« コードギアスR2 TURN13「過去からの刺客」感想 | トップページ | マクロスF #14 「マザーズ・ララバイ」 感想 »

篤姫 第27回 「徳川の妻」 感想

今回の話はひとつのターニング・ポイントとして描かれていましたね。今まで自分の変化していく想いとは別に薩摩からの密命をもって大奥に送り込まれたという立場がありましたが。しかし今回の決意で篤姫はこれからの自らの運命を定めたようです。

相変わらず将軍継嗣問題が跡を引きますが、滝山(稲森いずみ)は紀州派で慶福(松田翔太)を次期将軍に擁立しようとする井伊直弼(中村梅雀)を幕府大老職に就任してもらう嘆願書をもち篤姫(宮崎あおい)にも署名してくれと願い出ます。これには幾島(松坂慶子)は大反対。そして薩摩では島津斉彬(高橋英樹)が一橋派の松平慶永(矢島健一)を大老に推す動きに出ます。

篤姫は嘆願上については滝山のいいと思う判断に任せ、どちらも推さないと決めた自分は署名をしませんでした。家定さま(堺雅人)は篤姫に松平慶永と井伊直弼の両方に会わせようと、自分が拝謁するときに同席させます。家定さま、篤姫のことがよくわかってます!

家定様の決断は井伊を大老職にすることでした。その理由が井伊が幕権強化主義にしても、それによって将軍家、篤姫をはじめとする家族を守りたいからというもの、いままで幕府なんて自分の代で滅んでもいいといっていたのに、「家族」という言葉が出てきたんですね。

そして篤姫も家定さまの言葉で一大決心、自分はこれからは徳川の女として生きることを決意!普段は御台所は決してでない表(中奥になるのかな?)の家定さまのところへ廊下をずいずいと、女中が止めるのも振り切って入っちゃいます!

家定さまは次期将軍には慶福を推すことを篤姫に打ち明けます。まだ幼いからこそ、篤姫がしっかり補佐してくれる、そういう想いをこめて。もう誰も信じないといった将軍さまではないです!

力もない、体も弱い自分と結婚して幸せかと聞く家定さま、そしてそんな家定さまが日本一の男だという篤姫。もう史実がどうだってかまいませんよ!前回生まれ変わるなら鳥がいいといった家定さま、鳥など真っ平じゃ!というんです。家定さまも篤姫と出会えてよかったと、篤姫を抱きしめます・・・いつまでも仲睦まじいこの二人を見ていたい。

次回「ふたつの遺言」。斉彬も帯刀(瑛太)に湿っぽいことを言ってましたが、来週はついにそのときを迎えるんですね・・・家定さまが守ろうとした「家族」を篤姫が最後まで守りきるんですね・・・

|

« コードギアスR2 TURN13「過去からの刺客」感想 | トップページ | マクロスF #14 「マザーズ・ララバイ」 感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

篤姫・天璋院篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/22117410

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫 第27回 「徳川の妻」 感想:

» 大河ドラマ「篤姫」第27話「徳川の妻」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
「己の心が定まるまでは、どちらにもつかぬ」跡継ぎ候補が決まるまで、自分の心のままに生きると申し出る篤姫。井伊直弼を大老にするという案。滝山の嘆願書に即座の返答を断る篤姫。滝山の気持ちも分かるし、幾島の立場も分かる。本寿院さまの気持ちもある。そして...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 22時36分

» 篤姫(7月6日) [今日感]
「徳川の嫁」 [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 22時40分

» 篤姫・第27話 [ブルー・カフェ]
「篤姫」オリジナルサウンドトラック吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る まず、みなさまにひとつお詫びを・・・先週、今回でカステラ将軍が「ご退場」というように書きましたが、もう一週ありましたね。ほんとスンマセン{/dogeza/} そんなワケで、いよいよ来週「幕末薄っすい知識倶楽部」にてカステラ将軍「特別追悼企画」を組みたいと思います。どうやら「桃太郎」も「ご退場」のような兆しなんですが、ま、それはそれとして・・・ごにょごにょ。 でですね、「心に残った上様『ナイスエピソード』ベスト3」とかや... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 22時47分

» 篤姫 第27回 徳川将軍家の妻 [レベル999のマニアな講義]
『徳川の妻』内容一橋派、紀州派どちらにも与しないと幾島に宣言した篤姫。そんななか、滝山が、井伊直弼を大老に推すという大奥としての嘆願書を『表』に提出するため、篤姫へも署名を求めてくる。即答を避けた篤姫は、後日。『好きにせよ』と。一方、井伊直弼に対抗する...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 22時53分

» 篤姫#27 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
ホームドラマとして「家族」ということが前面に出て、落ち着いた物語もいよいよ大詰めということで、今回の物語は家定と御台が真の家族になった物語でした。(でも、描写の方は心の方で、身体の方は描かれないのはやっぱりと言う所でした。) 今回は、バトルとして対立する..... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 22時56分

» 【篤姫】第二十七回 [見取り八段・実0段]
母上、後継ぎの事は自分で決めまする。それが私の勤めにて。上さまは、お変わりになられました。私が変わったとすれば、それは母上のおかげにございます。母上が薩摩から元気な嫁を貰ってきてくださったおかげにございます。井伊直弼を大老に推すための嘆願書に大奥の長と...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 22時57分

» 篤姫 第27回「徳川の妻」! [バレルオーク日記]
<日本一の男の妻!>尚五郎さんに「日本一の男の妻になる」と言って於一のことを思い出しました。「でも、慶喜殿がおきらいだからでは・・?」世継ぎなどどうでもよかった家定が、家族のため、篤姫のために徳川将軍家を守り、井伊直弼を大老にし、しかも、篤姫を年少の慶...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 23時03分

» 篤姫 2008/07/06 第27話「徳川の妻」 [piyomarimoのよろよろ日乗]
誰が大老になろうと知ったことか!家定さんの残された時間が問題!というわけで、今回のおさらいです。・篤姫の決意に怒る幾島・滝山、嘆願書への署名をお願いするも、篤姫は保留・遊ぶ家定、またもや自害をほのめかす本寿院……「元気な嫁」発言・お渡り五目並べ……嘆願...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 23時05分

» 篤姫 第27回「徳川の妻」 [あしたまにあーな]
今まで長きにわたり、幾島や斉彬からの強い要望であった次期将軍を慶喜にする話は、今回ようやく決着に至ります。 なかなか話が進展しない斉彬は、大老を井伊直弼ではなく松平慶永... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 23時08分

» 「篤姫」27話 [ice-coffee]
「徳川の妻」 公方様  は〜〜 後 来週を残すのみでしょうか〜〜〜〜  今回も 大変色っぽい家定堺さまでありました。。。  [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 23時26分

» 大河ドラマ:篤姫第27話「徳川の妻」 [山南飛龍の徒然日記]
切なくも美しい回でしたね。もはや家定様なしでは語れなくなった篤姫ですが、夫婦の絆ここに極まれりといったところでしょうか。心底、お互いを必要としているのが伝わってきました。家定様と篤姫の場面は、時間の流れがゆっくりに感じられるから不思議ですね。二人を観て...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 02時18分

» 「篤姫」第27回 [日々“是”精進!]
第二十七回「徳川の妻」篤姫は、父の斉彬を裏切ることになっても自分が納得するまでは慶喜と慶福のどちらにも味方しないことを決めた。そんな折、井伊を大老に推すための嘆願書を持参した滝山は、篤姫に賛同を求める。幾島は断固拒否するよう篤姫に要求。しかし篤姫は即答...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 03時35分

» NHK大河ドラマ第27回「篤姫(徳川の妻)」 [よく考えよう]
竜の如き成上がりで御台所となった篤姫。 時間は何れの人も平等にその馴れ行く所へ連れ去っていく。 望もうと望まざるに関らずという事だ。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 05時22分

» 篤姫:第27回「徳川の妻」 [食う♪読む♪歩く♪]
途中ちょっと、「けっ」とか思う部分もあったのですけれどね。 最後の5分でやられま [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 07時33分

» 家定の決断!! [函館 Glass Life]
将軍継嗣と同じく、一橋・紀州に分かれて今度は大老就任 をめぐって両派の綱引きが始まりました{/v/} 井伊直弼か松平慶永か、両派から賛同を求められる篤姫、 両名と対面することに… 有力諸侯を加えて政治をするべきと主張する慶永{/fuki_oshirase/} 将軍家中心、言ってみれば今までの幕府の形を続けたい直 弼{/fuki_oshirase/} 政治体制の争いなのです{/hiyo_oro/} 盛者必衰、強い者はいつか滅びるのです。 永遠なものなどこの世に存在する筈かありません。 長年続いてきた体... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 16時16分

» 大河ドラマ「篤姫」#27 [ミチの雑記帳]
「徳川の妻」 紀州派、水戸派、どちらの側にもつかないと決心した篤姫。 それなのに周囲は放っておいてはくれません。 滝山は、井伊を大老に推す嘆願書を大奥から提出するつもりで御台所にも署名を頼みに来ました。 それに対抗するかのように、薩摩の斉彬は松平慶永を大老に推挙。 世継ぎ争いは、大老争いへと姿を変えたのです{/kaminari/} 何事も自分の目で確かめる主義の将軍夫妻。 夫婦揃って大老候補にお目通り〜{/girl_jewel_b/} 松平慶永の主張:ドイツに倣って、諸侯を加えた政治を! 井... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 19時44分

» 『篤姫』第27回「徳川の妻」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
政治の主導権を巡る戦いが、紀州派VS一橋派の争いへ。どちらにもつかないと言う篤姫に、怒る幾島。滝山は嘆願書を。井伊直弼は大老にという。。滝山VS幾島、女のバトル。「両名とも控えよ」家定は扇遊び。話している相手は本寿院。相変わらず慶喜が世継ぎになったら自害す...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 21時07分

» 大河ドラマ「篤姫」第27回「徳川の妻」 [真田のよもやま話]
予告では、家族を守りたい~って、なんだか隣国のペ様のような雰囲気の家定様。本寿院様に向かって、あくまで~もやさし~くにこやか~に、でも断固として、世継ぎのことは自分で決めますって言い放ったところも素敵~。ソフトなのに頼もしいの~。{%顔文字ハートhdeco%} そのあとまた立ちくらみ・・・やはり運命の時が近づいているのかもお~?{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdeco%}... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 21時20分

» 第27回「徳川の妻」 [政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜]
「古い幕府を壊すのだ」斉彬の壮大な野望、幕府政治の主導権を握ること…そのような伝統に縛られない能力主義を採用していく方式を提言するも、それは抵抗勢力がないなんていうことは、どの時代にもありえない。さて、一橋派と紀州派の権力闘争は果たしてどのような結果を...... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 22時13分

» 篤姫 第27話 『徳川の妻』 感想 [メガネ男子は別腹☆]
[篤姫] ブログ村キーワード (´Д⊂ウワァァァン!もうすぐ上様が~ッ! もう35分過ぎから泣きモード入って仕方ない。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 23時29分

» 大河ドラマ 篤姫 27話 【徳川の妻】 感想 [La Bella Stella]
篤姫にとっての日本一の男=家定 政治のコマではなく1人の女性として生きていくこと [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 16時34分

» 【篤姫レビュー】徳川の妻 [必然的なヒストリー]
滝山と幾島の対決から始まった今回。大奥の権威を守る為に水戸派を退け井伊直弼を大老に推す滝山とあくまで慶喜を次期将軍にと考える幾島。両者がここまで論戦を繰り広げたのは初めてではないでしょうか。ここで立派な振る舞いをしたのは篤姫。徳川の妻として中立の立場を貫きます。御台所としての貫禄が出てきています。宮崎あおいさん、童顔なので実年齢よりも若く見えますが、この迫力のある演技を見て彼女の実力を実感しました。一方、薩摩では。小松が先日の非礼を斉彬に詫びます。斉彬が人格者で良かったですね、小松さん。謎の公務員に... [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 22時20分

» 務めと決意と(篤姫・27話) [朝凪、夕凪]
・・・何回も、最後の二人の場面を、繰り返して見ちゃった・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 04時15分

« コードギアスR2 TURN13「過去からの刺客」感想 | トップページ | マクロスF #14 「マザーズ・ララバイ」 感想 »