かっていたりとか、この辺がよくわかりませんでした。この辺はまだこのゲームのシステムに慣れていないからかもしれません。

あとポイントになる敵を倒す時に撃墜シーンのムービーに切り替わるのは私的にはすごい中断感があって少しストレスを感じました。敵を至近距離で撃破したとき、キャノピーにかかるオイルようなものは最近のFPSとかの影響でしょうか?FPSとかやらないし、空戦でそんなにオイルとかかかるのだろうか?という少し疑問な演出。

で、いろいろな種類の戦闘機をブンブン振りまわすゲームだと思っていたら、ヘリやガンシップのガンナーをさせられたり、攻撃ヘリの操縦まであってエースコンバットってもう戦闘機パイロットゲームじゃないのね、というのが率直な感想。しかも攻撃ヘリは意外と操作がわかりやすくて今のところ戦闘機より面白かったりして・・・

と、いうわけでプレイ初日の感想です。早くエースになって自分の思っているように戦闘機が振り回せるようになりたいなぁ。まぁアクションゲームの上手な人もっと楽しめるのでしょうけど。

総合評価3点(5点満点)まだ最初のほうしかやっていないのでこれからきっと面白くなるよという期待で4点といったところでどうでしょ。

追記:寮機のガッツからの無線がすごくストレスでした。

知ってるか?

ガッツは3つに分けられる。

無駄口をたたく奴、

役に立たない奴、

空気を読めない奴、

この3つだ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
↑よかったらクリックしてくださいね。(・・・アニメ感想のバナーだけど)

エースコンバット アサルト・ホライゾン エースコンバット アサルト・ホライゾン

販売元:バンダイナムコゲームス
発売日:2011/10/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エースコンバット アサルト・ホライゾン エースコンバット アサルト・ホライゾン

販売元:バンダイナムコゲームス
発売日:2011/10/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アニメ ぬらりひょんの孫~千年魔京~ 第14話「絶対に遭遇してはならない妖怪」 | トップページ | アニメ ペルソナ4 第2話「The Contractor's Key」 感想 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/42498711

この記事へのトラックバック一覧です: PS3ゲーム「エースコンバット アサルト・ホライゾン」 感想:

« アニメ ぬらりひょんの孫~千年魔京~ 第14話「絶対に遭遇してはならない妖怪」 | トップページ | アニメ ペルソナ4 第2話「The Contractor's Key」 感想 »