« 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」 | トップページ | 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」 »

大河ドラマ 龍馬伝 第12回 「暗殺指令」

暗殺指令というタイトルからいよいよ例の事件か、というところですが、今回は武市がその結論に達するまでの武市の行動が中心に描かれています。ダーク武市も登場します。いよいよ武市がダークサイドに堕ちる前夜といった感じのお話でした。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

ついに龍馬は土佐勤王党に入っちゃいました。変わっていく武市(大森南朋)や下士達を何とかしたかったんでしょうね。龍馬(福山雅治)が入党した事で武市さんも心強かったんでしょうね。組織のトップとして孤立していく武市に対等に意見してくれるのは龍馬しかいませんし。

土佐勤皇党には沢村惣之丞(要潤)も参加しています。この人は武市のまどろっこしい土佐を攘夷藩にするというやり方に失望した人物して登場。攘夷なら何故外国人を斬りに行かない、と血気盛んな志士として今回は顔見世という感じでしょうか。以蔵(佐藤健)ともども今後の活躍に期待。龍馬は他の志士とは違って冷めたところがある、と龍馬に一目置いたようですが、要さんが演じているのか熱いキャラになっています。龍馬は沢村から長州藩の久坂玄瑞(やべきょうすけ)の名前を聞きます。

その久坂玄瑞に会いたいと武市に話した龍馬は長州へ。久坂玄瑞ってマンガなどでは結構美形に描かれているものが多いので少しイメージが・・・(やべさん、すいません)その玄瑞からは「脱藩」という言葉を聞き、君は松蔭先生から何を学んだのか、と痛いところをつかれます。志あれば実行あるのみ。いよいよ脱藩という考えが形になってきたようです。

弥太郎(香川照之)は喜勢さんという弥太郎には綺麗すぎる奥さんをもらいました。というか、弥太郎が相変わらず汚いのですけど。吉田東洋(田中泯)の取立てで郷廻りという役(岡引みたいな役職ですか?)にも取り立てられ更なる出世を望んでいるようです。

土佐を攘夷藩に、という武市の意見書は吉田東洋に握りつぶされていました。ここでは異常に東洋が龍馬を高く買っているのが、マンガっぽい設定です。武市では恐れるに足らん、しかし坂本龍馬がトップに立てば・・・という感じで。しかしそんな東洋の話を聞いて後藤象二郎(青木崇高)は龍馬に激しくジェラシーを抱いたようです。

下士達からは武市は行動を起さないと失望するものも出てきている土勤王党。そこで武市は意見書を取り入れてくれない東洋に、下士たちを引き連れて直接意見しようと、東洋宅の門前に控える東洋が出てくるのを待ちます。東洋は武市の訴えに耳を貸さず、すがりつく武市を蹴り倒します。お前の事が嫌いじゃ!とまでいい、狭い視野でしか見れない男だと蔑みます。ここでも象二郎にあの中に龍馬はいなかったと、龍馬に一目置いている発言をし、ここまでされると少し笑えます。下士たちの前で無様に哀れに泣き叫ぶ武市さんが悲しすぎる。

自宅で体と心の傷で苦しむ前にダーク武市登場!半平太と吉田東洋は水と油だ、未来永劫お前の敵だと武市に吹き込みます。今回の見所は情けない表情から、このダーク武市の悪の囁きに安らぎの表情を浮かべていく大森さんの演技です。あぁ、ついにダークサイドに!そして見舞いに訪れた竜馬に東洋を斬ってくれや、と。一方さんざん東洋に龍馬恐るべしを聞かされた後藤も弥太郎に龍馬を斬れと、後藤象二郎ってこんなキャラだったのかと言うくらい弥太郎に怒鳴りつけます。

暗殺指令は2つあったのですね。いよいよダークサイドに堕ちた武市の活躍にも期待です。そして次回は第一部完!「さらば土佐よ」少しマンガ的なシナリオが気になる方も居られるでしょうが、毎回毎回話を盛り上げて、たいしたものだと思います。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑にほんブログ村 よかったらクリックしてくださいね!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2

