« 京都散策 四条大宮~京都駅1 八木邸(壬生屯所跡)  | トップページ | 京都散策 四条大宮~京都駅3 島原 »

京都散策 四条大宮~京都駅2 壬生寺

200710121211001 壬生屯所跡の八木邸を出て坊城通を少し南にいけばすぐに壬生寺だ。
ここの境内は新撰組の兵法調練場に使われ、剣戟や大砲の音などで、参拝する者が減り寺としては非常に困ったようだが、現在はその新撰組が駐留していたということで、京都の主たる観光地や繁華街から離れた寺にもかかわらず、平日でも観光客がちらほら見られる。坊城通に面した、つまり寺の東側が正門になり西側に本堂がある。坊城通は細い道路で正門の写真を撮ろうにも、あまり後ろに下がれずなかなか全体をフレームに収めるのに苦労する。正門から見て右手に手前から一夜天神堂、阿弥陀堂、お地蔵さん、左手には喫煙所があり左手奥にむかって鐘楼、千体仏塔という配置。千体仏塔の横に南門がある。阿弥陀堂では新撰組関連のお土産なども販売してお200710121211000_2り、このときも数組の方が新撰組のグッズを吟味されておられた。地下が歴史資料館になっているのだが、時間の都合で未見。その奥に壬生塚がありこれだけ見学する。近藤勇の胸像と隊士のお墓がある。八木邸で暗殺された芹沢鴨、平山五郎らや池田屋騒動で命を落とした隊士らが祀られている。池田屋事件もこの壬生屯所時代であるから、この壬生から隊士たちが祇園方面に出動していったわけである。

200710121209001
さて次は坊城筋をさらに南に下ると、やはり新撰組ともかかわりの深い、花街のあった町島原である。

|

« 京都散策 四条大宮~京都駅1 八木邸(壬生屯所跡)  | トップページ | 京都散策 四条大宮~京都駅3 島原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198834/8385741

この記事へのトラックバック一覧です: 京都散策 四条大宮~京都駅2 壬生寺:

« 京都散策 四条大宮~京都駅1 八木邸(壬生屯所跡)  | トップページ | 京都散策 四条大宮~京都駅3 島原 »