« アニメ ぬらりひょんの孫 感想 (第22話「闇と氷」を見て) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」 感想 »

映画 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」感想

意外と面白い!という感想です。そしてこのアニメをこういう映画にしてしまう山崎貴監督の力量のすごさをあらためて感じさせられました。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK

お話的には一番最初のガミラス侵攻のシリーズ第1作目に「さらば宇宙戦艦ヤマト」のエッセンスを加えたようなお話。もう1週間もたったからなのか、平日の朝の回だったからなのか、お客さんはまばらでした。

長いシリーズ物のアニメ作品であるヤマトを2時間の映画にするに当たって、そしてヤマトが最初に放映された当時と時代も変わっている中、切り捨てなければならない部分、変更しなければならない部分というものは出てきますよね。今回では、敵戦艦のデザインも有機的なデザインになり、数名の人物は女性に置き換えられていたり、更に森雪がファイターパイロットであったり。結構変更点が多いのにこれだけ楽しめたのは、切捨て方のうまさと残したものの選択のバランス感覚とその再構築のうまさ。あらためてこの監督はすごいなと思いました。

音楽もまずこの曲は絶対外せないのですが、故宮川泰大先生の「宇宙戦艦ヤマト」「無限に広がる大宇宙」のテーマをベースに作曲されているらしく、ヤマトの世界観を潰さない良い出来です。そういった意味では音楽の佐藤直紀さんはグッドジョブです!

冒頭の駆逐艦ゆきかぜ艦長、古代守(堤真一)が身を挺して沖田艦を逃がす冒頭ののっけから涙ぐんでしまいました。古代進(木村拓哉)に部下を犠牲にして恥ずかしくないのか、と問い詰められる沖田十三艦長(山﨑努)に生き残る仕事もあると苦く答えるシーンなど見ていて身が震えるのです。

ヤマトが地面割り進宙するシーン、敵ガミラス艦をギリギリのところで波動砲(時間の都合上か、いきなり撃っちゃいます)で撃沈し、その噴煙のなかからヤマトのテーマにのって姿を現わすシーンでまた涙してしまいました。

ちなみに森雪(黒木メイサ)がブラックタイガー隊のパイロットになって、木村拓哉演じる古代進との関係は月9ドラマな感じです。最初は反目しあっているが心の中で実は惹かれあっている、っていう感じでこの辺はキムタクファンに向けたつくりなんでしょうか。

敵のデザインやヤマトの機関部のデザインなどは大幅に変わりましたが、ポイントポイントで、これは入れてくれてありがとう、ていうアニメ版ヤマトのモチーフが気持ちいいくらい私のつぼにはまりました。

あと大体よかったところは・・・

   真田さんを演じた柳葉敏郎の声が意外とアニメ版の真田さんと比べて遜色がない。

   山﨑努演じる沖田艦長が意外と渋くていい味出してる。藤堂平九郎役の橋爪功が意外に似てる!

   遊星爆弾はアニメのデザインに合わせてくれている。

   波動砲を撃つときのピストンみたいな奴が動くところはそのまま再現。

   地球からの通信圏を離脱する前にクルーに1分間だけ地球に残す家族とテレビ電話する時間があたえられるエピソードがチョイスされているところ。

   第3艦橋が相変わらずのあつかいを受けるところ。

   シチュエーションは違うが波動砲が塞がれるところ。

   トランスフォーマーみたいだけどそれでもアナライザーが登場!しかも声まで同じ(緒方賢一)。

   ナレーションの声がささきいさお。

   上田みゆきや伊武雅刀も声で出演!

   日本映画にしてはVFXがすばらしい。(山崎監督スイマセンsweat01監督がすごいVFX作家だって事は知っています。)

あの「ヤマト」をよく二時間の実写映画にまとめたなと感じ、しかも映画の文法に乗っ取った物語の展開をしてくれるので、非常に見やすいのですよね。これならヤマト知らないキムタクファンでも普通に見れるのではないでしょうか。逆にコアなヤマトファンには少し物足りないかな・・・物語展開や、敵の設定が若干ハリウッド映画ぽいのも少し気になる方も居るかもしれません。コックピットのシーンとかスターウォーズっぽいし。