アーティスト:佐藤直紀
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍心 龍心

アーティスト:いちむじん
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版 おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版

販売元:角川映画
発売日:2010/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝 II~SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER 龍馬伝 II~SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER

著者:【作】 福田 靖,【ノベライズ】 青木 邦子
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝〈1〉 龍馬伝〈1〉

著者:青木 邦子,福田 靖
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

RYOMA VOL.1―2時間で「龍馬」のウンチクが語れる坂本龍馬責任編集マガジン (主婦の友生活シリーズ) RYOMA VOL.1―2時間で「龍馬」のウンチクが語れる坂本龍馬責任編集マガジン (主婦の友生活シリーズ)

著者:坂本 龍馬
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫) 龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)

著者:加治 将一
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」 | トップページ | 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/33875010

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ 龍馬伝 第12回 「暗殺指令」:

» 大河ドラマ「龍馬伝」第12話 [またり、すばるくん。]
第12回「暗殺指令」 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時01分

» 【大河ドラマ】龍馬伝第12回:暗殺指令 [山南飛龍の徒然日記]
武市さんが壊れました(´;ω;`)【今回の流れ】・土佐勤皇党に加わった龍馬 攘夷の事を知りたいと、長州の久坂玄瑞へ会いに行く事に 武市半平太も龍馬を快く送り出す・久坂玄瑞に会った龍馬は、幕府とアメリカが結んだ不平等な条約を知る 日本は既に侵略されつつある...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時04分

» 「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その12 [星の王子様の宝箱]
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   本日 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時06分

» 【龍馬伝】第十二回 [見取り八段・実0段]
龍馬は土佐勤王党の誓約書に血判を押した。龍馬が仲間になった事を、以蔵や収二郎は素直に喜ぶ。しかし、武市は言う。おまんが勤王党へ入ったがは、わしを止めるためじゃろ。それでもいい。おまんは、わしにとって心を許せる唯一の人間じゃ。わしの側にいてくれるだけで良...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時08分

» 龍馬伝〜第12話 感想「暗殺指令」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
龍馬伝ですが、吉田東洋(田中泯)&武市半平太(大森南朋)という二人の領袖から仰望されている幕末の英雄・坂本龍馬(福山雅治)は長年の付き合いから武市を選びます。今や土佐勤皇党は200名という大所帯ですが、それぞれ一騎当千な憂国の烈士なわけで上士といえども侮れない存在となります。武市は外国の侵略から日本を守り、半平太だけに孝明天皇の藩屏になろうと意気込みますが、勤皇党の面々が狂騒するなか龍馬一人は冷めています。 平井収二郎(宮迫博之)の「これからは仲間だ。俺は加尾のことは全く気にしてない」などの驚異的... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時12分

» 龍馬伝 第12回「暗殺指令」 [みはいる・BのB]
『龍馬伝』のお時間です。 あらすじ・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時13分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第12回 「暗殺指令」 [しっとう?岩田亜矢那]
なんや〜、結局、 松陰先生の出番はあのたった一回だけやったんかい?! そうやわな〜、松陰先生が 「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」 で始まる「留魂録」を残して、 江戸伝馬町の獄において斬首刑に処されたのが1859年(なんと29歳だ) 龍馬が丸亀藩へ剣術修行の名目で土佐を出て、 長州萩を訪れて久坂玄瑞と面会したのが1862年だからな〜 あ、言ってくけど、ドラマみたいに 「長州行ってきま〜す!」なんて簡単に旅に出れないからね。 だからこそ「脱藩」なる発想が生まれてくるのである... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時24分

» 大河ドラマ 龍馬伝 第12回 「暗殺指令」 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
なんや~、結局、 松陰先生の出番はあのたった一回だけやったんかい?! そうやわな~、松陰先生が 「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」 で始まる「留魂録」を残して、 江戸伝馬町の獄において斬首刑に処されたのが1859年(なんと29歳... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時25分

» 龍馬伝 #12「暗殺指令」 [昼寝の時間]
安政7年、万延元年~文久2年(1860~62)、24~26才(1836年生として [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 01時43分

» 大河ドラマ 龍馬伝 12話 [お地蔵さまの寄り道]
第12話 「暗殺指令」 弥太郎。。。 無邪気で可愛い過ぎぃ〜。 あんなに、素直に喜ばれたら、私でも、張り切ってお弁当を作るよ。 でも。。 でも。。 あの汚い歯は、何とかならんのかな? あの歯では、チューは、ようせんわぁ。 あぁ〜、やっぱり「弥太郎伝」になってる気がする。 ましゃは、今日も男前やし、爽やかやねんけど、 弥太郎に気持ちが、傾くよ。 武市半平太のウツワの小ささ。。。「井の中の蛙」 イライラしてくるよ。 頭は賢いやろうけど... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 02時21分

» 天下の時勢切迫致し候、文久辛酉の年日本海海戦(坂本龍馬) [キッドのブログinココログ]
文久元年(1861年)は西洋列強諸国による日本列島争奪戦の幕開けの年である。 その発端は万延元年(1861年)に勃発する米国の内戦、南北戦争と言っていいだろう。 日本列島は北からロシア、西からイギリス、南からフランス、東からアメリカに狙われていたわけだが、その東側で圧力が減衰したのである。 幕府は開... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 03時59分

» 「龍馬伝」第12回 [日々“是”精進!]
   第12回「暗殺指令」龍馬は半平太らが結成した土佐勤王党に入り、沢村と出会う。沢村は、長州では久坂らが今にも攘夷を決行しようとしていると話す。龍馬は久坂に会うため長州へ旅立つ。久坂は龍馬に、日本は異国に不公平な条約を押し付けられたのだから、幕府や藩...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 05時08分

» 龍馬伝「暗殺指令~羨望のヒーロー」 [よかったねノート 感謝の言葉にかえて]
「龍馬伝」第12話。 ぶっそうなタイトルであります。 そろそろ頭角を現す龍馬となってきており、 その言動行動に土佐藩の重鎮、吉田東洋にしても期待をかけていました。 感想を述べるにしても、ドラマにのっとって語らせて頂く気楽さを感じます。 この「龍馬伝」の立役者の... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 06時02分

» NHK大河ドラマ「龍馬伝」第12回「暗殺指令」 [真田のよもやま話]
暗殺指令っ!ちょっとちょっと、誰が?{%顔文字驚きhdeco%}誰を?{%顔文字?hdeco%}予告編では驚天動地、龍馬君は藩を出るの出ないの言ってるし、ハンペン先生は足蹴にされてるし、弥太郎君は、や、弥太郎君は・・・ウソおおおおおおおっ!{%顔文字驚きhdeco%}... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 07時15分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第12話「暗殺命令」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
土佐がふたつに------------!!上士になるか、武市たちの土佐勤王党の仲間になるか。龍馬の決断は------------!?そして、土佐勤王党の連盟に名を連ねた龍馬。「よう決心してくれた!!」喜ぶ武市たち。なんと賛同者は200名を超えたとか。ひとつの藩でこれだけの人数...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 07時44分

» 大河ドラマ 「龍馬伝」 #12 暗殺指令 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
土佐勤皇党の加わることを決意した龍馬。 血判を押しました。 これからさらに混迷の度を深める土佐・・・。 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 09時03分

» 福山雅治『龍馬伝』第12回★吉田東洋憎し 武市ダークサイドへ堕ちる [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『龍馬伝』 第12回「暗殺指令」  鳩山邦夫氏が、薩長同盟を引き合いに与謝野氏と舛添氏の接着剤になるとして、自らを”坂本龍馬”になぞらえるという、身の程知らずも甚だしい茶番劇がありましたけど、そういう自称・龍馬は放っておいて、今週も『龍馬伝』に集中、集中・・・・。 【 要潤登場 】  武市の門弟たちに傅かれた龍馬(福山雅治)は、血判を押して土佐勤王党入り。  その勢力は200名をこし、一大勢力に・・・。  龍馬と話をする収二郎(宮迫博之)や以蔵(佐藤健)は、上士も、一目を置... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 10時37分

