« マクロスF #9 「フレンドリー・ファイアー」 感想 | トップページ | マクロスF O.S.T.1「娘フロ。」 感想 »

篤姫 第22回 将軍の秘密

お志賀のもとで釣り(?)をして楽しむ家定を廊下から眺めながらも篤姫は、家定とほんとの夫婦になりたい、そのためには本当の家定を知りたいと思います。一方大奥のそとでは、アメリカとの条約が結ばれようとしていて、いよいよ大奥もその動乱に巻き込まれていくわけですが。

一橋慶喜(平岳大)斉彬(高橋英樹)と面会しますが、斉彬たちは慶喜に次期将軍になってこの国の難局を乗り切ってほしいわけですが、今将軍になることは火中の栗を拾いに行くようなものだ、とひどく消極的。まぁ、事実この人にとっては幕布内での譜代と外様の派閥争いに巻き込まれたくはなかったんでしょうけど。天下を取るほど骨の折れることはないと淡々と語ります。英邁さと人の上に立つ者の徳とは別物なんでしょうね。

物語の前半の主人公は阿部様(草刈正雄)です!!前回から体調のすぐれなかった阿部様ですが、篤姫と面会し、幾島(松坂慶子)に大奥でも人気がありますよといわれても、「自分は何も考えない、何もいわない老中だから」だといいます。みんな自分のことばかりを考えていて、老中として弱気になっていた模様。その阿部篤姫は、言えばよいではないかと励まします。感じたままに、気持ちのままに話、動けばいいと。将軍を補佐するのは、自分とあなたですよって。このときのもう死期を悟ったかのような微笑がたまらないんです。

そして下田条約が結ばれてしまいますが、攘夷主義の水戸斉昭(江守徹)は開国はだめだと相変わらずいきりまきますが、篤姫に励まされたのか「勝てませぬ!」と外国と戦って鎖国を維持しようとする斉昭をいさめます!!いつもとはちがう迫力に押された斉昭は、阿部殿がそこまで言うならと、おとなしくなっちゃいます。諸外国の情勢を冷静に分析しこの国難に立ち向かった阿部正弘。このお方がもう少し長く生きておられたらと思うと・・・草刈さん阿部様かっこよかったです。

そして突然の阿部正弘の死!ついに幕府は各派閥の均衡をとり、諸外国との対応という難事を支え続けてきた柱を失ってしまいました!

物語の後半の主役はやっぱり家定(堺雅人)さまですね!家定と本当に心通わせたいと思う篤姫は、自分が一橋慶喜を擁立する密命をもっきたことを打ち明けようとします。その篤姫阿部が死んだことにより、「いつまでもうつけのままではおられぬようになってしまった」と淡々と語りだします。最初はうつけっぽく話をしていたのが、だんだん切れ者モードが入って行きて、理路整然と今日の情勢と将軍家のいく末を語り出すところは、思わず見入ってしまいます。やはり堺さんの演技はすごいですよね?そしてお飾りの将軍という運命を受け入れざるを得なかった家定、「うつけのまねでもなんでもやって己の運命を笑ってやりたかったのじゃ、天にわからせてやりたかったのじゃ」と語りのボルテージは最高潮に達し胸を締め付けられます。ついに幼少のころから何度も毒殺されかけ、体もボロボロでそんなに長い人生医を送れないと今まで言わなかった自身のことを語りだすわけなんです。妻として家定を支えていきたいという篤姫に、「わしは誰も信じぬ、この世のだれ一人としてじゃ」と言い放つ家定。この二人の関係もやっと本音で語り合える段階にきましたね。はやくこの二人が心を通じ合わせ、真の夫婦になってほしい!とおもわず応援したくなりました。

今回は草刈さん堺さんの迫力ある演技でいつもよりもシリアスに、そしてグッとくる回でした。次回「器くらべ」。いよいよ次期将軍候補のもう一人慶福(松田翔太)が登場しますね。篤姫家定、真に心を通わすことができるのか・・・来週もみなくっちゃ!

|

« マクロスF #9 「フレンドリー・ファイアー」 感想 | トップページ | マクロスF O.S.T.1「娘フロ。」 感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

篤姫・天璋院篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/21343172

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫 第22回 将軍の秘密:

» 【篤姫】第二十二話 [見取り八段・実0段]
ワシ1人をこの世に残しワシを将軍にしたままでいてもどうにもならぬそれを天に解らせてやりたかったのじゃ阿部が亡くなって、もう、うつけのままでは居られなくなった。と、家定は漏らした。一橋を次の将軍に推すと言う密命を持って嫁いできたと家定に素直に告白した篤姫...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 23時55分

» 「篤姫」第22回 [日々“是”精進!]
第二十二回「将軍の秘密」篤姫は、家定が暗愚なふりをしていると考えていたが、いまひとつ確信は持てなかった。しかし家定の苦悩を共有することで、真の夫婦になりたいという願いがますます強まる。一方、斉彬は慶喜と時局について語り合う機会を得た。慶喜のあまりに冷静...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 03時31分

» 篤姫(6月1日) [今日感]
篤姫の活躍・・・ではなく、今回は阿部正弘と徳川家定が話題の中心。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 07時14分

» 篤姫 2008/06/01 第22回「将軍の秘密」 [piyomarimoのよろよろ日乗]
ktkr! なにが! ラスト10分で「将軍の秘密」一挙大公開! 「篤姫の密命」も!今回のおさらい。・OPで飴ちゃんかけ守りキター! ・クリムト風OPテーマ、幼少時代の首がすわってませんよ! ていうか取れてる!(泣)・「家定への思い」を自己分析する篤姫・慶喜...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 07時25分

» ★「篤姫22」上さまの苦悩(TT) [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜大河ドラマ「篤姫」阿部さま。。今回さすがに出番たくさんあったけど。。最後はあっさり亡くなりましたね。。一橋慶喜さまを次期将軍に押しましょう委員会。。阿部さまが亡くなりかなり難しくなってき...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 07時51分

» 『篤姫』第22回「将軍の秘密」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
家定の世継ぎ問題。井伊直弼の紀州派と阿部正広の一橋派。大奥は水戸嫌いのため皆、紀州派。篤姫にとって阿部は頼みの綱。。篤姫は「あれは仮の姿じゃ」と家定の無邪気な姿を見ている。お志賀に比べると。。でも真実を知りたい。「夫婦だからじゃ」あれこそが、まことの夫...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 07時58分

» 篤姫・第22話 [ブルー・カフェ]
「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 先週は⇒バレーボール世界最終予選を見ていて頭が切り替えられませんでした。凄かったですねえ〜(><){/ase/} まさに「死闘」というカンジで、もう心臓バクバクしながら観てましたよ!(時々翔さん出てくるし{/heartss_pink/})惜しかった!悔しかった!! ・・・といワケでレビューを1回お休みしてしまいましたが篤姫第22話でございます。 【四面楚歌(色んな意味で)】 なおすけ率いる『紀州派』、阿... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 08時14分

» 大河ドラマ「篤姫」第22回「将軍の秘密」 [真田のよもやま話]
今週はまた違う展開があるんでしょうねえ。先週のまんまじゃあもう、ゴージャスな二人はゴージャスに結婚しました。でもただ一つ違っていたのは、ダーリンはウツ○だったのです、みたいな~。ちゃ~らっちゃ~らっちゃっちゃっちゃ~らら~♪・・・あのこれ、ウツボじゃあないですからねっ!{%汗(チカチカ)hdeco%}... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 08時19分

» 大河ドラマ:篤姫第22回「将軍の秘密」 [山南飛龍の徒然日記]
先週とうってかわってシリアスな回でしたね。見所も多かったですし、後で振り返った時に重要だったと思える回の1つだったのではないでしょうか。さて、前半の主役は間違いなく老中・阿部です。これまで自らの心内を語ることなく、まとめ役に徹してきた阿部ですが、篤姫に...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 08時50分

» 大河ドラマ「篤姫」#22 [ミチの雑記帳]
「将軍の秘密」 相変わらず家定のお渡りもなく、誘っても振られてばかりな篤姫。 幾島には「なによりもまず一橋慶喜公のことを(家定に)勧めて」ってやいのやいの催促されているんですけど、これもいかがなものか{/kuri_4/} あまり密命のことばかりを言われて息苦しい〜。 まずは家定の妻になりたい!妻として夫と向き合いたい!っていう気持ちが篤姫に芽生えてきたのは成長した証し。おまけに、子供を産むコトだって諦めていないなんて前向きだよね! ところがゆっくりと夫婦の間に愛情が芽生えるのを待っている時間は無... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 08時59分

» 篤姫#22 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
相変わらずのんびりした物語であるが、今回は幕末の動乱期が舞台になっている作品であるように、いくつかの大きな動きが出てきたということで、これは、と一瞬思わせたが、篤姫を中心とした所からすると、そういう動きは対岸の火事を見ているような感じにしか見えないゆるゆ..... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 09時49分

» 「篤姫」22話 [ice-coffee]
ところで 今回は やっと大河ドラマらしかったですね〜〜 動きがありました。 一橋派の阿部正弘が 亡くなり(1857/6/17) 薩摩の斉彬や三戸の斉昭は 困ったことになりました。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 10時14分

» 篤姫 第22回「将軍の秘密」! [バレルオーク日記]
<家定の正体!>「あれは仮の姿じゃ」篤姫の言うとおり、世を忍ぶ仮の姿だったのでした。このことは、満更作り話でもないようです・・。うつけでないのなら、なおさら慶喜公のことを説得するのも難しそうです。「慶喜様にその気はないのであろうか」大奥の滝川と、煙管の...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 12時40分

» 篤姫 第22回 上様の告白 [レベル999のマニアな講義]
『将軍の秘密』内容うつけを装っていると、信じる篤姫。幾島は、一橋慶喜を何とか薦めるよう言うが篤姫自身は、子供を産むことをあきらめてはいなかった。一方老中・阿部、島津斉彬は、一橋慶喜を説得に向かっていた。しかし、どうも感触が悪く。慶喜は納得しようとしない...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 17時31分

» 最後の将軍??徳川家定!! [函館 Glass Life]
いよいよ西郷と慶喜が初めて対面しましたね{/dogeza/} 身分が天と地ほど違う二人の初対面なのです{/hiyo_oro/} そう遠くない未来で敵味方に分かれ、一方の大将に西郷がなり、 慶喜(徳川家)失脚を旗印に戦いを挑む事になるのです{/v/} お互い、この時までは想像だにしなかったでしょうね。 慶喜の無機質な言動に西郷は不信感を抱いたようです。 第一印象が悪かったと云う事ですが、この印象の悪さが西郷を 反徳川にさせた一因なのかも?? 第一印象はとても大事なのです{/kuri_1/} 篤姫... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 18時19分

» 篤姫 第22話 『将軍の秘密』 感想 [メガネ男子は別腹☆]
先週泣くかもと予告しましたが、やっぱり泣けました…(;_;) 上様の身の上がお可哀想過ぎる…。・゚・(ノД`)・゚・。ウワーン! [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 19時18分

» 篤姫第22回「将軍の秘密」 [さくら色通信]
今日も見ました、篤姫。将軍さまのうつけは「フリ」だったどころか鋭利明晰なすごいキレ者だったのですね。…というヒミツが暴露されたのでありました。お世継ぎ問題で常に命を狙われているからうつけのフリをしなければならなかったのだそう。それも一理あるのでしょうが...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 19時58分

» あらゆる問いが立てられた(篤姫・22話) [朝凪、夕凪]
影に隠れて、慶喜さん登場。 コワイ悪役のよう・・・いろんな意味で、つかみ所の無いヒトだ。 西郷さんも、離れてあの場にいらしたのですね・・・。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 20時22分

» 第22回「将軍の秘密」 [政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜]
第十四代将軍の座を巡る、2つの勢力の対立…それぞれ、一橋慶喜と徳川慶福を推す。だが、斉昭ほか水戸藩を忌み嫌う大奥では、いくら一橋家という御三卿の家系であっても、慶喜の実父は斉昭だとして露骨に慶福を推す。ただ慶福は、このときまだ若輩もいいところだ…このよ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 22時37分

» 大河ドラマ「篤姫」第22話「将軍の秘密」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
真実を知りたいのは何故?それは夫婦だから。両親のことを思い出す篤姫。家定さまの本当の姿を!!その想いを優先したいのに、篤姫は慶喜を次期将軍にという使命があるから、そっちを忘れるなって。なぁんか、子供ができなきゃ次の手を!!って動きが激しすぎて、どうにも...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 16時19分

» 【篤姫レビュー】将軍の秘密 [必然的なヒストリー]
元老中首座・阿部正弘逝去。享年・39。異人との通商条約交渉を目前にしての急死。過労死でしょうか。でも考えてみれば、もう第二十二回。ストーリー的には大変長生きされたと思います。琉河は、篤姫が入輿した次の回にはポックリ逝ってしまうかと予想していたので。(阿部正弘役は10〜15話辺りで退場することが多い。注:琉河統計による)このドラマの草刈さんは存在感もあり、役柄にも合っていました。まさに適材適所の配役であったと声を大にして言いたいです。「義経」にて鼓判官役で出てきた時は、あまりの「その他大勢扱い」に唖然... [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 21時42分

« マクロスF #9 「フレンドリー・ファイアー」 感想 | トップページ | マクロスF O.S.T.1「娘フロ。」 感想 »