« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

化物語 第5巻/つばさキャット(上)(完全生産限定版・DVD) 購入しました

Web配信の一話も含めた羽川翼エピソード。ちょうど同じ頃、つばさキャット其の肆(4)もWeb配信されましたので、忘れかけていたストーリの補完にもよかったのでは。特にこの物語は言葉遊びのようなキャラクターの日常会話が実は意味を持っていたりしますからね。OPもWeb配信の実写版が入っています。今回はエピソードが完結していないためかあとがたりはなしで、代わりに劇伴音楽集が付いています。

化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray] 化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス
発売日:2010/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "化物語 第5巻/つばさキャット(上)(完全生産限定版・DVD) 購入しました"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

化物語 第14話 「つばさキャット 其ノ肆(4)」(Web配信) 感想

さすがに初日は見れませんでした。家に帰ってすぐにページ開いたのだけれど時すでに遅しで、翌日やっと見れたわけですが。OPは實寫版ですか。これまたTVではない事を逆手に取りましたね。曲はマイナー調のアップテンポな曲でいい感じです。DVDも第5巻も見なきゃ!

化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray] 化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス
発売日:2010/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "化物語 第14話 「つばさキャット 其ノ肆(4)」(Web配信) 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (20)

大河ドラマ 龍馬伝 第8回 「弥太郎の涙」

今回の主役はまたまた岩崎弥太郎です。江戸で学問に励む弥太郎は国許からの手紙で江戸から土佐まで16日で帰ってきます。当時30日はかかったらしい道中を失踪する弥太郎は・・・やっぱり怖いです。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

続きを読む "大河ドラマ 龍馬伝 第8回 「弥太郎の涙」"

| | コメント (0) | トラックバック (42)

映画 「プレミアレビュー 機動戦士ガンダムUC」感想

冒頭からいきなり始まる遭遇戦。特務装備のジェガンとファンネルを自在に操るジオン系のモビルスーツ、クシャトリアとの見応え十分の空間戦闘シーンから物語が始まり、宇宙世紀に帰ってきたんだ、といきなり感慨にふけってしまいました。

流星のナミダ(2010年3月31日までの期間生産限定盤/ガンダム盤)

続きを読む "映画 「プレミアレビュー 機動戦士ガンダムUC」感想"

| | コメント (4) | トラックバック (11)

大河ドラマ 龍馬伝 第7回 「遥かなるヌーヨーカ」

児玉清さんが演じる龍馬パパが凄くカッコいいです。桂浜(らしき所)で龍馬の家族が海を見ているシーンなのですが、龍馬が黒船を作ったらどうするのかという答えというか、夢というか、それを家族に語るんですね。それは家族でいっしょに世界を廻るというコト。その答えを聞いて嬉しそうに見守る龍馬パパ。これは児玉さんだから出せる味ですよ!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

続きを読む "大河ドラマ 龍馬伝 第7回 「遥かなるヌーヨーカ」"

| | コメント (0) | トラックバック (27)

映画 「涼宮ハルヒの消失」感想

とりあえず映画はよかったです!長さだけでなく内容も見応え十分で、ハルヒファンなら見て損のない出来になっていたのでは!と思いました。

劇場版 涼宮ハルヒの消失 オリジナルサウンドトラック

続きを読む "映画 「涼宮ハルヒの消失」感想"

| | コメント (0) | トラックバック (20)

大河ドラマ 龍馬伝 第6回 「松蔭はどこだ?」

黒船を見て、剣の修行への意義が見出せない龍馬は、その答えを桂の師匠である松蔭先生に求めていくのだったが・・・

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

佐那(貫地谷しほり)さんがすごくかわいいです。龍馬(福山雅治)の下宿先まで説得に来たり、兄の重太郎(渡辺いっけい)に龍馬が道場に戻れるように父定吉(里見浩太郎)にとりなしてもらうように頼んだり。そのときそっと小声で「私が坂本さん好きな事知ってるくせに、お前の恋はわしが成就させてやるって言ったくせに」、「兄上のばか!」と兄をせめるのががわいいですね。恋しているっていいですね。そういわれて情けない表情をする重太郎もいい演技です。

龍馬は桂さん(谷原章介)の話していた、「松蔭先生はこのことをお見通しだった」というセリフを思い出し、桂さんのおうちに。そして相変わらずのやつれっぷりの桂さんの目の下の隈のメイクが今回も決まっています。黒船の模型作ってます。このドラマでは龍馬と桂さんはいいコンビです。

そうこうしているまにもう黒船の2回目の来航となりまして、阿部正弘(升毅)は開国を決意。桂のもとには松蔭先生から黒船に乗り込んでアメリカに行くという手紙が。ちょうどいいタイミングで桂さんのおうちを訪れた龍馬とともにその暴挙を止めにいきます。升さんと生瀬さんと絡んでほしいところですけど、阿部正弘と吉田松蔭じゃ無理か。

今回は吉田松蔭(生瀬勝久)がカッコいいですよ!アメリカを、異国の文明を見たいと熱く語る松蔭先生、たとえ失敗しようとも、何もしないよりましだと熱く語ります。そして行きたいのに、密航で捕まるとか、別れが辛いとかいうのは「いいわけ」だと桂さんを諭します。なかなかこういうことはいえませんよね。その松蔭先生をみて自分も行きたいと感化される問題児の龍馬に「黒船に乗ってアメリカに行くのは僕のやるべき事であって、君のではない」「君は何者じゃ、何のためにこの天のもとに居る」「君のやるべきことは何じゃ、考えるな、己の心を見よ」「そこにはもう答えがあるはずじゃ」と諭します。生瀬さんの熱い演技にはまったく持って感銘いたします。

「黒船に通用するかどうかは、剣ではなく、この坂本龍馬という人間の問題です。」やっとなんで剣の修行をするのかを悟った龍馬は道場に戻る事も許され、めでたいめでたいです。佐那さんも重太郎さんも嬉しそうです。

一年余りの江戸修行の期限が切れ、土佐に帰ることになった諸馬は佐那にまだ江戸で修行がしたいから国許に願い出ると語る。そんな龍馬に、「本当に、戻ってきてくださいね」「約束して、約束、」と指きりげんまんします「本当に飲ませますからね、嘘ついたら」って佐那さん可愛すぎます!龍馬って罪な男ですね。

土佐のほうでは弥太郎(香川照之)が江戸にいけるようになったようです。加尾さん(広末涼子)がどこぞやの商人に前回で藩にだして取り入れられなかった意見書を見せてその商人から江戸行きの資金を出してくれるようになったみたいです。しかし勢いあまって加尾にプロポーズ。こちらはどうなってしまうのか。武市半平太(大森南朋)は吉田東洋(田中泯)と邂逅するも半平太の攘夷思想を貶され、いよいよ東洋への敵意が練り上げられています。

次回「遥かなるヌーヨーカ」ヌーヨーカってなんだろ。龍馬パパが倒れていたのが気になりますが。そしてリリー・フランキーが登場。次回も面白そうです。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑にほんブログ村 よかったらクリックしてくださいね!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

著者:福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝〈1〉 龍馬伝〈1〉

著者:青木 邦子,福田 靖
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版 おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版

販売元:角川映画
発売日:2010/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (32)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »