« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

ガンダムoo セカンドシーズン 最終回を見終えて

ダブルオーは、特に第2期は一話の情報量が多くて毎週視聴に気が抜けなかったような気がします。

群集劇というのでしょうか、それぞれの考えや意思を持った人物達が、ほぼ同じくらい作品に主張してくるので、私的には、逆にどの人物にも集中できなくなっちゃいました。

物語の語り部として、戦争に図らずも巻き込まれた人の代表としての沙慈の視点をもうちょっと大事にしてほしかった気がします。

それでも作画レベルといい質といい、ビッグタイトルだけあって今期のアニメではやはり群を抜いていますね。

これ以上ソレスタルビーイングが活躍しなくてもいいような平和な世界に期待しつつ・・・

第25話 「再生」

リボンズのキャノン付きの裏面ガンダムとの最終決戦。動きが激しすぎて目の動きが突いていきませんでした。

ロックオンとアレルヤ(ハレルヤ)の援護で残るイノベーターのMS2機は撃破。終わったと思ったら、ダブルオーの真・太陽炉を奪ったリボンズ、乗り捨てられたオーガンダムを発見し太陽炉をセットアップしてまだ戦うようです。ダブルオーは大破して刹那はどうなったんだと思いきや刹那もエクシアに太陽炉を積み替えて個々から本当のガンダム最終決戦。

気になるところは戦いが終わったあとの登場人物たちの行く末でしょう。

マリナ姫はアザディスタンの王女に戻り、新連邦政府の援助で国を立て直したみたい。

その新連邦政府にはカタロンのクラウス、シーリンも参加。

まずは沙慈とルイス。この二人はやっと平穏を取り戻したみたいで、はやくこうなってほしかったのでまずは一安心ですね。細胞の再生不良も治ったみたいです。この二人が再び分かり合い、無事に生きていくことがこの物語の一番重要なところですし。

アレルヤはマリーといっしょにソレスタルビーイングを離れて旅をしています。前回でマリー(ソーマ)はアンドレイへの憎しみを乗り越えたようで。

アンドレイは両親の意思をついで軍人として世界を見守る道を歩みます。

その上司には准将に昇進したマネキン。白いドレスに身を包んで・・・

マネキンを部屋に呼びに来たのはやっぱり生きていたコーラサワー。めでたくご結婚。不死身あらため幸せのコーラサワーは本当に皆に愛されるキャラクターですね。いつ殺されてもおかしくなかったのにおかげで生き残りました。

コーラとは対照的に畳座敷で突っ伏していたのはグラハム(ブシドー)でしょうか?やはり武士道を貫いて切腹?(追加:カタギリ司令のほうらしいです。ということはグラハムはビリーの後ろに立っているショットだけで終わりでしょうか。アンドレイやコーラがあれだけ描かれているにこの扱いは・・・)

ビリー・カタギリは相変わらずデスクで何かを開発中?机の上にはスメラギとの宇宙服でのツーショット。その後ろから廊下に背をもたれ見守るグラハム?彼は生きているのか死んだのか・・・彼にもとらわれた心を開放して今まで見えていなかったものを見つめ直してもらいたいのですが。

ロックオンはガンダムマイスターとしての道を選びお墓に報告。ディランディ家のお墓の隣にはアニューのお墓。

ティエリアは肉体を離れてヴェーダの一部となって世界を見守り続けていくそうです。少し寂しいですが、彼の意思は行き続けているということで。

そして平穏が訪れた世界に対峙していくソレスタルビーイング、すっかり貫禄のついた刹那筆頭に、スメラギさん、整備士一家、フェルト、ラッセも健在。第1期のラルクの曲にのって旅立ちました。

そしてなぜか木星が。さらに2010年劇場公開されるそうです。そういえば「2010年」っていう木星から帰還する映画がありましたね。           END

| | コメント (2) | トラックバック (36)

鉄腕バーディー DECODE:02 最終回を見終えて

第12話 「Before Long」   君に会いに行くよ、バーディー

モスを追い詰めたナタルを止めに駆けつけるバーディー。殺人鬼と堕ちようとするナタルをとどめることはできるのか!?

去年くらいから色々としんどいことがあってレヴューとかも辞めちゃってましたが、レヴューするとしたら私はこのアニメです。(あと黒執事かな?あっ、同じとこが制作ってる?)

でも第1期の「リュンカ事件」は見ていないんですが、なんとなく深夜まで起きていたら、2期始まる前の特番やっていて、見ようと決めました。(そのうち第1期も見るぞー)

絵がきれいで、りょーちものデザインしたバーディーがかわいらしい。最近のアニメにしては、萌え萌えしていない正統派のデザインで好感が持てました。ゆうきまさみ氏のバーディはちょっとワイルドな感じの表情なんですけど、りょーちもさんのデザインは原作のテイストを保ちつつも、かわいらしい感じに仕上がってるんです。

あとバーディーが強靭な肉体を駆使して戦うイクシオラという種族なんで、走ったり、ジャンプしたり動きのある作画が見ていて気持ちがいいんです!魔法とかビームじゃなくて、パンチとかキックで戦うんで、とにかく作画がすごい!その為かバーディーの過去シーンで画が荒れるのがちょっと話題になったようですが、私は全然OKです。TVシリーズという制約の中での一表現として頑張ってると思いました。ちなみに最終回バーディーVSナタルも動き重視の作画でした(笑)。

第2期はテロリスト、復讐者、被災者にスポットが当てられた少し渋めのストーリーだったので、もっとバーディーが飛んだりはねたりするのかと思っていたのですが(第1期見ていないのでそんなイメージを持っていました)、逆に物語に引き込まれました。

ジャンプ能力をもつイクシオラとして調整されたが失敗作であったナタル。徐々にその力を覚醒させていき、リュンカ事件で親友を失った復讐から、殺人者に身を落としていく過程が切ないです。ある意味ナタルが主人公ですね。おいしいところもってっちゃいましたね。

そして、戦いのシーンと平行して、報道研の文化祭発表のシーンが入るのですが、これが物語のもう一方の側、リュンカ事件後の被災者サイドが、取材した早宮夏美達の視点を通して描かれるわけです。小夜子ちゃん(すいません、第1期見ていないのでよく知りませんが)も見に来ていますが、もちろんこの場には千川は不在。

ダメージをうけバーディから入れ替わった千川くんに諭されたナタル。復讐を取り止めたナタルは、過去のセントラルタワー事件で気を失ったバーディーを救い出した人となるべく、持てる力を振り絞って時間跳躍するんです。この使い古された「あの謎の人は実は未来から・・・」パターンに弱い自分に気付いてしまった。お約束のパターンかもしれませんがラストはまたあえるよという希望を残しつつのエンディングです。

というわけで、私も最初は見る予定なかったんですけど面白かったんで、イメージだけで見ないでおこうという人には一度見てほしい、そんな作品でした。あと、OPテーマ、
NIRGILISの「kiseki」がなかなかいい感じの曲です。これもおすすめ!
「Say Good-Bye Hello くりかえす君と僕めぐりめぐる 永遠に 僕らのゆくえは」
最終回見終わってあらためて聴いて、なんてバーディー02にぴったりなんだと思いました。

kiseki kiseki

アーティスト:NIRGILIS
販売元:DefSTAR RECORDS(SME)(M)
発売日:2009/03/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

sakura sakura

アーティスト:NIRGILIS
販売元:DefSTAR RECORDS
発売日:2006/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

宇宙連邦捜査官という設定なんでいくらでもお話作れそうなんで、是非このスタッフで続編やってほしいです!

鉄腕バーディー DECODE:02 ORIGINAL SOUNDTRACK 鉄腕バーディー DECODE:02 ORIGINAL SOUNDTRACK

アーティスト:TVサントラ,NIRGILIS
販売元:Aniplex Inc.(SME)(M)
発売日:2009/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鉄腕バーディーDECODE:02 1 【完全生産限定版】 [DVD] 鉄腕バーディーDECODE:02 1 【完全生産限定版】 [DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2009/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鉄腕バーディーDECODE:02 2 【完全生産限定版】 [DVD] 鉄腕バーディーDECODE:02 2 【完全生産限定版】 [DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2009/05/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鉄腕バーディー DECODE:02 3 【完全生産限定版】[DVD] 鉄腕バーディー DECODE:02 3 【完全生産限定版】[DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2009/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鉄腕バーディー DECODE:02 4 [DVD] 鉄腕バーディー DECODE:02 4 [DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2009/06/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鉄腕バーディー DECODE:02 5 [DVD] 鉄腕バーディー DECODE:02 5 [DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2009/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鉄腕バーディー DECODE:02 6 [DVD] 鉄腕バーディー DECODE:02 6 [DVD]

販売元:アニプレックス
発売日:2009/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (7)

NANA 第21巻 感想 (コミック派・多少ネタバレ)

78話から80話まで収録です。

レンを失ったあとの残された登場人物たちの思いの入り混じった一冊になっています。

「レンがいないと必死に守ってきたバランスが全部崩れそうだよ」という言葉がありますが、誰が悪いでもなく、各々の登場人物が結構いっぱいいっぱいでやってきたのが、レンの死によって浮き彫りにされています。以降多少ネタバレになるかも

*。.・゚☆゚・*:.。..。.:*・゚☆゚・*:.。. .。.:*・゚☆゚・.。**。.
 

 

 

 

*。.・゚☆゚・*:.。..。.:*・゚☆゚・*:.。. .。.:*・゚☆゚・.。**。.

レンの事故第1発見者は倉田さん。レンの車を追っていた、三宅・菅原はばっくれちゃいました。この倉田さんがナナの周辺を嗅ぎまわりながら、少しずつ触発され変わっていくさまを最近楽しみながら読んでいる自分に気づきました。

レンの事故も辛いのですが、何も知らないナナにこの悲劇をどうやって伝えるかも辛いところですよね。やっぱりこの人ですよね。タクミから事実を聞いたヤスの脳裏に浮かぶギターをもち笑う少年時代のレンの姿が印象的。一番付き合いが長いわけですし。

棺に納められたレンの傷ついていない組まれた両腕、指に挟まれたピック。最後までギタリストだった彼のこんな姿は見たくなかったですが。

レンが死んだあとでもトラネスのリーダーとしての姿勢を崩さないタクミにヤスがかける一言「もう、終わったんだよ。お前もしばらく休め」で、悲劇の実感がいっぺんに噴出してきて泣けました。

とにかく重い、重い、ってかんじなんですけど、マンガの話だからって思ってちゃだめだよね。
日常生活に流されてある日突然後悔しないようにしっかり生きなくちゃ、と思いました。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
↑にほんブログ村参加中。よかったらクリックしてね!

NANA 21 (21) (りぼんマスコットコミックス クッキー) NANA 21 (21) (りぼんマスコットコミックス クッキー)

著者:矢沢 あい
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメキャラクターで一番好きな声は?

今現在のところ一番のお気に入りは

黒執事のセバスチャン・・・ではなくてシエルくんのほうです。

坂本真綾の、少し屈折した思春期の少年・少女の声好きなんです。

ラルク・メルクマールでお気に入りになっちゃいました。

他にも素敵な声のキャラたくさんいますから一番好きっていうのは難しい・・・

コネタマ参加中: アニメキャラクターで一番好きな声は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »