« 京都散策 四条大宮~京都駅4 角屋 | トップページ | 「キャプテン・クラッシュ & ザ・ビューティー・クイーン・フロム・マース」覚え書き »

京都散策 四条大宮~京都駅 5 西本願寺

島原の大門から東へ進むと西本願寺であろう、長い塀が見えてくる。陽もだいぶ傾いてきた。西本願寺の西側が接する、大宮通にでる。右手(南)には島原口というバスの停留所が見える。門があるのでそこからは入れないかと行ってみると、門は閉まっている。やはり東側の正門に回らないといけないかと来た道を戻り花屋町通を東に進む。宗務総合庁舎の門は開いているがせっかくなので、京都の南北の大通りである堀川通まで進み回り込む。
残念なことに現在御影堂は平成の大修理中である。2008年まで行われるそうである。大修理が終わったら、今度は西本願寺をゆっくり見に来ることにして、今日は阿弥陀堂の見学だけにする。それでもかなり巨大な建築物で、たくさんの信者が座れる広大な座敷があり、宗務はよくわからないが、夕方のお勤めが始ったようである。今でこそ高層建築があふれる世の中だが、江戸期の人々にとっては建ちつくす伽藍に畏怖と敬虔な面持ちでこれらの建築物を見ていた事であろう。かなり陽が紅くなってきたので、ゆっくり見たい気持ちを抑えて、京都駅に向かうことにする。新撰組の好きな方はこのまま堀川通を南にくだって、リーガロイヤルホテルにある新撰組不動堂屯所跡碑をみて塩小路通から京都駅に向うと壬生、西本願寺、不動堂と歴代の新撰組の屯所跡をめぐることができる。
私は西本願寺の正面通が気になるのでそこから京都駅に行くことにする。
趣のある仏具店等が並ぶ通りを進むと今度は東本願寺の塀が見えてくる。東本願寺も次回のお楽しみだなと南に折れ新町通を南へ進む。まだ古い民家がそのまま使われている家や事務所も多くさすがに京都だなと感嘆しつつ七条通に。伊勢丹でもぶらっと見て帰ることにする。

|

« 京都散策 四条大宮~京都駅4 角屋 | トップページ | 「キャプテン・クラッシュ & ザ・ビューティー・クイーン・フロム・マース」覚え書き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/8453056

この記事へのトラックバック一覧です: 京都散策 四条大宮~京都駅 5 西本願寺:

« 京都散策 四条大宮~京都駅4 角屋 | トップページ | 「キャプテン・クラッシュ & ザ・ビューティー・クイーン・フロム・マース」覚え書き »