お奨め度4点(5点満点)。ヤマトのテーマ曲を聴くと体が熱くなる人は5点といったところでどうっすか。とりあえずいつぞやの復活篇よりかはずっと良いと思います。

<STAFF>
監督・VFX   山崎 貴
原作   西﨑義展
脚本   佐藤嗣麻子
音楽   佐藤直紀

<CAST>
古代 進   木村拓哉
森  雪   黒木メイサ
真田志郎   柳葉敏郎
島 大介   緒形直人
古代 守   堤 真一
佐渡先生   高島礼子
藤堂平九郎   橋爪 功
徳川彦左衛門   西田敏行
斉藤 始   池内博之
相原   マイコ
南部康雄   矢柴俊博
加藤   波岡一喜
山本   斉藤 工
古屋   三浦貴大
沖田十三   山﨑 努

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村 よかったらクリックしてね

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK

アーティスト:サントラ
販売元:カナメイシレコード
発売日:2010/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

LOVE LIVES LOVE LIVES

アーティスト:スティーヴン・タイラー
販売元:SMJ
発売日:2010/11/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD] EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

EMOTION the Best さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち [DVD] EMOTION the Best さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1/500 宇宙戦艦ヤマト (宇宙戦艦ヤマト) 1/500 宇宙戦艦ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)

販売元:バンダイ
発売日:2010/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オリジナルBGMコレクション 宇宙戦艦ヤマト Part1 オリジナルBGMコレクション 宇宙戦艦ヤマト Part1

アーティスト:TVサントラ
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2005/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アニメ ぬらりひょんの孫 感想 (第22話「闇と氷」を見て) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日本映画」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

観ました。賛辞を惜しみません。

申し訳ないけど期待してませんでした(どちらかといえばアンチ ジャニーズ派なので)。
ごめんなさい。素晴らしい。もう一度映画館に行って観たい。(沈む前に退艦しましたが祖父がリアル大和に乗ってました昨日映像を見ながら思い出し誇りに感じました)

リアルタイムで 宇宙船艦ヤマト 見てた世代として 満足です。21世紀のヤマトでした。ジャニーズ映画などではありません。主演の木村拓也さんや脇を固める方々の熱い思いが伝わってきました。非常に満足。見ていて段々面白くなる映画ってありますが…これは冒頭から面白い。胸が熱くなり涙が出ました。

最後に。何で古代 進がキムタクなんだよっていう奴。

キムタクの古代 進を観にいけよ!!!     

投稿: | 2010年12月10日 (金) 10時49分

はじめまして。遅ればせながら本日観てきました。そしてくまさん様と全く同じ感想を持ちましたので、思わずコメントさせていただきました。
音楽といい、きっちりとポイントを押さえたシーンの再現といい、本当に何度も胸が熱くなり、涙してしまいました。
監督以下、スタッフの皆さんのヤマトに対する情熱がしっかりと感じ取られました。
そしてオリジナルアニメとは一味違ったラストにも非常に好感が持てたと同時に、黒木メイサさんにも好感が持てました。
なにより、「さらば・・・」で終わってしまった(私的にはですが)ヤマトが何年もの時を経て今年2回も新たなヤマトを観れた事は非常にありがたいと思います。
以上、突然おじゃまして、だらだらと書き連ねてしまい、申し訳ありませんでした。

投稿: 山本 明(本名です) | 2010年12月20日 (月) 13時39分

おじゃまします^^
先日、観てきました!
リアルヤマト世代です。

個人的には、池内さん演じる、斎藤がかっこよくてシビレました~

投稿: みょん | 2010年12月20日 (月) 14時58分

[投稿者なし]様、コメントありがとうございます。私もジャニーズにはあまり興味を持っていませんが、キムタクの古代はこれはこれでアリだなと思いました。
ヤマト世代なら冒頭から胸が熱くなりますよね、私も観て予想以上に満足できて嬉しかったです。

投稿: くまっこ | 2010年12月20日 (月) 16時36分

山本 明様、コメントありがとうございます。
そうなんですよね、監督やスタッフの情熱、ホント感じます。監督が引き受ける前はまったくのオリジナルで話が進んでいたそうですが、みんなが見たいヤマトはこれだ、って監督以下スタッフがこだわったというのがひしひしと伝わってくるんですよね。
それにしてもヤマトのテーマ曲はヤマト世代の魂に染み込んでいますね、新しい形ではありますが私もまたヤマトが見れてありがたく思っている1人です。

投稿: くまっこ | 2010年12月20日 (月) 16時47分

みょん様、コメントありがとうございます。

斉藤もかっこよかったですね。彼のラストはアニメ版でも泣けましたが、今回もやっぱり泣けました。アニメ版のような泥臭さを薄めて現代風のキャラになっていたのが逆に感情移入しやすかったですね。池内さんグッドジョブでした!

