« コードギアスR2 TURN23「シュナイゼル の 仮面」感想 | トップページ | マクロスF #24 「ラスト・フロンティア」 感想 »

篤姫 第37回 「友情と決別」 感想

久光(山口祐一郎)が勅使を伴って江戸にやってきました。勅使は将軍の上洛、雄藩の幕政への参加、松平春嶽(矢島健一)と一橋慶喜(平岳大)の幕府要職への就任を迫ります。

最初老中達はまったく取り合おうとしませんでしたが、業を煮やした久光、大久保(原田泰造)に何とかしろと命じますが、なんと、会談の席のふすま越しに刀で老中を脅すというもの。

同席した小松帯刀(瑛太)は他の方法がなかったのかとまたまた弱気になっちゃいます。対照的に大久保さんはますます腹が座ってきましたね。

実際には刀で脅したかんでしょうかね?まぁ兵を率いて江戸に来ているわけですから間接的には脅していたわけですが。そりゃふすまの向こうから刀の抜く音が聞こえたら、老中の人たちもうなずかざるを得ませんね・・・

天璋院(宮崎あおい)はなんとか久光と会おうとしますが、滝山が将軍の命日のお参りという大奥を出るいい方法を示唆し会見が実現。ここは久光の不気味さが良かったですね。お互い理解しあえず物別れとなりました。ここで天璋院は随伴していた小松と再会、でも声をかけれるはずもなく・・・立ち去る天璋院はちょっとたてわきのほうを見ますがそのまま去って行っちゃいます。

小松帯刀は松平春嶽のもとで勝海舟(北大路欣也)と出逢います。刀で脅す方法に疑問を持っていた帯刀は海舟に薩摩の力で脅すやり方は下のやり方だといわれ、そう思うと正直に答え海舟に好印象を与えた模様。今回は帯刀大幅にレベルアップの回ですね。力より心で説得するのが上策だと教えられました。

そして用事の済んだ久光が帰国する道中で、あの歴史的大事件、生麦事件が起こりましたとさ、というところですがドラマ篤姫では天璋院が将軍(松田翔太)におねがいして、小松帯刀と再会を果たしてしまうという見せ場を用意していました!そしてお約束の囲碁が持ち込まれ、久々の再会を満喫したようです。天璋院は尚五郎さんが小松家の跡を継ぎお近さんと結婚したのを知らなかったんですね。囲碁をしながら会話する二人のシーンがなかったら歴史のお勉強で面白くなかったなって終わるところでした。でもこの二人の関係を友情っていうのは無理があるなぁ・・・これは愛ですよ。

次回「姑の心嫁の心」。坂本竜馬(玉木宏)行動開始?

|

« コードギアスR2 TURN23「シュナイゼル の 仮面」感想 | トップページ | マクロスF #24 「ラスト・フロンティア」 感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

篤姫・天璋院篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/23747320

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫 第37回 「友情と決別」 感想:

» 篤姫 第37回 薩摩との決別、友との再会 [レベル999のマニアな講義]
『友情と決別』内容久光(山口祐一郎)は、朝廷からの勅使を伴い、薩摩兵とともに江戸入り。そして、、、勅使から、3つの命令が告げられた。家茂の上洛。有力諸侯の幕政参加。一橋慶喜、松平春嶽の幕政登用。だが、勅使と、老中達との交渉は進まない。。。そこで久光は、...... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 23時36分

» 篤姫 第37話 『友情と決別』 感想 [メガネ男子は別腹☆]
[篤姫] ブログ村キーワード あーあ、何だかんだ言って尚五郎ラブな私は、半年振り位に尚五郎(´・ω・)カワイソス連発してしまったわ~。 おとうさん@勝海舟はオイシイ役が続いているのぅ。 ※余談ですがキャンペーンの金のお宝マーク出てます☆... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 23時38分

» 篤姫#37 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
幕末の動乱の事件が起こる中、今回の物語は少し雰囲気が違ってましたね。が、今回のメインイベントは、やはり天璋院と帯刀(尚五郎)の再会と久しぶりの囲碁ということですけど... 史実に従って進めていかなければならない所が色々とあるため、その色が出ていて、今ひとつ「..... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 23時51分

» 篤姫・第37話 [ブルー・カフェ]
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 3週間振りですね、ご無沙汰しております。 あとナンカTBが飛ばないんですよ!主にgooブログに!?1年くらい前にも、何故か「goo同士で飛ばない!?」という謎怪事件がありましたが・・・? ・・・ま、そんなカンジで一抹の不安があるのと、もはや「ドラマについていけるのか?」という危惧を抱きつつも、かつて歴史で勉強した有名な「事件」... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 23時58分

» 篤姫 第37回「友情と決別」 [あしたまにあーな]
今回は内容が満載でした。一つ一つが本当に大切なものが多く、見逃せない回といえるでしょう。歴史としての転換点は少ないのですが、物語の中で重要な柱となる2人の人間関係につい... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 00時24分

» 大河ドラマ「篤姫」第37話「友情と決別」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
勅使がもたらした朝廷から幕府への帝への使者。久光がついに江戸へ!!感想遅くなりました(><)でも食事は美味しかった〜♪「今、幕府は朝廷の言いなりになるわけにはまいりません」それだけを言いに、和宮に会いにやってきた天璋院。薩摩を捨てたと断言する天璋院です...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 00時34分

» 大河ドラマ:篤姫第37話「友情と決別」 [山南飛龍の徒然日記]
今回の見所は、3つの異なる対面でしたね。1つめは、天璋院vs島津久光そもそも対極にいる両者ですから、主義主張が異なるのは当然。状況的に攻める側の久光の方が精神的にも余裕があった感じです。しかし、対面後に久光が帯刀に『天璋院は味方になってくれそうもない』と語...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 01時00分

» 「篤姫」37話 [ice-coffee]
「友情と決別」きょうは じ〜〜〜〜んときた。。 [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 01時01分

» 【篤姫】第三十七回 [見取り八段・実0段]
薩摩は強引なやり方で幕府を脅した。こんなやり方は下の下です。上等な人間は力で人は動かさない。心です。心で人を動かすのです。勝の話を聞いて、帯刀は言う。自分も、こんなやり方は間違っていると思います。薩摩は朝廷の勅使に伴い、江戸入りした。朝廷から幕府への申...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 01時06分

» 【篤姫レビュー】友情と決別 [必然的なヒストリー]
島津久光、江戸へ到着。徳川幕府と勅使という後ろ楯を得た島津久光。分は久光側にありました。ここで天璋院は「薩摩ではなく徳川の事を優先せよ」と断言。久光上洛を喜んでいた和宮一派にも、そう告げます。そして後日、勅使・大原重徳VS老中・板倉、脇坂の論戦が繰り広げられました。この勝負は大久保の策略により大原の勝ち。というより、老中が自滅しました。板倉らにしてみれば、大久保の策略を逆手に取って「無礼千万!」とか「薩摩藩士、乱心!」とか叫べば、まだ勝目はあったものを。幕府の対応が弱腰過ぎです。これにより、一橋慶喜... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 02時24分

» 「篤姫」第37回 [日々“是”精進!]
 第三十七回「友情と決別」久光率いる薩摩の兵が幕府の改革を求め、帝の使者を伴って江戸へ入ってきた。天璋院は、一行の中に帯刀がいるのではないかと気になって仕方がない。勅使と幕府老中との交渉は進まず、久光の命令を受けた大久保は武力を背景に幕府に圧力をかける...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 03時23分

» 篤姫 第37回「友情と決別」! [バレルオーク日記]
<それと、まいりました!>「いや、やはりよい。知ってどうなるものでもない」少しは優柔不断なところを見せる天璋院様でした。「小松様はお優しすぎます」帯刀は大久保と違い、甘いのでしょうか?「滝山、でかした!」帯刀を見下ろす天璋院様の目力に、尚五郎さんもダジ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 06時14分

» 大河ドラマ「篤姫」第37回「友情と決別」 [真田のよもやま話]
とうとう寺田屋騒動まで来てしまいましたねええ~。いよいよ幕末押し迫り、時代は倒幕に向けて大きくうねって逆巻いております。にしても西郷さんはまた遠島。久光様の人物を見切って自ら島流しになったような感じです。一方の大久保さんは上司がどんな人であれ現実を踏まえて付き合っていくタイプ。もしかして先週の有馬殿の真意ってのも大久保さんの捏造なんじゃないかと思えてくる陰の濃さがございます~。{%わくわく(チカチカ)hdeco%}... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 07時00分

» 生麦の由来!! [函館 Glass Life]
久光は武力を背景に改革案を強引に幕府側に認めさせて しまいましたね{/kuri_5/} 少し早急過ぎる感じがするのです{/cat_6/} 斉彬が藩主ならば絶対にこう云う交渉の仕方はしなかっ た筈です。 そんな久光と大久保のやり方に帯刀だけは疑問を持った 様ですね{/kuri_5/} 強引に事を運べば必ず綻びが必ず出るのです。 人は力ではなく心で動かすのですよね{/kuri_1/} 苛立つ天璋院は遂に久光に会見を申し込みます。 『強い国を作るため古い政治を終わらせると』と主張す る久光。 正しい考え... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 08時48分

» 『篤姫』第37回 [悠雅的生活]
〜友情と決別〜 [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 08時48分

» 大河ドラマ「篤姫」 第37回「友情と決別」 [風のうわさ]
先週、薩摩ゆかりの品々を焼き捨て、薩摩との縁を切る覚悟を見せた天璋院ですが、やはり 故郷を捨てることは 簡単にはできません。 薩摩の様子を聞くたびに、心が動き 心配はつのり 悩みは増すばかり・・。 思うに 天璋院は、なんでも 自分で仕切りたがりすぎですね。 (主人公だから 仕方ないのですが・・) 本当に やりたいことがあるのなら、自ら表に出るよりも 陰に隠れて 黒幕として将軍にやらせた方が得策だと思いますが。 和宮のほうが、おとなしそうに見えて 意外と しっかり はっきりと、将軍に自分... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 09時34分

» 篤姫 #37 友情と決別 [ビヨビヨ素材日記2]
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話は薩摩が朝廷の威を借りて幕府に意見をするという、... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 13時00分

» 篤姫感想 三十七回「友情と決別」 [murmur]
なんか最近の「篤姫」のタイトル、ワンパターンですね(苦笑) ○○と▲▲とか、対比が多い。 今の天璋院様の状況を考えたら、そうなるのも仕方がないんでしょうがも少し捻ってはどうかと・・・。 あ、「大河」ですから捻りすぎたらだめなのか! 今回は、決別するの...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 13時48分

» 大河ドラマ「篤姫」#37 [ミチの雑記帳]
「友情と決別」 なんか島津久光ってすっごく鼻息が荒い{/m_0250/}{/m_0164/}{/m_0164/} 好きになれないタイプだなぁ。 ついつい薩摩藩主と勘違いしてしまいそうですが、あくまでも彼は藩主の後見役なんですよね。 薩摩藩のお役目は勅使を守るということ。 でも、勅使と幕府老中の交渉が遅々として進まないのに業を煮やして、薩摩藩は老中たちに脅しをかけて勅命を受け入れさせたのです。なんという強引な!これが大久保の言っていた「鬼になる」ってこと?小松帯刀ならずとも「ちょっと違うだろー?」っ... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 13時50分

» 篤姫「友情と決別」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
篤姫「友情と決別」 薩摩が江戸に来る。何をしに参るのじゃー{/cat_6/}。 Answer ⇒ 御政道改革のため。 その壱:家茂の上洛(他に写真が無かったのかしら…)。 その弐:有力諸侯の国政参加(島津、毛利、山内、伊達、前田)。 その参:一橋慶喜、松平春嶽の幕政への登用。 攘夷体制ですかね?。 家茂に上洛をさせて、攘夷の約束をさせる。 そしてそれを実行しやすい体制に改革。 一橋慶喜、松平春嶽は攘夷派だったけ???。 幕府の危機は大奥の危機…。 しかし、このとき幕府は危機を感じてたのかな…... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 18時00分

» 篤姫 37「友情と決別」 [はざまの欠片]
「私はこの大奥で徳川を守ります。でもあなたは私の愛する薩摩を守ってください」 てっきり、天璋院(宮崎あおい)と帯刀(瑛太)の友情もこれまで…と思っていましたが、全然そんなことはありませんでしたね。 徳川と薩摩。立場こそ違え、ふたりの友情はこれからも変わら....... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 19時21分

» 『篤姫』第37回「友情と決別」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
江戸へ向かう久光と勅使。・家茂の上洛・有力諸侯(島津、毛利、山内、伊達、鍋島)の幕政への参加・一橋慶喜、松平春嶽の幕府要職への就任久光、小松、大久保らを従え江戸へ。尚五郎=帯刀のことが気になる篤姫。薩摩藩 江戸屋敷(江戸薩摩藩邸)に入った久光。勅使・大原...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 20時29分

» 大河ドラマ「篤姫」友情と決別 [今日も何かあたらしいこと]
勅使を警固しながら江戸へ入った薩摩、武力をちらつかせ脅すことで、幕府にうんと言わせてしまう。そんな薩摩の潔くないやり方は、篤姫にとっても小松帯刀にとっても、卑怯で許せないこと。島津久光、強引だったり計算高かったり、いつの間にかすごいやり手に変身していま...... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 22時45分

» 第37回「友情と決別」 [政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜]
久光は、京都で勅使と合流して江戸に向かっていた…3つの条件を携えて。その3つの条件とは、想像に難くないとは思うが以下に。・家茂の上洛の実現・一橋慶喜や松平春嶽らの幕政参加を認める・大獄の犠牲に遭った主だった者らの幕政への復帰これらの勢い、まさに台風という...... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 21時55分

» 大河「篤姫」第37話「友情と決別」感想 [優しい世界~我が心に迷いあり(β)]
いやー、ついにきましたね瑛太@尚五郎との再会! ぶっちゃけ、この番組への愛がほとんどないボクも、ちょっと感動しちゃいました。 <今週のポイント> ・薩摩久光軍団、勅使大原三位を奉じて江戸突入。 ・幕政改革を迫るも、老中小笠原たちののらくら戦術で苦戦。 ・つい... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 02時26分

« コードギアスR2 TURN23「シュナイゼル の 仮面」感想 | トップページ | マクロスF #24 「ラスト・フロンティア」 感想 »