« 閃光のナイトレイド 第1話 「救出行」 感想 | トップページ | 閃光のナイトレイド 第2話 「回想のロンド」 感想 »

大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」

健気に武市を慕い、人斬りに身を落としていく以蔵、そして自分を慕う以蔵の気持ちを知りつつ自分の攘夷を実現するために以蔵の気持ちを利用する武市。暗殺して欲しい人物を「見過ごす事はできんのう」と呟きながら目で指示する武市とその視線を感じ取る以蔵の目の動きがたまりません!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

京にやってきた龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)の前に姿を現わします。兄から土佐勤王党には入ったが脱藩してしまって、もう昔の龍馬ではないと兄に聞かされていた加尾は一度は龍馬を退けますが、やはり龍馬を探しに京の町へ。加尾に会いたいから京都に会いに来たってはっきり言えちゃうのはやっぱり福山龍馬だからですよね。

土佐でもなかったという、1つの部屋に二人っきりのシチュエーション。そして二人は結ばれていくわけですが、このシーンとクロスして以蔵(佐藤健)の越後浪人本間精一郎の暗殺シーンが入るわけです。

以蔵が本間を暗殺したのは勤王党の面々は知らない様子。武市(大森南朋)は本間を殺した者に礼を言いたいと、以蔵だけに目配せして判るように、みなの前で言います。その一方で平井収二郎(宮迫博之)に、「以蔵は使える」と種明かし。ダークサイド武市の真骨頂です。巧妙に武市に利用されていく以蔵がもうかわいそうで、かわいそうで。

その後更に目明しの文吉の暗殺を果たした以蔵。襟巻きをして刀を立てかけて飲み屋で酒を飲む無頼な感じと、まだあどけなさをのこした表情のアンバランスさが、人斬りに手を染め始めたばかりの以蔵っぽさが感じられてグッドです!

龍馬の姿を見つけ駆け寄る以蔵。あわてて人違いを装う龍馬も面白いですが、武市や平井と違い昔の友人との再会に素直に喜び抱きつく以蔵がまたいいですね。こういうところが以蔵の純情さがにじみ出ていてよいです。その後加尾とも出会い京都で土佐の幼馴染3人の和気あいあいとした時間が訪れます。

以蔵の言葉を制する龍馬がカッコいいですね。懐かしい二人に出会った以蔵は、本間と目明し文吉が殺された事件は、と言いかけますが、龍馬はその先は言わん方がいいと以蔵を制します。そして、人として間違えた事をしてはいけない、人間なのだから考え方が違うのは当たり前だと、人それぞれ日本の事を考えて行動している、と以蔵を諭します。以蔵は二人のもとを去る際、久しぶりに楽しかったと加尾に語るのですが、それがこの先の展開を知っているだけに悲しいです。武市達の中では心のうちから人と話をすることが出来ないのでしょうね。以蔵の行為にたいして真っ向から否定するのではなく、優しく諭そうとする龍馬が凄く素敵です。

以蔵が人斬りに手を染めていっている事にどうしたらいいんじゃ、苦悶する龍馬。そんな龍馬に加尾は勝海舟(武田鉄也)の名前を出します。加尾さんは龍馬は自分と一緒になるよりももっとしないといけない事があると身を引いたようです。でも結局加尾が龍馬をふったんでしょうね。女性は現実的ですね。龍馬のような人物は自分だけの人なってくれるのは無理だと感じたのでしょう。

三条実美を動かし、天皇の勅使として江戸に下向させる事まで実現した武市。武市は三条実美の護衛として一緒に下向するまでに出世しました。その一行の中にはもちろん以蔵も。ダークサイド武市は以蔵に自分の側を歩くようにと指示。武市に呼ばれた以蔵、ますます武市に心酔していくのでしょうね。人斬りの道具としてしか見ていなさそうな武市の冷たい目とますます武市に心酔していく以蔵の健気さに今後も目が話せません。それにしても大森さんの武市はいい!こんな汚れ役なのに嫌いになれないのは大森さんの演技力のおかげでしょうね。

次回「勝麟太郎」。龍馬が維新志士としての活動を始めていく原点となる出会いなだけに楽しみな回ですね。佐那さんもまた登場のようで、モテモテ龍馬は佐那さん(貫地谷しほり)とどう対面するかも楽しみです。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑にほんブログ村 よかったらクリックしてくださいね!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2

アーティスト:佐藤直紀
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍心 龍心

アーティスト:いちむじん
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版 おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版

販売元:角川映画
発売日:2010/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝 II~SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER 龍馬伝 II~SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER

著者:【作】 福田 靖,【ノベライズ】 青木 邦子
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝〈1〉 龍馬伝〈1〉

著者:青木 邦子,福田 靖
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Elaborate figure vol.1 坂本龍馬 JTB九州限定版 (ノンスケールPVC塗装済み完成品) Elaborate figure vol.1 坂本龍馬 JTB九州限定版 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)

販売元:ダイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

坂本くん 坂本くん

販売元:クリアストーン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 閃光のナイトレイド 第1話 「救出行」 感想 | トップページ | 閃光のナイトレイド 第2話 「回想のロンド」 感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/34179984

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」:

» 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 ふたりの京 感想 [本家らう゛ろくた逃避中]
第15回 ふたりの京 はわ、「ねこ鍋」ならぬ「ねこ篭」!可愛い!!! 以蔵が人を斬っている間に、加尾と龍馬がとうとうという二種類の緊張感でもって、オチオチ横になってTV観てる状況じゃなくなりました。 演出力に負けたな。 その後の以蔵と加尾と龍馬、三人で過ごす時間..... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 00時43分

» 龍馬伝〜第15話 感想「ふたりの京」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
龍馬伝ですが、武市半平太(大森南朋)は若い藩主山内豊範を擁立して京都に入り、公卿・三条実美を動かし帝の叡慮の下に徳川将軍家を上洛させ攘夷を約束させようと画策します。土佐の下士だった武市の奇跡的な栄達には驚くばかりですが、いまや日本の天下国家を武市半平太が動かしているわけです。 一方、遅咲きの英雄・坂本龍馬(福山雅治)ですが、恋のため入京します。平井加尾(広末涼子)は武市たちのスパイとして在京しています。 岩崎弥太郎(香川照之)も土佐で低迷しており、武市の立身出世は目映いばかりですが、日本開闢以来... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 00時48分

» 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その15 [星の王子様の宝箱]
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日 [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 00時48分

» 【龍馬伝】第十五回 [見取り八段・実0段]
徳川将軍家を京に召し出し帝に攘夷を約束させる。武市は三条実美にそう進言し、事は実行に向けて動き出した。土佐の下士である武市が、ついに表に立つ日がやってきたのである。一方で、越後の本間精一郎と言う男が勤王党の手柄を自分の物だと吹聴していると言う噂が立つ。...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 00時53分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第15話 [またり、すばるくん。]
第15回「ふたりの京」 [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 00時55分

» 大河ドラマ 龍馬伝 15話 [お地蔵さまの寄り道]
第15話「ふたりの京」 切ない想いを込めた加尾の 「会いたかった。。龍馬さんに会いたかった。」 どんだけ、切なかったやろう。{/hiyo_uru/} 結ばれるべきやったのか? よけいに、切ない想いを抱き続けるのか? 私やったら、よけいに辛い。 別れる運命なら、思い出は、無い方がええ。{/face_naki/} 「わしは本当に・・・本当にお前に会いとうて、会いとうて来たがじゃ!{/hearts_pink/}」 こんな言葉を涙を流しながら言われたら、 ずっと、ずぅ〜〜〜と、想いが残る。{/h... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 00時57分

» 『龍馬伝』 ふたりの京 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:エンターテイメント文久二年、ついに土佐藩を事実上うごかす立場となった武市半平太は、若き山内家の当主を奉じ、藩兵を統率しつつ大挙して京に乗り込みます。nbsp;しかも、攘夷派の有力公卿として知られる三条実美に謁見。親しく言葉をかけられるまでに。一方、その三条家に仕えて情報収集活動につとめていた加尾は、町で偶然に龍馬と会いました。戸惑うふたり。が、懐かしさとともに甦る想いは、龍馬と加尾をふたたび結びつけ・・・・・・。その夜、ふたりがともに過ごした時間は永遠になったのでしょうか... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 01時01分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」 [しっとう?岩田亜矢那]
武市半平太は 「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、 心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。 ますます悪い顔になってゆく そんな武市半平太を演ずる大森南朋が 昨夜「トップランナー」に出演していた。 そこで「後は切腹に向かってどう演じていくか」 と演劇論を語る大森南朋の発言に、 MCの女優の田中麗奈が 「そんな(先のシナリオを)事を言っちゃって良いんですか?」 とつっこんでいたのには、ひっくり返ってしまった。 大森南朋自身も一瞬絶句した後に、 「まっ、まあそれは歴史上の史実ですから、別に言っても、... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 04時08分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
武市半平太は 「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、 心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。 ますます悪い顔になってゆく そんな武市半平太を演ずる大森南朋が 昨夜「トップランナー」に出演していた。 そこで「後は切腹に向かってどう演じていくか」 と演劇... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 04時13分

» 「龍馬伝」第15回 [日々“是”精進!]
   第15回「ふたりの京」龍馬は大坂をたち、三条家に仕える加尾がいる京へ向かっていた。一方、半平太も藩主の豊範と共に京に入っていた。半平太は公家の尊王攘夷派である三条に会い、徳川幕府に攘夷を実行させるために帝の勅命を持って江戸に乗り込むことを提案する...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 05時44分

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者15加尾と久しぶりの再会も以蔵との再会で半平太の本性を知り加尾は龍馬に麟太郎を紹介して江戸へ向かった [オールマイティにコメンテート]
11日大河ドラマ「龍馬伝」第15話を視聴した。 今回は半平太が山内公を伴って京へ入り、 三条家より攘夷実行を促すための交渉に成功する。 その頃龍馬は京に来ており、三条家に使える加尾と再会を果たす。 再会を果たした龍馬と加尾だったが、 既に龍馬は加尾の知る....... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 06時25分

» NHK大河ドラマ「龍馬伝」第15回「ふたりの京」 [真田のよもやま話]
どうするつもりだったのかしら?いえ、龍馬君の生活のアテはあったのかなあって・・・。藩を出たのは良いけれど、誰を頼って暮らすんでしょう?どっからお金が出てるんでしょう?歴史に詳しい方はご存知なのかもしれませんけど、先週来そこら辺が気になっちゃって気になっちゃって・・・{%うーん…(シクシク)hdeco%}... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 06時47分

» 龍馬伝「京のふたり」 光陰のヒーロー [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
紅葉の赤さが目に残ります。 紅葉に染まる京で、ふたり・・・・・・ 引かれ合うように、ふたり・・・・ 第15話 「京のふたり」 2010年4月11日(日) 総合テレビ 午後8:00~8:45 ≪あ ら す じ!≫  龍馬(福山雅治)は大坂から京へと向かっていた。京には、... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 06時48分

» 龍馬伝 15 [しなもにあ]
いいように利用されて人の道を外してしまった以蔵うっかり告白しそうになるあたりちょっと子供っぽい・・・酒飲んでばっかり・・・身体大丈夫???ウィキ読んだらちょっとかわいそうになってきた・・・武市には疎まれていたようで・・・岡田以蔵美少年ではなかったみたい...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 07時00分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第15話「ふたりの京」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
龍馬の会いたいふたりの人物-----------。生きる望みを与えてくれる人。そしてもうひとりは・・・。龍馬の次の旅立ちは----------京。山内が京へ。それを実現させたのは、武市。すっかり偉くなちゃって(^^)なんとしても攘夷実行を成す!!信念が彼を動かしているよう...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 07時39分

» ★「龍馬伝#15」龍馬の会いたい人♪ [・*:・ふわゆら生活・:*・]
脱藩して〜ひとり旅する龍馬。。いったい何を目指すのか〜乙女ねぇやん。。ワシはいま会いたい人がふたりおるがじゃ〜ひとりはワシに生きる道を教えてくれる誰か。。そしてもうひとりは・・・坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 権平(杉本哲太) 乙女ねぇや...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 07時57分

» また逢うと想う心を道標にて道無き世にも出づる旅かな(坂本龍馬) [キッドのブログinココログ]
龍馬はまだ若い。謎深い文久二年の旅は続いていく。 一歩一歩、時代は血生臭さを増していく。 しかし、「己の死」の実感は遠い。脱藩以来、龍馬には「死の覚悟」があったと考えることもできるが、「生の情熱」の方が色濃く強まっていただろう。 旅立ちは別れの連続でもある。別れを告げた人々と龍馬は旅先で再会すること... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 08時29分

» 龍馬伝 ふたりの京 [のほほん便り]
龍馬と加尾。かつて恋仲で、夫婦約束までして破れ、人生の大きなターニング・ポイントになった2人の、京での切ない再会編… 周囲の反対(とくに加尾の兄の忠告)がゆえに燃え上がるのは恋の常。そして、なまじ近くにいて束の間の蜜月を過ごしたからこそ、分かってしまう相手の境遇や、その真の姿。 そこに、また切ない運命を背負った男。以蔵が、その以前と変わらぬ、あまりの無邪気さと、3人での楽しい時間が、よけいに背後にあるものの重さや避けられない流れを際だたせます。 そして、ふたたび、龍馬の道しるべとな... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 08時39分

» 【龍馬伝】第15回感想と視聴率「ふたりの京」 [ショコラの日記帳]
【第15回の視聴率は4/12(月)夕方迄に追加予定】龍馬も武市も京に着きました。龍馬は、加尾と再会。龍馬と加尾がラブラブしている間に、以蔵が本間を暗殺しました。それにしても、またもや、凝った組み合わせですね。以蔵は、人斬り以蔵になってしまいました。武市さ...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 09時05分

» 龍馬伝15 岡田以蔵人斬り自慢を言うたらアカンぞよ! [ぱるぷんて海の家]
龍馬伝は直近三回の視聴率が 17.7→18.8→18.5% と20%割れ。 まあ急ブレーキと云うほどの数字でもないけど 常に20%が大河ドラマの宿命だからしかたないか。 理由は 岩崎弥太郎などで話を膨らませているのでストーリーが散漫、 映像がリアルすぎるといった声が出て...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 09時27分

» 龍馬伝 第15回「ふたりの京」 [みはいる・BのB]
龍馬伝のお時間です。 簡単なあらすじ・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 09時56分

» 福山雅治『龍馬伝』第15回★京のヒロスエ「天にも昇るような喜び」 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第15回「ふたりの京」 【 土佐一藩の舵取りを 】  文久2年(1862年)、8月25日。  武市半平太(大森南朋)は三条実美(池内万作)と会見。  三条実美は「下士でありながら、土佐一藩の舵取りをするまでになっただけのことはある」と武市の面構えを褒める。  この時点で、政治の世界では、武市が土佐藩の舵取りをしてる思われていたんですねぇ。  目の据わった恐い顔の武市は、徳川将軍に帝の面前で攘夷を約束させることを提案。  三条実美... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 13時57分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第15回『ふたりの京』 [徒然”腐”日記]
ネタバレを含む記事です。未視聴の方はご注意ください。個人的感想のみ書き散らしておりますのでご了承ください。っていうか今回は・・・・・・・・物語的に動いたんだが何なんだか微妙な話だったので・・・・・・さらっといきますさらっと以蔵がひたすら可愛らしくて健気...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 15時10分

» 龍馬伝 第15話「ふたりの京」 [ぷち丸くんの日常日記]
龍馬(福山雅治)は大阪から京へと向かっていた。 京には、三条家に仕える加尾(広末涼子)がいる。 半平太(大森南朋)も藩主・山内豊範(染谷将太)と共に、京へ入っていた。 半平太は公家の尊王攘夷派・三条実美(池内万作)に面会し、徳川幕府に 攘夷を実行させるために、... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 17時07分

» 龍馬伝 第15回 ふたりの京 [レベル999のマニアな講義]
『ふたりの京』内容文久2年、土佐藩主・山内豊範(染谷将太)が、半平太(大森南朋)の進言で京へと入り、その後、尊王攘夷派である公家・三条実美(池内万作)に面会した半平太は、早急な攘夷実行を求めるのだった。だが、その行動を越後の浪人・本間精一郎なる者が己が...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 17時46分

» 【大河ドラマ】龍馬伝第15回:ふたりの京 [山南飛龍の徒然日記]
それぞれの立ち位置を認識する、状況整理的な回でしたね。【今回の流れ】・藩主の山内豊範とともに京へ入った半平太 三条実美に、将軍を京へ呼び寄せ、攘夷の実行を約束させる策を提案 以蔵を使って、目障りな人物を次々に暗殺する・加尾は兄の収二郎から龍馬が脱藩した...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 18時46分

» 楠木正成を尊敬していた龍馬!! [函館 Glass Life]
汚れた衣装をまとっても汚さ全く感じない福山龍馬{/star/}{/star/} 実像の龍馬の肖像画や写真を見ても綺麗な衣装を着 ている姿は殆ど見た事がありませんが、もしかして 龍馬自身も福山龍馬と同じオーラを醸し出していた のではとさえ思えてきます{/cat_5/} 大河ドラマ史上でのベストキャストですね{/hand_goo/} 今週のドラマでは武市半平太が生涯唯一の時を迎え ているようですね{/face_fight/} 絶頂期を迎えた半平太には周りが見えなくなくなっ ているのでしょうか?? 土佐... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 19時00分

» 「龍馬伝」 第15回、ふたりの京 [センゴク雑記]
大河ドラマ「龍馬伝」。第15回、ふたりの京。 龍馬が乙女姉に出した手紙より、今 自分が会いたい人物は2人。 1人は異国と戦わずに日本を守る方法を教えてくれる人物。 そして、もう1人は・・・・・・ということで、加尾ですw 乙女姉への手紙から始まる手法もいいですね。 実際、乙女姉に龍馬が出した手紙がたくさん残っていますし、 内容自体が創作だろうと面白いんじゃないですかねw ...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 20時54分

» 龍馬伝 第15話「ふたりの京」 [shaberiba]
武市は藩主山内豊範とともに京へ・・ そして遂に公家三条実美の勅命を持って 江戸に乗り込むことに!! 土佐で虐げられてきた彼にとっては... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 21時14分

» 龍馬伝15 「人斬りの京」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
「やっぱり百姓は 泥まみれにならんと ええ野菜は作れんの〜」「何がじゃ〜」弥太郎ノリツッコミ「ほんま ほんま わしは本間精一郎じゃ」オヤジギャグが寒すぎた為本間精一郎は斬られる「以蔵は使える」あくどい武市は、直接指示をする事なく以蔵に邪魔者を殺すように...... [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 21時14分

» 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」 [青いblog]
あらすじ 龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、幕府に攘夷を実 [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 21時50分

» 『龍馬伝』第15回 [悠雅的生活]
〜ふたりの京〜 [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 22時05分

» 『龍馬伝』第15回 [悠雅的生活]
〜ふたりの京〜 [続きを読む]

受信: 2010年4月12日 (月) 22時06分

» 龍馬伝 #15 ふたりの京 [ビヨビヨ素材日記2]
大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)逢いに来てくれた人今回のお話は龍馬が京都に行き、久々に加尾... [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 02時47分

» 龍馬伝 #15「二人の京」 [昼寝の時間]
文久2年(1862)、26才(1836年生として数えで) 公式サイト 京に上がっ [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 10時29分

» 龍馬伝 第15回「ふたりの京」 [平成エンタメ研究所]
 加尾(広末涼子)のために生きるか、日本のために生きるか。  意識していなかったのでしょうが、龍馬(福山雅治)の中では結論が出ていたようですね。  勝麟太郎のことを聞いて目を輝かす龍馬を見て、加尾はそのことに気づいてしまった。  黒か白でなく、両方選ぶという灰色の選択肢もあるようにも思いますが、ふたりは若く、そんなに器用ではなかったようです。  何より龍馬は自分のそばに加尾の存在があれば、自由に突っ走れない。  別れるふたり。  加尾はこれから龍馬の活躍を遠くで見守っていくんでしょうね。  愛した男... [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 10時51分

» 【大河ドラマ】龍馬伝 第15回:ふたりの京 [大河ドラマ感想記]
それぞれの立ち位置を認識する、状況整理的な回でしたね。 【今回の流れ】 ・藩主の山内豊範とともに京へ入った半平太  三条実美に、将軍... [続きを読む]

受信: 2010年4月14日 (水) 22時18分

» 龍馬伝 十五話 [Simple*Life ドラマ感]
いよいよ。武市たちが動き始めましたね。 朝廷の三条様に取り入って天皇から 将軍へ攘夷をするように命令してもらおうってことに 半平太の得意満面の顔が怖いです。 そして自分たちのことを悪く言うような人間は 排除すべしとでも思っているようで、 本間という人間がまるで自分が勤王党を動かして いるかのごとく触れまわっているのを聞いた 半平太は「そんな奴は放っておけんのー。」とか なんとかいって以蔵に目配せ。 それを見た以蔵は 「はっ!先生がわしを呼んでおられる!」とでも 思ったのか本間を襲ってしまう。 ... [続きを読む]

受信: 2010年4月15日 (木) 08時04分

» 『龍馬伝』第15話 [もう…何がなんだか日記]
第15話『ふたりの京』冒頭、弥太郎でなく龍馬自身の声で状況が語られ始めたので「お?」と思ってしまったけど>何?乙女姉さんへの手紙の文面だった。乙女姉さんに宛てた手紙が随分... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 14時34分

« 閃光のナイトレイド 第1話 「救出行」 感想 | トップページ | 閃光のナイトレイド 第2話 「回想のロンド」 感想 »