投稿: くまっこ | 2010年12月20日 (月) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/38015266

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」感想:

» 劇場鑑賞「SPACEBATTLESHIPヤマト」 [日々“是”精進!]
「SPACEBATTLESHIPヤマト」を鑑賞してきました国民的アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」を豪華スタッフ・キャストで実写映画化したSFアドベンチャー。22世紀末、正体不明の敵によって... [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 19時19分

» 映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(お薦め度★★★) [erabu]
監督・VFX、山崎貴。脚本、佐藤嗣麻子。原作、西崎義展。2010年日本。SF映画 [続きを読む]

受信: 2010年12月 9日 (木) 23時21分

» 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ヤマト、発進!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[宇宙戦艦ヤマト] ブログ村キーワード  プロジェクトの始動が発表されて以来、様々な方面で賛否の物議を醸してきた、あの名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の“キムタク版”…もとい、“実写版”が遂に完成、そして公開!「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝)。アニメ版「ヤマト」世代ど真ん中の吾輩、“ワクワク、ドキドキ、ビクビク?”“興味津々、怖いもん見たさ”『大丈夫なんかな~?』という、期待&不安&興奮(何せ1年前の「復活篇」では、ヒドイ目に遭いましたから…(>_<)、その他いろ~んな感情ごちゃ混... [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 14時09分

» SPACE BATTLESHIP ヤマト と ぷぁイオリズム [ハクナマタタ]
ヤマト予告を劇場でみて→「ヤマト実写版の予告が案外イケてた件 」 そう わたしは敬礼をみにきた 以下、観賞中の「ぷさんゲージ」のアップダウンをご覧ください その前に登場人物 GO引にMY CAPTAIN 沖田にが虫 君はキムのままでいて... [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 18時40分

» SPACE BATTLESHIP ヤマト と ぷぁイオリズム [ハクナマタタ]
ヤマト予告を劇場でみて→「ヤマト実写版の予告が案外イケてた件 」 そう わたしは敬礼をみにきた 以下、観賞中の「ぷさんゲージ」のアップダウンをご覧ください その前に登場人物 GO引にMY CAPTAIN 沖田にが虫 君はキムのままでいて... [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 18時40分

» 「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」ヤマト発進! [soramove]
「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」★★★☆ 木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、 堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努 出演 山崎貴 監督、129分、2010年12月1日公開、2010,日本,東宝 (原作:原題:宇宙戦艦ヤマト)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首位発進、公開5日間で5億を超え 最終的には50億ラインと大ヒットの幕... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 07時47分

» 映画:SPACE BATTLESHIP ヤマト [よしなしごと]
 観たいけどアニメ版のイメージが崩れるのがイヤだからと会えてみないという選択をする人も多いとか。でも僕はアニメ版は観ていないので、安心して観に行けます。と、思ったら、あまり評判良くないので、“安心して”はなかったけれど、観に行くことに。と言うわけで今回の記事はSPACE BATTLESHIP ヤマトです。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 2日 (日) 14時49分

» 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』 (2010) 監  督 :山崎貴キャスト :木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、堤真一、高島礼子、西田敏行、池内博之、橋爪功、マイコ、波岡一喜、矢柴俊博、三浦...... [続きを読む]

受信: 2011年2月23日 (水) 02時49分

» 別館の予備(感想123作目 SPACE BATTLESHIP ヤマト) [スポーツ瓦版]
1月29日 SPACE BATTLESHIP ヤマト(感想213作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/111487 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 13時21分

» SPACE BATTLESHIP ヤマト(感想213作目) [別館ヒガシ日記]
ヤマト実写はケーブルTVで鑑賞したけど [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 13時21分

« アニメ ぬらりひょんの孫 感想 (第22話「闇と氷」を見て) | トップページ | STAR DRIVER 輝きのタクト 第11話「サイバディの私的活用術」 感想 »