» 【龍馬伝】第12回感想と視聴率「暗殺指令」 [ショコラの日記帳]
【第12回視聴率は3/23(火)夕方迄に追加予定】弥太郎、ご結婚、おめでとう♪お相手の喜勢(マイコ)さん、綺麗でびっくり!肥溜めに落ちて、もがいているところに、たまたま喜勢が通りかかって助けてくれたのがきっかけだそうです。その時、喜勢さんが弥太郎に一目惚れした...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 13時12分

» 龍馬伝 暗殺指令 [のほほん便り]
なんだか、脱藩へのカウントダウン。その諸事情、その経緯が細かく描かれた感の回でしたね。なるほど、第一部の最終回?! 東洋の誘いで上士になるか、武市半平太(大森南朋)たちの土佐勤王党の仲間になるか。迷いあぐねて、土佐勤王党の連盟に名を連ねた龍馬(福山雅治)。 それは、彼を止める目的でもあったのですね。この武市たちを筆頭とした、署名は、じつに二百名をも突破した、一大勢力となり、上士も一目おくほどになったのでした。 一方。飛躍的スピードで成長する龍馬の器。そんな彼を見て「違う匂いがする」... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 14時40分

» ★「龍馬伝#12」二つの殺意がっ!! [・*:・ふわゆら生活・:*・]
ついに血判押しちゃった〜龍馬ぁ〜「よう決心してくれた」・・・って。。武市さんええ〜〜ちょっとそれはちゃうやろ〜〜それに!龍馬はまだ迷ってるはず。。坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(寺島しのぶ) ...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 16時18分

» 龍馬伝 第12話「暗殺指令」 [ぷち丸くんの日常日記]
龍馬(福山雅治)は、半平太(大森南朋)たちが結成した土佐勤王党に入り、 沢村惣之丞(要潤)と出会う。 沢村は、長州は久坂玄瑞(やべきょうすけ)たちが今にも攘夷を決行しよう としていると話す。 龍馬は玄瑞に会いに、長州へと旅立つ。 玄瑞は龍馬に、日本は異国に不公... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 16時46分

» 大河ドラマ「龍馬伝」第12回『暗殺指令』 [徒然”腐”日記]
今書いてた記事・・・・アップ寸前でパソコンが・・・・・まさかのフリーズ状態に〜〜〜〜〜〜(泣)なので簡易感想です・・・・・・・・ネタレ注意個人的感想レポ&突っ込み満載なので苦手な方はバックプリーズ土佐勤皇党に入るべく血判を押す龍馬。意外とあっさり押して...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 16時51分

» 第12回「暗殺指令」 [政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜]
ここまで頼りにされたことは、初めてではないだろうか?上士からも下士からも、まさにスカウティングに相応しい龍馬へのアプローチである。「お前しかいないんだ!」龍馬は武市半平太(瑞山)の発起した土佐勤王党の一員に…熟慮などという余裕は与えてくれない。選択肢はた...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 17時18分

» 大河ドラマ龍馬伝★第12話暗殺指令 [うさうさ日記]
大河ドラマ『龍馬伝』第12話暗殺指令なんと弥太郎に春がやってきました身なりはちょこっと綺麗にはなったけれど、家族の身なりと家はまだボロボロだし、お金もなさそうなのに・・・何故何故私より先に(笑)というか、最近暗い内容なので弥太郎シーンが唯一の面白シーン...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 18時41分

» 「龍馬伝」 第12回、暗殺指令 [センゴク雑記]
大河ドラマ「龍馬伝」。第12回、暗殺指令。 誰が暗殺されるのかと思いましたが、タイトルは次回への繋ぎのためだけでしたね。 今回の龍馬は、また悩んでいます。 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 19時59分

» 『龍馬伝』 暗殺指令 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:エンターテイメント武市と大勢の下士たちに熱望された龍馬は、とうとう血判署名しました。土佐勤皇党にこの成長著しい親友を迎えることができ、武市はおおいに勢いづきます。平井も、(加尾とのことは)もう何も思っちょらんと喜び、以蔵は龍馬に抱きついて歓喜しました。ここで新顔の下士が登場します。のちに龍馬と多くの関わりをもつ沢村惣之丞。けっこうずけずけと物を言う男で、武市のことさえ批判して以蔵らを怒らせます。後年の以蔵なら躊躇なく斬りかかったでしょう。しかし、沢村の言うとおり、龍馬には迷いがあり... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 22時10分

» 龍馬伝 第12回 暗殺指令 [レベル999のマニアな講義]
『暗殺指令』内容土佐の多くの下士たちを集め、“尊皇攘夷”を旗印にする“土佐勤王党”を結成した半平太(大森南朋)たち。半平太たちは、龍馬(福山雅治)に参加を促す。“おまんなしでは、いかんがぜよ”下士たちの想いを受け、覚悟を決めた龍馬は、血判状に署名。その...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 22時59分

» 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者12土佐の歴史を知らぬ者の意見は参考にすらならない!龍馬は久坂から脱藩のすすめを受けて枠に捉われない行動を目指し始めた [オールマイティにコメンテート]
21日大河ドラマ「龍馬伝」第12話を視聴した。 今回は土佐土佐勤王党に入党した龍馬だったが、 土佐勤王党の考えに同調した訳じゃなかった。 そんな中龍馬は長州の久坂に会おうと 土佐を離れ長州へ向かったのだった。 そして久坂に会って松陰が無くなっている事を知....... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 23時04分

» 『龍馬伝』第12回 [悠雅的生活]
〜暗殺指令〜 [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 00時35分

» 龍馬伝 第12回「暗殺指令」 [あしたまにあーな]
この題名の真意が分かってくるのは、物語の最後の方の場面になります。この指令には実はいくつかの意味があって、その意味を解説するために前半部分が構成されているといったイメージになります。 まず始めから全く予想外の展開から始まります。武市半平太が立ち上げた土佐勤王党に坂本龍馬は決して入らないだろうなと思っていたのですが、みんなの強い要望に押される形になってその場で血判状にサインを押すことになります。「なんで?」という疑問はやがて、「武市の暴走を抑えるため」という理由によって解消されるのですが、この時はただ... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 02時04分

» 龍馬伝12 「暗殺して♪」 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
龍馬よいしょドラマも遂に、4分の1の第12回。「なんて素直な お人じゃ」年下の久坂玄瑞に頭を下げ脱藩してでも攘夷をすべき事を学び、出世を捨て日本人として物事を考える龍馬「わしの顔 見いや!」 自分の出世しか頭にない弥太郎土佐藩にこだわる了見の狭い武市今...... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 23時43分

» 竜馬伝 第12回 「暗殺指令 」 [ひそかにささやかにアニメを応援している日記]
          頭で色々考え、悩む竜馬。 しかし彼の心に響いたのは、「実行」という言葉。 そして、それは故吉田松陰先生の言葉だっ... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 06時52分

» 龍馬伝 第12回 「暗殺指令」 [青いblog]
あらすじ 土佐勤王党に加盟した龍馬(福山雅治)は、長州に久坂玄瑞(やべきょうすけ)に会いに行き、「日本を異国から守るには、幕府や藩などにこだ [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 14時11分

» 《龍馬伝》☆12 [まぁ、お茶でも]
下士と上士の争いを、一人で収めた事から、吉田東洋に、明日から登城制、新お小姓組にとりたてると言われた龍馬。即答を避けて、戻った。 武市は、下士に声を懸けて『土佐勤王党』を起こした。 「土佐で最初に血判を押すがは 龍馬 おまんじゃ!」 ... [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 05時22分

« 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」 | トップページ | 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」 »