« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

大河ドラマ 龍馬伝 第5回 「黒船と剣」

黒船の来航を目の当たりにする龍馬はその異国の力に驚き、剣の修行に打ち込む自分の生き方に疑問を持ってしまう・・・

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

先週見れなかったので、佐那(貫地谷しほり)初登場&女剣士姿を見れなかったのが残念です。今回ではすでに龍馬(福山雅治)への恋心も芽生えて、兄重太郎(渡辺いっけい)さんが好物のきんつばを頂き物ですけど家族は食べないので、と龍馬さんにあげちゃいます。きんつばをかってに龍馬さんにあげちゃったので怒りにきたのかと思いきや妹の恋心の芽生えに兄として喜んじゃう重太郎もいい味出してます。

桂小五郎(谷原章介)もすでに先週登場しちゃっているのですね。やはり桂さんは男前の役者さんがやらないとね。今回は藩の海防の仕事を抜け出して黒船を見に岸壁まで来た龍馬さんと鉢合わせ、いっしょに黒船の威容に驚きます。

谷原さんは2枚目俳優ですけどユーモラスな演技もこなされるのがいい所。黒船の威容に心落ちつかず、桂さんのところに訪れた竜馬に見せた顔は目の下に隈をバリバリに入れたメイクの桂さん(いや、ウケる所じゃないんでしょうけど・・・)。桂さんも黒船の脅威で眠れなかったそうです。それでも剣の修行をしててもいいのかと相談する龍馬さんに、剣を捨てると言う事は、侍を辞めるということ、己の生き方にかかわる大問題を他人に聞くなという谷原さんはカッコいいです。

ちょうどこの頃、12代将軍家慶がなくなり、徳川家定(小須田康人)が登場。私の中では家定さまは『篤姫』の堺雅人さんの印象が強烈で大好きだったので、そのイメージを壊したくないという気持ちがありますが。小須田さんは舞台でいい味出している役者さんなんで頑張ってください。

老中首座阿部正弘(升毅)は今までの幕府では考えられなかった、諸大名に意見を聞く政策を採ります。それを受けて土佐藩の容堂公(近藤正臣)は家臣から出された政策案の中から優れた案を出した吉田東洋(田中泯)を抜擢。またえらい渋い役者さんをもって来ましたね!この鋭い眼光がしびれます。これからの活躍に期待です。郷士ながらも武市半平太(大森南朋)の意見書も取り入れられますが・・・この御目見えが半平太の不幸の始まりなんですよね。

心の迷いを千葉定吉(里見浩太郎)見抜かれた龍馬さんは定吉と手合わせすることに!定吉に竹刀を掃われた龍馬さん、何のために剣の修行をしているのかもうわからないと師匠にぶつけます。定吉師匠は剣の道を究めるのに意味がないというのなら何故ここにいる、出て行きなさい、といいます。そりゃそうだよね。先週見れなかった佐那さんの道場着姿がちょっとだけ見れて嬉しいです。

NHK大河にしてはテンポがよくてさくさくお話が進む『龍馬伝』次回は松蔭先生登場ですか。次回「松蔭はどこだ?」来週も見れますように。それにしても今回の大河の配役は私好みです!

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑にほんブログ村 よかったらクリックしてくださいね!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

著者:福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝〈1〉 龍馬伝〈1〉

著者:青木 邦子,福田 靖
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版 おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版

販売元:角川映画
発売日:2010/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (31)

化物語 第4巻/なでこスネイク(完全生産限定版・DVD) 購入しました

今回のオーディオコメンタリー、忍野メメ(櫻井孝宏)と千石撫子(花澤香菜)は異色の組み合わせですけど、今までで一番作品解説しているって感じで聞きやすかった。とにかく、予約していたの、やっと購入しにいけましたよ。

化物語 第四巻 / なでこスネイク【完全生産限定版】 [Blu-ray]

続きを読む "化物語 第4巻/なでこスネイク(完全生産限定版・DVD) 購入しました"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大河ドラマ 龍馬伝 第3回 「偽手形の旅」

今回は岩崎弥太郎の凄まじいまでのハングリーさを見せてくれるお話です。弥太郎が龍馬のことを嫌いだと言う気持ちが判らないでもありません。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

龍馬(福山雅治)が江戸へいくと言う事で、加尾(広末涼子)の次はどんな場面で出てくるのでしょうか。神社におまいりしている加尾に、加尾のことは好きだけど女性としてじゃなくて・・・と言うような事をいいますが、そんな加尾もわざわざこのおまいりはいい縁談が来たお礼参りだというんですね。江戸への旅路に出る龍馬をひっそり見送る加尾、足を止める龍馬、そして龍馬がついてきてると思い一人話し続ける同道の溝渕広之丞(ピエール瀧)でした。

と、加尾エピソードはあっさり終わってしまいましたが、今回の主人公はやはり弥太郎(香川照之)ですね。龍馬が江戸へ行くと言うので自分も江戸へ、と上士に庭先に頼みに来る弥太郎。弥太郎ごとき地下浪人の頼みを聞いてくれるはずもなく、偽手形を作ってやってきたんですね。

児玉清演じる品のいい龍馬パパは龍馬が旅立つ前に江戸での心得をしたためて龍馬に渡します。一方蟹江敬三演じる弥太郎パパは弥太郎がいなくなった事に腹を立て、土佐の町中を探し回り、龍馬の通っていた道場に来て門下生と乱闘する始末。二人の父親の違いも描かれ、龍馬と弥太郎の違いが浮き彫りされます。

最初の関所で弥太郎が偽名を使って偽手形で無事通り抜けますが、偽手形が発覚したらいっしょに旅をしている自分たちまで罰せられるから連れて行くなという溝渕。しかし龍馬は結局いっしょに旅をしようというんですね。

このドラマでの弥太郎は徹底的な龍馬コンプレックスで描かれます。また香川さんの演技がよくて、嫌になるくらい弥太郎がコンプレックスの塊なんですよ。ホント気がめいるくらい。旅費は龍馬に頼ろうとくっついてくるのですが、相手にしないほうが良いという溝渕にたいしてかわいそうだからといっしょに旅をする龍馬。こういうところも弥太郎が龍馬に敵意をむき出しにするところなんですね。ありがたい、ではなくて金持ちのボンボンが情けを掛けやがって、という感じなんでしょうか。

途中の宿場町で、弥太郎の顔を知っているやくざ者に遭遇。金を返せと迫るやくざ者に龍馬が助けに入ります。剣術であっという間にやくざ者を追っ払うのですが、それでもお礼の一つもせずに逆に龍馬に不平をぶちまける弥太郎。本当に嫌いになりそうなくらいの龍馬コンプレックスです。香川さん本当に追ういう役はまるなぁ。

二箇所目の関所で溝渕と龍馬は通行を許されましたが、弥太郎はついに疑いを掛けられます。いっしょに旅をしているからと弥太郎も通してもらおうとする龍馬に弥太郎は、龍馬達とは知り合いでない、嫌なやつだ、土佐に帰るといって暴れだし龍馬達を先に行かそうとします。

船上の人になった龍馬達は岸壁の上に関所から逃げ延びた弥太郎を発見。弥太郎の分も江戸で頑張るぞと声をかける龍馬とあくまでも龍馬に悪態をつく弥太郎。と言うわけであきれるまでに龍馬にコンプレックスを持つ弥太郎、裏返せばどんだけ龍馬が好きやねん!という事なんでしょうけどね。次回は「江戸の鬼小町」いよいよ千葉道場での生活が始まりますね。 佐那子さんとの出会いも楽しみです。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑にほんブログ村 よかったらクリックしてくださいね!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版 おーい!竜馬 DVD-BOX 完全収録版

販売元:角川映画
発売日:2010/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

著者:福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (26)

大河ドラマ 龍馬伝 第2回 「大器晩成?」

竜馬伝、NHK大河にしては意外と面白くないですか?!福山さんが主人公と言う事で見られる方も多いと思いますが、私の苦手な俳優があまり出ていないと言う事もあります。同じNHKの「坂の上の雲」がまさしくそれで、大御所俳優枠と言うのがあるかのような配役に閉口したのです。どなたかというのは敢えていいませんが。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

子役時代が一話で終わり、もう福山さんが登場しているのがいいですね。大河って主人公の子役時代が長かったりして私は苦手だったのですが、すでに1話の後半で福山竜馬が見れたのが嬉しいところ。

今回の竜馬(福山雅治)はいきなり江戸に行きたいとお父上(児玉清)や兄上(杉本哲太)に直訴。世の中を見てみたいという竜馬に父上から言われたのは藩命の久万川の堤の造成の現場監督。いや、竜馬の時代で江戸へ行きたいという発想が出る事態坂本家っていうのはお金持ちだったんでしょうね。本家の才谷屋ってのは豪商だったらしいし。このドラマでは竜馬達郷士よりも更に格下の岩崎弥太郎(香川照之)のほうが私のような庶民に近い立場ではないでしょうか。竜馬に対する嫉妬が物語の狂言回しをしてくれるのも私にとって見やすいところかな。現代でいえば、私がいきなり世界を知りたいからニューヨークに留学させてくれとお父上に頼むような感じですよね。

久万川の堤の造成の現場指揮に悪戦苦闘する竜馬様ですが、今回は児玉さん演じる竜馬パパが素敵ですね。年取ってから出来た子の竜馬が可愛くて可愛くて、だからこそ立派に育ってほしい考える竜馬パパは、可愛いわが子色眼鏡で見てしまって本質が見抜けないと、日野根道場の師匠に直接わが子はどうなのか聞きにいくのですね。日野根道場の師匠は若松武史さんなんですけど舞台で活躍するいい役者さんなんですよ!竜馬の本質を剣術の師匠もつかみかねている演技を魅せてくれます。

竜馬に恋心を寄せる平井加尾(広末涼子)には縁談話が持ち上がります。当時の人にとっては「好き」と「結婚」は別物だったのでしょうね。それでも加尾はその縁談は嫌だといい、久万川で現場指揮している竜馬様のところへお弁当を持ってきます。そして縁談話について相談しますが、竜馬さんはいい話じゃないかといい、加尾さんの気持ちにまったく気付きません。結局加尾さんはお弁当を取り上げ自分は竜馬のことが好きなのにと告白。女性の相談事には決して答えを出してはいけませんよ竜馬さん!

加尾の件で自分は全然人の気持ちがわかっていないと、自ら堤造成の肉体労働をして、労役に借り出される農民の気持ちを判ろうとする竜馬に、やっと農民達はやっと心を動かされ、竜馬に協力的になりましたとさ、というお話でした。竜馬の事好きですけど、このエピソードは知りませんでした。

何回も言いますが、今回は竜馬パパがなかなか素敵ですよ。普段は外で飲まないらしい竜馬パパは飲み屋で酔っ払っている模様。竜馬様が迎えに来ますと、結構酔いが廻っているのですが、竜馬様にその程度の想いなら江戸にやる事はできんというようなことを言うんですね。しかし胸元には日野根道場の師範からの江戸の名門千葉道場への紹介状が。アタックチャンスいい演技します。

今回の大河はテンポもよくて、一話一話のまとまりもよく(と言ってもまだ2回めですが)私は面白いと思いますよ。従来のNHK大河っぽさを脱却しようとする意気込みが感じられます。その分離れていく大河ファンもいるかもしれませんが。私は応援したいと思います。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑にほんブログ村 よかったらクリックしてくださいね!

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝〈1〉 龍馬伝〈1〉

著者:福田 靖,青木 邦子
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド (TOKYO NEWS MOOK 173号) NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド (TOKYO NEWS MOOK 173号)

販売元:東京ニュース通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

著者:福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

坂本龍馬伝―これ1冊ですべてわかる 幕末を駆け抜けた英傑の生涯 (別冊歴史読本 47) 坂本龍馬伝―これ1冊ですべてわかる 幕末を駆け抜けた英傑の生涯 (別冊歴史読本 47)

販売元:新人物往来社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝  カドカワムック  62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン) 別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝 カドカワムック 62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

販売元:角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (25)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »